平場予想

G1フェブラリーS2018☆予想!東京平場レースも紹介!

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

今回はG1フェブラリーSと東京&小倉平場レースの好調教馬・予想を公開していきます。

↓各重賞の追い切り情報は下記で公開しています↓

[kanren postid=”9744″]
[kanren postid=”9730″]
[kanren postid=”9732″]
[kanren postid=”9718″]

上記の記事で本命候補になったのは、
・ゴールドドリーム
・ノンコノユメ
上記の2頭。

ゴールドドリームは栗坂、ノンコノユメは南Wでの最終追い切り。

ノンコノユメは、最終追い切り南W(84.4)68.3‐13.7馬なり。馬なりでの追い切り、全体的に見ると特別速い時計ではないが、前走勝利した根岸Sでは最終追い切り南W(84.4)68.3‐13.4馬なり。今回の最終追い切りではこれよりも外を周回して前走とほぼ同タイムを記録しているし引き続き気配良好と考えて良い。東京1600mのこの舞台とは相性も良し、前走&追い切りの動きを見ても復調してきたのは間違いなし。元々実績は十分、前走通り末脚が活きる展開になればこのメンバー相手でもチャンスは十分。

ゴールドドリームは、最終追い切り栗坂49.8‐12.1強目。強目での追い切りで栗坂全体1番時計、自己ベストを大幅に更新する好タイムを記録。1週前にも栗坂全体9番時計を記録していて絶好の好気配。東京ダート1600mで(3.1.0.0)と舞台も文句なし。鞍上も前走と同じムーア騎手。絶好の気配のここは当然有力の存在で。

上記の理由により本命は、ゴールドドリームで勝負します!

では2番手以降の評価も見ていきます。
※昨年から重賞では★=中穴 ☆=大穴と分類することにしました。レースによっては該当馬なしの場合もありますのでご注意下さい。

G1フェブラリーS・予想

ゴールドドリーム

ノンコノユメ

テイエムジンソク

レッツゴードンキ

インカンテーション

サンライズノヴァ

ケイティブレイブ

各馬のコメントは追い切り記事で紹介しています!

続いて重賞以外の平場レースも見ていきます。

さっそく見ていきましょう。

☆評価の見方☆
※注=調教プレミアム馬
◎:本命サイド 推奨評価:S>A>B
☆:穴 サイド 推奨評価:S>A>B
【総=総合評価】:★2.0~★5.0
《調=調教評価》:★2.0~★5.0
《α=実績評価 》:★2.0~★5.0

《東京開催レース好調教馬》
【東京1R】

アドバンスマルス(南W)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★3.5》

【東京6R】

ヴァンクールシルク(南W)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》

【東京7R】

注◎人気ブログランキングへ→1(美坂)
【総合:★4.5】本命推奨:
《調:★4.5 / α:★4.5》

人気ブログランキングへ→1は、最終追い切り美坂50.8‐13.1馬なり。未勝利馬を4.5秒も追走して先着するなど抜群の動き。一度叩いて上積みは間違いなし。ここは決めたいところ。

【東京8R】

ブラックプラチナム(南W)
【総合:★4.5】本命推奨:
《調:★4.5 / α:★4.5》

ブラックプラチナムは、最終追い切り南W66.7‐12.8馬なり。馬なりでの追い切りで好タイムを記録。こちらも一度叩かれて動きも格段に良くなった。東京2000mもベストの舞台。こちらも当然有力で。

サブライムカイザー(南W)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★3.5》

【東京9R】

ダンケシェーン(栗坂)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★3.5》

【東京10R】

注☆ショウナンマルシェ(南W)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》

ショウナンマルシェは、最終追い切り南W65.8‐13.1馬なり。馬なりでの追い切りで南W5F全体4番時計と破格の好タイムを記録。1週前も大外を周回して終い12.5と抜群の動きを見せていて気配は文句なし。再度注目で。