重賞予想

G2京都記念2018☆予想!京都平場レースも紹介!

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

今回はG2京都記念と京都平場レースの好調教馬・予想を公開していきます。

↓各重賞の追い切り情報は下記で公開しています↓

[kanren postid=”9666″]
[kanren postid=”9684″]
[kanren postid=”9671″]
[kanren postid=”9682″]
[kanren postid=”9661″]
[kanren postid=”9678″]

上記の記事で本命候補になったのは、
・アルアイン
・ディアドラ
・レイデオロ
上記の3頭。

アルアインは栗CW、ディアドラは栗坂、レイデオロは南Wでの最終追い切り。

ディアドラは、最終追い切り栗坂53.1‐12.5強目。強目での追い切りで終い12.5と良い伸び。1週前に栗CWで6Fから追い切りされて好タイムを記録、しっかりと負荷もかけられているし気配はかなり良い印象。前走は12着と敗れはしたが展開も向かなかったしそこまで気にする必要はなし。京都コースは(2.1.2.1)と好相性。この気配なら再度見直しを。

レイデオロは、最終追い切り南W69.6‐12.4馬なり。馬なりでの追い切りで、大外を周回して終い12.4と抜群の動きを披露。1週前の時計は自己ベストを更新する時計。元々調教ではそこまで時計を出してくる馬ではないだけに今回かなり良い状態で出走できそう。京都は初めて、主戦騎手が騎乗停止と不安要素は少なからずあるがそれでも力上位は間違いないし、この好気配ぶりならやはり警戒が必要で。

アルアインは、最終追い切り栗CW67.2‐11.7馬なり。馬なりでの追い切り、今週は1週前ほどの時計を出してはこなかったが、外を周回して併せ馬を突き放すなど抜群の動きを披露。今回3ヶ月半の休み明けではあるが3週前からしっかりと負荷をかけて追い切りされているし、好タイムを連発していて仕上がりは文句なし。前走菊花賞では馬場も悪かったし距離も長かった印象。今回2200mへの距離短縮、この距離は2走前のセントライト記念で2着と好走していて適性は問題なし。この気配ならいきなり注目で。

上記の理由により本命は、アルアインで勝負します!

では2番手以降の評価も見ていきます。
※昨年から重賞では★=中穴 ☆=大穴と分類することにしました。レースによっては該当馬なしの場合もありますのでご注意下さい。

G2京都記念・予想

アルアイン

レイデオロ

ミッキーロケット

ディアドラ

モズカッチャン

各馬のコメントは追い切り記事で紹介しています!

続いて重賞以外の平場レースも見ていきます。

さっそく見ていきましょう。

☆評価の見方☆
※注=調教プレミアム馬
◎:本命サイド 推奨評価:S>A>B
☆:穴 サイド 推奨評価:S>A>B
【総=総合評価】:★2.0~★5.0
《調=調教評価》:★2.0~★5.0
《α=実績評価 》:★2.0~★5.0

《京都開催レース好調教馬》
【京都4R】

グレートタイム(栗CW)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★4.5》

グレートタイムは、最終追い切り栗CW65.7‐12.1一杯。一杯での追い切り、外を周回して良い動きを披露。併せ馬を追走して遅れをとったが時計は良い数字で気にする必要なし。前走は勝ち馬が強かったが、3着とは差をつけての2着と好走。力上位は間違いないし、気配の良いここは当然有力で。

【京都9R】

グロワールシチー(栗坂)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★3.5》

アドマイヤリアル(栗坂)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.5 / α:★3.5》

【京都10R】

イチダイ(南W)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★3.5》