重賞予想

G2金鯱賞2018☆予想!中山&中京平場レースも紹介!

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

今回はG2金鯱賞と中山&中京平場レースの好調教馬・予想を公開していきます。

↓各重賞の追い切り情報は下記で公開しています↓

[kanren postid=”9866″]
[kanren postid=”9871″]
[kanren postid=”9875″]

上記の記事で本命候補になったのは、
・スワーヴリチャード
・ヤマカツエース
上記の2頭。

上記2頭共に栗CWでの最終追い切り。

ヤマカツエースは、最終追い切り栗CW(81.0)66.0‐11.6一杯。6Fから一杯での追い切りで終い11.6と抜群の伸び。2週前&1週前もしっかりと負荷をかけて追い切りされて好タイムを記録しているし仕上がりはかなり良い感じ。開催時期の変更はあったが金鯱賞を2連覇中。中京2000mはベストの舞台、ここ最近は大敗続きではあるが、気配も良いし一変の可能性は大いにあり。好枠に入ったし当然見直しが必要で。

スワーヴリチャードは、最終追い切り栗CW(84.7)69.5‐12.5馬なり。6Fから馬なりでの追い切り、今週は軽目の内容だったが、1週前に7Fからしっかりと負荷をかけて追い切りされて栗CW5F全体1番時計、終いも11.7と抜群の動きを披露しているし今週はこれくらいで問題なし。前走有馬記念では苦手とされる右回りの影響も出たか4着と惜敗。過去のレース、追い切り内容を見ても力は一枚抜けている印象。今回しっかりと負荷もかけられているし良い状態で出走できそう。当然有力で。

上記の理由により本命は、スワーヴリチャードで勝負します!

では2番手以降の評価も見ていきます。
※昨年から重賞では★=中穴 ☆=大穴と分類することにしました。レースによっては該当馬なしの場合もありますのでご注意下さい。

G2金鯱賞・予想

スワーヴリチャード

ヤマカツエース

メートルダール

ブレスジャーニー

サトノダイヤモンド

サトノノブレス

各馬のコメントは追い切り記事で紹介しています!

続いて重賞以外の平場レースも見ていきます。

さっそく見ていきましょう。

☆評価の見方☆
※注=調教プレミアム馬
◎:本命サイド 推奨評価:S>A>B
☆:穴 サイド 推奨評価:S>A>B
【総=総合評価】:★2.0~★5.0
《調=調教評価》:★2.0~★5.0
《α=実績評価 》:★2.0~★5.0

《中山開催レース好調教馬》
【中山5R】

コスモグラトナス(南W)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★3.5》

【中山10R】

シュウジ(栗坂)
【総合:★4.0】本命推奨:
《調:★4.5 / α:★4.0》

シュウジは、最終追い切り栗坂51.9‐13.0馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂全体14番時計の好タイムを記録。中1週でも引き続き気配良好。前走は見せ場もなかったが、このメンバーなら巻き返しも十分。前走でオッズの妙味がでるのなら面白い。

注☆人気ブログランキングへ→1(南W)
【総合:★4.5】穴推奨:
《調:★4.5 / α:★4.0》

人気ブログランキングへ→1は、1週前追い切り南W5F全体2番時計の好タイムを記録。この時計は自己ベストを更新する破格の時計。最終追い切りでも馬なりで外目を周回して南W終い12.8を記録するなど気配は文句なし。最近は大敗続きではあるがこの追い切りの動きなら一変の可能性も大いにありで警戒しておきたい。

《中京開催レース好調教馬》
【中京8R】

ダノンディーヴァ(栗坂)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》