平場予想

G2東海S2018☆予想!京都&中京平場レースも紹介!

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

今回はG2東海Sと京都&中京平場レースの好調教馬・予想を公開していきます。

↓各重賞の追い切り情報は下記で公開しています↓

[kanren postid=”9511″]
[kanren postid=”9533″]
[kanren postid=”9518″]
[kanren postid=”9527″]

上記の記事で本命候補になったのは、
・ドラゴンバローズ
・ローズプリンスダム
・テイエムジンソク
上記の2頭。

ドラゴンバローズは栗坂、ローズプリンスダムは美坂、テイエムジンソクは栗CWでの最終追い切り。

ドラゴンバローズは、最終追い切り栗坂53.3‐13.1一杯。一杯での追い切り、時計は特別速くないが、2週続けてしっかりと負荷をかけられていて好印象。前走は1番人気12着と人気を裏切る結果となったが、久々だったし普段とは違う展開で参考外。中京コースは(2.3.0.1)と得意コース、今回中2週でもしっかりと追い切りもこなしているし一変の期待も十分。再び和田騎手への乗り替わりで期待度もアップ。警戒が必要で。

テイエムジンソクは、最終追い切り栗CW(83.4)66.4‐12.8強目。強目での追い切り、この馬にとって特別速い時計ではないが、1週前に大外を一杯でしっかりと負荷をかけて追い切りされて段々と状態も上がってきた印象。今回中6週でのレース、まだまだ良化の余地はありそうではあるが、充実度、実績を含めても当然有力。万全とは行かなくても自分の力は出せそうな仕上がりでしやはり怖い存在。

ローズプリンスダムは、最終追い切り美坂51.9‐12.5強目。強目での追い切りで美坂全体5番時計の好タイムを記録。前走チャレンジCでは12着と大敗したが、前走の最終追い切りは美坂52.5‐13.9一杯。今回の追い切りは前走よりも明らかに良くなっているし気配良好。3走前にはレパードSで重賞も勝利しているし通用する力は十分にあり。相手は強いが他の馬よりも1キロ軽い55キロで出走可能。この動きなら警戒が必要で。好枠に入ったしここは期待十分。

上記の理由により本命は、ローズプリンスダムで勝負します!

では2番手以降の評価も見ていきます。
※昨年から重賞では★=中穴 ☆=大穴と分類することにしました。レースによっては該当馬なしの場合もありますのでご注意下さい。

G2東海S・予想

ローズプリンスダム

テイエムジンソク

ドラゴンバローズ

モルトベーネ

タガノエスプレッソ

ディアデルレイ

オールマンリバー

各馬のコメントは追い切り記事で紹介しています!

続いて重賞以外の平場レースも見ていきます。

さっそく見ていきましょう。

21日開催平場レース好調教馬

※今回から評価の表記を変更しました。
意味合い的には今までとほぼ同じですが、
もっと細かく評価をすることで狙い目本命馬と狙い目穴馬を区別することが狙いです。

☆評価の見方☆
※注=調教プレミアム馬
◎:本命サイド 推奨評価:S>A>B
☆:穴 サイド 推奨評価:S>A>B
【総=総合評価】:★2.0~★5.0
《調=調教評価》:★2.0~★5.0
《α=実績評価 》:★2.0~★5.0

《京都開催レース好調教馬》
【京都6R】

グレートウォリアー(栗CW)
【総合:★4.0】本命推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》

グレートウォリアーは、最終追い切り栗CWで馬なりで全体&終いで抜群の動き。本数もしっかりと乗り込まれて負荷もしっかりとかけられていて好印象。ここは期待十分。

アロハリリー(栗坂)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》

《中京開催レース好調教馬》
【中京5R】

注◎サラキア(栗CW)
【総合:★4.5】本命推奨:
《調:★4.5 / α:★4.5》

サラキアは、最終追い切り栗CW(81.4)65.2‐12.3強目。強目での追い切り、格上の併せ馬を追走して大きく先着するなど文句なしの好気配。追い切りの動きを見てもかなりの素質を感じさせるし今後が楽しみな注目の一頭で。

【中京9R】

ヒルダ(南W)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》

【中京12R】

注◎人気ブログランキングへ→2(南W)
【総合:★4.5】本命推奨:
《調:★4.5 / α:★4.5》

人気ブログランキングへ→2は、最終追い切り美坂51.2‐12.3強目。強目での追い切りで美坂全体1番時計と抜群の動きを披露。調教師も望んでいた内枠をゲット、初芝での前走で2着と好走、素質は上位だし引き続き気配の良いここは当然有力で。