G3クイーンC2018☆1週前&最終追い切り!注目は!?

スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
今回は桜花賞、オークスの舞台にもつながっていく、
G3クイーンCの1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!
G3クイーンC・1週前&最終追い切り情報
【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

※10/2より平場同様に★評価を0.5単位へと細分化します。

2/7 美坂 51.3‐12.7 一杯

評価:★4.5最終追い切り美坂51.3‐12.7一杯。一杯での追い切りで美坂全体2番時計の好タイムを記録。前走フェアリーSでは6着と敗れはしたが、久々のレースだったし特に気にする必要はなし。今回の追い切りの動きを見ても一度使われて状態が上がって来ているのは間違いなし。今回の東京マイルは(1.1.0.0)と相性の良い得意舞台。ここなら自慢の末脚も披露出来そう、今回要注意の一頭で。

1/31 南W 71.5‐13.9 馬なり
2/7  南W 65.5‐13.4 強目

評価:★4.5最終追い切り南W65.5‐13.4強目。強目での追い切り、終いは時計を要したように見えるが、この時計は外を周回してのものでしかも5F全体65.5は全体6番時計の自己ベストの好タイム。前走フェアリーSでは久々のレースながら14番人気4着と善戦。こちらも一度使われて状態も上がって来ているし確実に力もつけてきている印象。距離は違うが、新馬戦で東京コースの勝利経験もあり。今回そこまで人気もしなさそうで非常に面白い一頭で。
ツヅミモン

1/31 栗坂  51.6‐12.5 一杯
2/8  栗CW 67.3‐11.6 一杯

評価:★4.0最終追い切り栗CW67.3‐11.6一杯。一杯での追い切りで終い11.6と良い伸び。1週前も栗坂でしっかりと負荷をかけて追い切りされていて好気配。前走シンザン記念ではアーモンドアイに敗れはしたがそれでも7番人気2着と好走。重賞でも通用するところを見せてくれた。馬体も2戦続けて540キロとかなりの素質を感じさせる好馬体。鞍上もMデムーロ騎手と乗り替わりで期待十分。人気になるだろうがやはり警戒しておきたい。
マウレア

1/31 南W 68.8‐12.9 馬なり
2/7  南W 70.1‐12.7 馬なり

評価:★4.0最終追い切り南W70.1‐12.7馬なり。馬なりでの追い切り、外目を周回して終い12.7と好タイムを記録。1週前の動きも良かったし、2ヶ月ぶりのレースでも良い状態で出走できそう。前走阪神JFでは3着と激走。東京マイルは2戦2勝と好相性。久々だがこの気配なら自分の力を出せそう、人気でもやはり警戒しておきたい。
オハナ

2/1 美坂 58.3‐13.2 馬なり
2/8 南W 70.1‐12.4 馬なり

評価:★3.5最終追い切り南W70.1‐12.4馬なり。馬なりでの追い切り、全体時計で速い時計を出してこなかったが終い12.4と抜群の伸びを見せた。現在2戦2勝とまだ底を見せていないし、新馬戦で重馬場の東京マイルで勝利している点は今回当然プラス材料。中3週ではあるが引き続き気配も良いしここは期待十分で。
アルーシャ

1/31 南W   ‐13.1 馬なり
2/8  南W 69.8‐12.8 馬なり

評価:★3.5最終追い切り南W69.8‐12.8馬なり。馬なりでの追い切り、外を周回して終い12.8と良い動きを披露。中6週ではあるが気配は良さそう。新馬戦で東京マイルで2着と好走しているし舞台に文句は無し。新馬戦で馬体重420キロ、続く未勝利戦で430キロと10キロの馬体増。今回どこまで馬体が成長しているかも注目ポイントで。
フィフニティ

1/31 栗CW(82.8)67.5‐11.6 一杯
2/8  栗CW   67.5‐12.3 馬なり

評価:★3.5最終追い切り栗CW67.5‐12.3馬なり。馬なりでの追い切り、今週は1週前ほどの時計は出してこなかったが併せ馬を大きく追走させるなどしっかりと負荷をかけてきた。1週前も追走先着、終い11.6と抜群の動きを見せていたし、3ヶ月ぶりのレースでも仕上がりは良さそう。輸送をクリアできれば。
ソシアルクラブ

1/31 栗CW(82.8)67.4‐11.9 一杯
2/8  栗坂 53.7‐12.7 強目

評価:★3.0最終追い切り栗坂53.7‐12.7強目。強目での追い切り、まだまだ良化の余地はありそうだが動きは悪くない。前走阪神JFでは8着と惨敗。この時は馬体も前走マイナス12キロと厳しい条件だった。ブエナビスタの子で血統的には申し分なし。素質はあるだけにどこまでやれるか。当日の馬体には要注意で。
ナラトゥリス

1/31 南W(83.8)68.7‐14.3 一杯
2/8  南W     ‐13.4 馬なり

評価:★2.5最終追い切り南W終い13.4馬なり。馬なりでの追い切り、追い切りごとに動きは良くなってはいるが、2週前&1週前で南W終い14秒台だったし、久々の今回あと一本負荷のかかった良い追い切りが見たかったところ。これまでの相手関係からこの馬もかなりの力を持っているのは間違いないし今回も注意しておきたいが状態面ではそこまで強調できないか。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^