重賞予想

G3オーシャンS2018☆予想!中山&小倉平場レースも紹介!

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

今回はG3オーシャンSと中山&小倉平場レースの好調教馬・予想を公開していきます。

↓各重賞の追い切り情報は下記で公開しています↓

[kanren postid=”9810″]
[kanren postid=”9822″]
[kanren postid=”9817″]
[kanren postid=”9827″]
[kanren postid=”9829″]
[kanren postid=”9825″]

上記の記事で本命候補になったのは、
・ナックビーナス
・ジューヌエコール
・レーヌミノル
上記の3頭。

ナックビーナスは南W、ジューヌエコール&レーヌミノルは栗CWでの最終追い切り。

ジューヌエコールは、最終追い切り栗CW終い11.7馬なり。馬なりでの追い切りで終い11.7と抜群の伸び。1週前には栗CW5F全体3番時計で自己ベストを更新する好タイムを記録。今回3ヶ月ぶりのレース、ここ2戦は2桁着順が続いているだけに狙いづらい面はあるが、3走前には函館SSをレコードで勝利するなど通用する素質は十分にあり。今回久々でも気配は良し、おそらく人気もしないだろうし面白い存在で。

レーヌミノルは、最終追い切り栗CW(80.5)65.9‐12.3馬なり。6Fから馬なりでの追い切り、外を周回して好タイムを記録。1200m戦は久々ではあるが今まで戦ってきた相手は一級品。ここでは実績上位も間違いないし、気配の良いここは初の中山でのレースでも期待度は高い。

ナックビーナスは、最終追い切り南W66.7‐12.5馬なり。馬なりでの追い切りで南W5F全体14番時計、終いも12.5と良い伸び。中4週でもしっかりと時計を出してきていて気配良好。今レースは昨年2着の実績あり。中山も(2.3.1.0)と複勝を外したことのない抜群の安定感。ここ最近はずっと調子も良いし今年も期待十分で。

上記の理由により本命は、ナックビーナスで勝負します!

では2番手以降の評価も見ていきます。
※昨年から重賞では★=中穴 ☆=大穴と分類することにしました。レースによっては該当馬なしの場合もありますのでご注意下さい。

G3オーシャンS・予想

ナックビーナス

レーヌミノル

ビップライブリー

ジューヌエコール

スノードラゴン

ネロ

各馬のコメントは追い切り記事で紹介しています!

続いて重賞以外の平場レースも見ていきます。

さっそく見ていきましょう。

☆評価の見方☆
※注=調教プレミアム馬
◎:本命サイド 推奨評価:S>A>B
☆:穴 サイド 推奨評価:S>A>B
【総=総合評価】:★2.0~★5.0
《調=調教評価》:★2.0~★5.0
《α=実績評価 》:★2.0~★5.0

《中山開催レース好調教馬》
【中山3R】

メイハンコック(南W)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★3.5》

【中山4R】

注☆人気ブログランキングへ→2(南W)
【総合:★4.5】穴推奨:
《調:★4.5 / α:★4.0》

人気ブログランキングへ→2は、最終追い切り南W(83.1)66.6‐12.8強目。強目での追い切りで南W5F全体12番時計の好タイムを記録。併せ馬にも追走して先着、1週前の動きも良かったし気配は文句なし。通用する力はあるし、昇級のここでも警戒しておきたい。

【中山7R】

トウカイパシオン(美坂)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》

リードザウインド(南W)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》

【中山10R】

ヨシオ(栗坂)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★3.5》

【中山12R】

グランドポピー(栗CW)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★3.5》

《小倉開催レース好調教馬》
【小倉3R】

ホウオウサンドラ(栗CW)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★3.5》

【小倉4R】

メイショウロセツ(栗坂)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》

【小倉11R】

ウリボー(栗坂)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★3.5》