G3東京新聞杯2018☆最終追い切り!評価を上げたのは!?

スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
今回は安田記念と同舞台、そして高松宮記念も目指す馬も出走する、
G3東京新聞杯の1週前追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!
G3東京新聞杯・1週前追い切り情報
【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

※10/2より平場同様に★評価を0.5単位へと細分化します。

1/25 南W(81.7)66.7‐12.6 強目
1/31 南W    ‐12.4 馬なり

評価:★4.5最終追い切り南W終い12.4馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.4と抜群の伸び。今週は内を周回しての追い切りではあったが動き自体はかなり良かったし、1週前に6Fから追い切りされて負荷もかけられていて好タイム記録していて今週はこれくらいで問題なし。前走ディセンバーSでは1番人気3着と敗れはしたが、上がり最速を記録していた。この時は1週前追い切りで併せ馬に遅れをとっていたし時計もこの馬にしては平凡だった。ただ今回の追い切り内容は前走よりも明らかに好気配。東京マイルでは3勝、休み明けの安田記念で4着と善戦しているしこの舞台に文句なし。1週前から主戦騎手も騎乗、本気度も伺えるし今回有力の存在で。

1/24 栗坂 51.3‐12.1 一杯
1/31 栗坂 53.0‐12.2 馬なり

評価:★4.5最終追い切り栗坂53.0‐12.2馬なり。馬なりでの追い切り、今週は輸送も考慮してか全体時計は1週前ほどの時計は出してこなかったが、終いは12.2と抜群の伸び。1週前追い切りでは栗坂全体12番時計を記録、ここ最近のレース内容を見ても今絶好調なのは間違いなし。前走京都金杯では斤量57.5キロを背負いながらも勝ち馬と0.1秒差の2着と善戦。3走前に今回と同舞台のG3富士Sで上がり最速の3着と好走しているしコースの相性も良し。今回別定戦で前走よりも1.5キロ軽い斤量56キロで出走可能なのも魅力。今回も当然警戒が必要で。
リスグラシュー

1/24 栗坂 52.2‐12.9 馬なり
1/31 栗坂 49.8‐12.3 強目

評価:★4.5最終追い切り栗坂49.8‐12.3強目。強目での追い切りで栗坂全体1番時計、全体50秒を切る破格の好タイムを記録。今回3ヶ月ぶりのレース、1週前は軽目の内容だったが、直前でしっかりと負荷をかけて追い切りされてきた。急仕上げも考えられるが、これだけの時計はなかなか出せるものではないし、この一本でしっかりと走れる状態に仕上げてきた印象。前走エリザベス女王杯では8着だったが、ミッキークイーンと同じ上がり最速を記録。マイル戦では過去結果を残しているし距離短縮が良い方に出れば。今回3ヶ月ぶりのレースでもこの気配なら非常に怖い存在で。
ストーミーシー

1/25 南W(81.3)65.8‐13.3 一杯
1/31 南W 67.8‐12.9 G前

評価:★4.0最終追い切り南W67.8‐12.9G前。ゴール前で強く追い切りされて終い12.9を記録。今週は外目を周回しての追い切り内容、1週前には6Fから一杯での追い切りで南W5F全体1番時計の好タイムを記録。前走京都金杯は5着だったが勝ち馬とは0.2秒差と僅差。今回中3週でのレースにはなるが、負荷もしっかりとかけられていて動きもかなり良く引き続き好気配。東京の相性も良いし、追い切り通りの動きならもっとやれて良いはず。最終追い切りでもしっかりと動けていたし面白い存在になりそう。
トウショウピスト

1/18 栗CW(82.1)65.9‐11.8 一杯
1/25 栗CW(80.8)64.9‐12.2 一杯
1/31 栗CW(80.2)64.0‐12.2 一杯

評価:★4.0最終追い切り栗CW(80.2)64.0‐12.2一杯。6Fから一杯での追い切りで栗CW5F全体2番時計の好タイムを記録。今週は内目を周回してのものではあるが、2週前&1週前と3週続けて6Fから一杯でしっかりと負荷もかけて追い切りされて好タイムを記録しているし気配は文句なし。マイル戦では結果を残せていないし、距離延長がプラスとは言えない印象はあるが、ここ最近では一番と言っても良い調教内容。一変してもおかしくないし人気薄でも注意しておきたい。
サトノアレス

1/24 南W 69.5‐13.3 馬なり
1/31 南W 65.6‐12.8 馬なり

評価:★4.0最終追い切り南W65.6‐12.8馬なり。馬なりでの追い切りで水曜の南W5F全体7番時計の好タイムを記録。今回2ヶ月半ぶりのレース、1週前時点での追い切り内容では強調しづらかったが、最終追い切りでは大外を周回してかなりの好タイムを記録。しっかりと追い切りされてきたのは好印象。前走キャピタルSでは上がり最速を記録。やはり末脚は素晴らしいものを持っているし東京マイルなら期待十分。オッズの妙味が出るのなら面白い存在で。
ダイワキャグニー

1/25 南W   ‐12.3 一杯
1/31 南W 68.8‐13.2 馬なり

評価:★4.0最終追い切り南W68.8‐13.2馬なり。馬なりでの追い切りで全体&終いで好タイムを記録。今回中3週でもしっかりと追い切りされていて動きも良く好気配。前走のレースは満足できるものではなかったが、今回は4勝している得意の東京コース。引き続き気配も良いし上昇の余地は十分。ここは警戒が必要で。
ダノンプラチナ

1/25 美坂 60.9‐14.4 馬なり
1/31 南W(84.3)68.7‐13.1 馬なり

評価:★3.5最終追い切り南W(84.3)68.7‐13.1馬なり。6Fから馬なりでの追い切り、中2週でも最終追い切りでしっかりと調整してきた印象。前走ニューイヤーSでは上がり最速の勝利と復調の兆しを見せてくれた。過去東京マイルの富士Sでも結果を残しているしコース相性も問題なし。今の勢いならここでも期待十分。
アドマイヤリード

1/24 栗坂 51.2‐13.3 一杯
1/31 栗坂 52.5‐12.6 馬なり

評価:★3.0最終追い切り栗坂52.5‐12.6馬なり。馬なりでの追い切り、特別速い時計ではないが、全体的に良い動き。4ヶ月ぶりのレースではあるが状態は良さそう。今回牡馬相手だが、東京マイルはG1ヴィクトリアマイルを勝利した舞台でチャンスは十分。ただ主戦のルメール騎手が騎乗停止、どこまでやれるか。
カデナ

1/24 栗坂 54.3‐12.9 強目
1/31 栗坂 53.4‐12.7 一杯

評価:★2.5最終追い切り栗坂53.4‐12.7一杯。一杯での追い切り、一杯でしっかりと負荷をかけてきたが、1週前の動きも含めて一変とまではいかない印象。素質は良いものを持っているはずだが、ここ最近は調教でもあまり動けていないし、気配はそこまでと言ったところか。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^