重賞予想

G2弥生賞2018☆予想!3会場平場レースも紹介!

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

今回はG2弥生賞と阪神&中山&小倉平場レースの好調教馬・予想を公開していきます。

↓各重賞の追い切り情報は下記で公開しています↓

[kanren postid=”9810″]
[kanren postid=”9822″]

上記の記事で本命候補になったのは、
・ワグネリアン
・サンリヴァル
上記の2頭。

ワグネリアンは栗坂、サンリヴァルは栗CWでの最終追い切り。

サンリヴァルは、最終追い切り栗CW(83.0)66.1‐11.8一杯。6Fから一杯での追い切りで全体&終いで良い動き。2週前には栗坂終い12.1、1週前には栗坂全体23番時計と続けて好タイムを記録しているし今回しっかりと仕上げてきた印象。2走前に中山2000mを上がり最速で勝利、やはりキャリアが少ないメンツの中で中山の同舞台で勝利している強みはかなり大きい。前走ホープフルSでは4着だったが展開も向かなかったし、3ヶ月ぶりのレースで特に気にする必要なし。相手は強いが展開が向けばチャンスは十分にあり。

ワグネリアンは、最終追い切り栗坂53.9‐12.3馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.3と良い伸び。今週は軽目の内容だったが、2週前&1週前に7Fからしっかりと負荷もかけられて良い動きを見せていたし3ヶ月ぶりの今回も良い状態で出走できそう。現在3戦3勝、新馬戦で2000mの距離も経験済み。小回りの中山でも特に問題なさそうだし、この気配なら有力で。

上記の理由により本命は、ワグネリアンで勝負します!

では2番手以降の評価も見ていきます。
※昨年から重賞では★=中穴 ☆=大穴と分類することにしました。レースによっては該当馬なしの場合もありますのでご注意下さい。

G2弥生賞・予想

ワグネリアン

ダノンプレミアム

ジャンダルム

サンリヴァル

オブセッション

各馬のコメントは追い切り記事で紹介しています!

続いて重賞以外の平場レースも見ていきます。

さっそく見ていきましょう。

☆評価の見方☆
※注=調教プレミアム馬
◎:本命サイド 推奨評価:S>A>B
☆:穴 サイド 推奨評価:S>A>B
【総=総合評価】:★2.0~★5.0
《調=調教評価》:★2.0~★5.0
《α=実績評価 》:★2.0~★5.0

《阪神開催レース好調教馬》
【阪神9R】

パンミコード(栗CW)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》

【阪神11R】

注☆人気ブログランキングへ→1(栗坂)
【総合:★4.5】穴推奨:
《調:★4.5 / α:★4.0》

人気ブログランキングへ→1は、最終追い切り栗坂53.0‐12.0馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.0と抜群の伸び。前走は久々でのレースで2着と好走。今回間隔も詰めてのレースで追い切りの動きを見ても上積みを感じさせる好気配。折り合いさえつけば、ここでも通用する力は十分にあるしオッズの妙味もある今回面白い存在で。

《中山開催レース好調教馬》
【中山3R】

ロブラリア(南W)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》

【中山9R】

エアアンセム(栗坂)
【総合:★4.0】本命推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》

エアアンセムは、最終追い切り栗坂52.6‐12.0一杯。一杯での追い切り、今回間隔は少し空いたが最終追い切りでしっかりと負荷をかけて追い切りされていて良い状態で出走できそう。久々も苦にしないし、得意の中山で期待十分。

注☆人気ブログランキングへ→2(南W)
【総合:★4.5】穴推奨:
《調:★4.5 / α:★4.0》

人気ブログランキングへ→2は、最終追い切り南W64.6‐12.3馬なり。馬なりでの追い切りで南W5F全体1番時計、終いも12.3と抜群の動き。気配は文句なし、中山も好相性。昇級戦のここでもやれる力は十分にあり。警戒しておきたい。

【中山10R】

サクラルコール(美坂)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★3.5》

《小倉開催レース好調教馬》
【小倉2R】

ワンダーバイファル(栗坂)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》

【小倉10R】

タイセイソニック(栗坂)
【総合:★4.5】本命推奨:
《調:★4.5 / α:★4.0》

タイセイソニックは、最終追い切り栗坂52.2‐12.4強目。中1週ではあるが追い切りの動きは変わらず好調維持。このクラスでは力上位、ここは負けられない。

モズスーパーフレア(栗坂)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》