G3シルクロードS2018☆予想!京都平場レースも紹介!

スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

今回はG3シルクロードSと京都平場レースの好調教馬・予想を公開していきます。

↓各重賞の追い切り情報は下記で公開しています↓

G3根岸S2018☆過去データ+α!

2018.01.26

G3根岸S2018☆最終追い切り!好調教馬を紹介!

2018.01.25

G3シルクロードS2018☆過去データ+α!

2018.01.25

G3シルクロードS2018☆最終追い切り!好調教は!?

2018.01.24

上記の記事で本命候補になったのは、
・セカンドテーブル
・セイウンコウセイ
・ダイアナヘイロー
上記の3頭。

セカンドテーブル&ダイアナヘイローは栗坂、セイウンコウセイは南Wでの最終追い切り。

セイウンコウセイは、最終追い切り南W69.2‐12.2一杯。一杯での追い切り、全体時計は速い時計を出してこなかったが、終いは12.2と抜群の伸びを披露。2週前&1週前追い切り南Wで馬なりで好タイムを記録しているし、こちらも気配はかなり良い印象。前走京阪杯では7着と敗れはしたが勝ち馬とは0.2秒の僅差。決して評価を落とす必要はなし。今回ハンデ戦で斤量は58キロと条件は厳しいが、ここ最近は追い切りでもかなりの動きを見せてきているし復調の気配も見せている。今レースは昨年2着と好走しているし適性は高いものあり。なんと言ってもG1を制した実力馬、この追い切りの動きならやはり警戒が必要で。
ダイアナヘイローは、最終追い切り栗坂52.3‐12.8強目。強目での追い切りで全体52.3と良い動きを披露。今回4ヶ月ぶりでのレース、最終追い切りでは馬なりでの追い切りだったが、2週前&1週前追い切りで一杯に追い切りされて気配も段々と良くなってきた印象。京都コースは(2.4.1.0)と複勝圏内を外したことのない抜群の安定感あり。ここで嫌う要素も特にないし、やはり非常に怖い存在。万全の仕上げでなくても自分の力は十分に出せそうで。
セカンドテーブルは、最終追い切り栗坂54.3‐12.5強目。強目での追い切りで終い12.5と良い伸びを披露。今回7ヶ月ぶりのレースにはなるが、1週前追い切りで負荷をしっかりとかけられて驚異の時計を記録していて、しっかりと良い状態に仕上げてきた印象。昨年の今レースで7番人気3着と好走していて相性も文句なし。長期の休み明けということでオッズの妙味も出そう、ここは非常に面白い存在で。

上記の理由により本命は、セカンドテーブルで勝負します!

では2番手以降の評価も見ていきます。
※昨年から重賞では★=中穴 ☆=大穴と分類することにしました。レースによっては該当馬なしの場合もありますのでご注意下さい。

G3シルクロードS・予想

セカンドテーブル

ダイアナヘイロー

ファインニードル

セイウンコウセイ

カラクレナイ

ナックビーナス

アレスバローズ

各馬のコメントは追い切り記事で紹介しています!

続いて重賞以外の平場レースも見ていきます。

さっそく見ていきましょう。

☆評価の見方☆
※注=調教プレミアム馬
◎:本命サイド 推奨評価:S>A>B
☆:穴 サイド 推奨評価:S>A>B
【総=総合評価】:★2.0~★5.0
《調=調教評価》:★2.0~★5.0
《α=実績評価 》:★2.0~★5.0
《京都開催レース好調教馬》
【京都8R】

注◎人気ブログランキングへ→1(栗坂)
【総合:★4.5】本命推奨:
《調:★4.5 / α:★4.0》

人気ブログランキングへ→1は、最終追い切り栗坂51.6‐12.7一杯。一杯での追い切りで栗坂全体18番時計の好タイムを記録。21日にも栗坂51.7‐12.5強目と良い動きを見せていたし、乗り込み本数もしっかりとこなしていて気配はかなり良い印象。10ヶ月ぶりのレースにはなるが素質はかなりのものを感じるし、好仕上がりのここは要注意で。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^