最終追い切り

G2京都記念2018☆最終追い切り!好調教馬は!?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
今回は春の大舞台を目指す実績馬も出走する、
G2京都記念の最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!
G2京都記念・最終追い切り情報

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

※10/2より平場同様に★評価を0.5単位へと細分化します。

1/18 栗CW(81.4)66.0‐12.4 一杯
1/24 栗CW(81.8)66.1‐11.5 一杯
1/31 栗CW(80.0)65.2‐11.5 一杯
2/7  栗CW 67.2‐11.7 馬なり

評価:★4.5最終追い切り栗CW67.2‐11.7馬なり。馬なりでの追い切り、今週は1週前ほどの時計を出してはこなかったが、外を周回して併せ馬を突き放すなど抜群の動きを披露。今回3ヶ月半の休み明けではあるが3週前からしっかりと負荷をかけて追い切りされているし、好タイムを連発していて仕上がりは文句なし。前走菊花賞では馬場も悪かったし距離も長かった印象。今回2200mへの距離短縮、この距離は2走前のセントライト記念で2着と好走していて適性は問題なし。この気配ならいきなり注目で。

1/31 栗CW(81.5)65.2‐11.6 一杯
2/7  栗坂 53.1‐12.5 強目

評価:★4.5最終追い切り栗坂53.1‐12.5強目。強目での追い切りで終い12.5と良い伸び。1週前に栗CWで6Fから追い切りされて好タイムを記録、しっかりと負荷もかけられているし気配はかなり良い印象。前走は12着と敗れはしたが展開も向かなかったしそこまで気にする必要はなし。京都コースは(2.1.2.1)と好相性。この気配なら再度見直しを。
レイデオロ

1/24 南W 70.2‐13.4 馬なり
1/31 南W 67.5‐12.9 馬なり
2/7  南W 69.6‐12.4 馬なり

評価:★4.5最終追い切り南W69.6‐12.4馬なり。馬なりでの追い切りで、大外を周回して終い12.4と抜群の動きを披露。1週前の時計は自己ベストを更新する時計。元々調教ではそこまで時計を出してくる馬ではないだけに今回かなり良い状態で出走できそう。京都は初めて、主戦騎手が騎乗停止と不安要素は少なからずあるがそれでも力上位は間違いないし、この好気配ぶりならやはり警戒が必要で。
ミッキーロケット

1/31 栗坂 51.4‐12.5 一杯
2/7  栗坂 51.0‐12.9 一杯

評価:★4.0最終追い切り栗坂51.0‐12.9一杯。一杯での追い切りで栗坂全体5番時計の好タイムを記録。今回中3週でのレースながらしっかりと負荷をかけて2週連続好タイムを連発していて状態はかなり上がってきた印象。前走は勝ち馬と離されての4着と敗れはしたがトップハンデの斤量も厳しかったし、傷腫れの影響もあっただろう。元々京都では好成績を残している馬。斤量56キロの今回当然警戒が必要で。
クリンチャー

1/24 栗CW(81.4)66.0‐12.4 一杯
1/31 栗CW(84.7)68.7‐12.0 強目
2/7 栗坂 52.7‐12.2 一杯

評価:★3.0最終追い切り栗坂52.7‐12.2一杯。一杯での追い切りで終い12.2と良い動き。今回万全の仕上げとはいかない印象もあるが最終追い切りでしっかりと追い切りされたことで変わってくれれば。前走菊花賞では道悪の中2着と好走、皐月賞では4着と好走しているし、距離適性は問題なし。注意はしておきたい。
モズカッチャン

1/31 栗坂 54.1‐12.3 一杯
2/7 栗坂 54.9‐12.8 強目

評価:★3.0最終追い切り栗坂54.9‐12.8強目。強目での追い切りで上々の動き。今回1週前&最終追い切りで栗坂全体54秒台と時計を出してきていないの少し気になるところではあるが、元々調教では動いてこない馬でそこまで心配する必要もないか。前走エリザベス女王杯では5番人気ながら見事G1タイトルを獲得。前走で京都2200mを勝利できたのは大きいし、鞍上も引き続きMデムーロ騎手となれば当然警戒が必要で。
クロコスミア

1/31 栗坂 52.9‐13.2 一杯
2/7 栗坂 53.7‐12.8 強目

評価:★3.0最終追い切り栗坂53.7‐12.8強目。強目での追い切りで上々の動き。そこまで強調するほどではないが、1週前の動きよりは良くなっているし状態は少しづつ上げては来ている印象。前走エリザベス女王杯ではモズカッチャンに敗れて惜しくも2着だった。ただこの時は斤量の2キロ差があった。今回は同斤量の56キロと条件は良くなる。前走の最終追い切りは栗坂53.6‐12.5馬なりと比べるとやはり少し物足りないが通用する力は十分にあるし注意はしておきたい。