平場予想

G2アメリカJCC2018☆予想!中山平場レースも紹介!

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!

今回はG2アメリカJCCと中山平場レースの好調教馬・予想を公開していきます。

↓各重賞の追い切り情報は下記で公開しています↓

[kanren postid=”9518″]
[kanren postid=”9527″]
[kanren postid=”9511″]
[kanren postid=”9533″]

上記の記事で本命候補になったのは、
・ショウナンバッハ
・ゴールドアクター
上記の2頭。

ショウナンバッハは美坂、ゴールドアクターは南Wでの最終追い切り。

ゴールドアクターは、最終追い切り南W(79.8)66.0‐13.6強目。6Fから強目での追い切りで南W5F全体4番時計の好タイムを記録。今回久々のレースではあるが、1週前にしっかりと負荷をかけて追い切りされたことで状態も上がって良い状態でレースに出られそう。過去休み明けも多く好走してきた馬で、7ヶ月ぶりのレースでも評価を落とす必要なし。中山コースは得意で文句なしの舞台、1週前追い切りでしっかりと追い切りされたことでさらに状態を上げることができればかなり怖い存在へ。最終追い切りでこれだけ動ければ当然有力で。

ショウナンバッハは、最終追い切り美坂51.3‐12.2一杯。一杯での追い切りで美坂全体2番時計の好タイムを記録。終いも12.2と抜群の伸び。1週前にも美坂全体1番時計を記録していて今回文句なしの好気配。もう7歳にはなったが、1週前の時計はこの馬にとっての自己ベストを更新する好タイム。ここ最近の重賞の内容から見ても状態が良いのは間違いなし。過去中山成績は(0.0.1.6)と相性はそこまでに見えるが、一昨年の今レースでは3着と好走しているし、3走前のG2オールカマーで勝ち馬ルージュバックと0.2秒の僅差で着と善戦しているし、同舞台へのコース替わりはプラス材料。中5週でのレース、しっかりと負荷もかけられていて要注意の一頭。

上記の理由により本命は、ショウナンバッハで勝負します!

では2番手以降の評価も見ていきます。
※昨年から重賞では★=中穴 ☆=大穴と分類することにしました。レースによっては該当馬なしの場合もありますのでご注意下さい。

G2アメリカJCC・予想

ショウナンバッハ

ゴールドアクター

ミッキースワロー

ダンビュライト

レジェンドセラー

各馬のコメントは追い切り記事で紹介しています!

続いて重賞以外の平場レースも見ていきます。

さっそく見ていきましょう。

21日開催平場レース好調教馬

※今回から評価の表記を変更しました。
意味合い的には今までとほぼ同じですが、
もっと細かく評価をすることで狙い目本命馬と狙い目穴馬を区別することが狙いです。

☆評価の見方☆
※注=調教プレミアム馬
◎:本命サイド 推奨評価:S>A>B
☆:穴 サイド 推奨評価:S>A>B
【総=総合評価】:★2.0~★5.0
《調=調教評価》:★2.0~★5.0
《α=実績評価 》:★2.0~★5.0

《中山開催レース好調教馬》
【中山3R】

スターオンザヒル(美坂)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★3.5》

【中山8R】

注◎人気ブログランキングへ→1(美坂)
【総合:★4.5】本命推奨:
《調:★4.5 / α:★4.5》

人気ブログランキングへ→1は、最終追い切り美坂52.2‐13.0強目。強目での追い切りで美坂全体8番時計の好タイムを記録。1週前は美坂終い12.2馬なり、2週前には美坂全体51.8と続けて好タイムを記録。今回9ヶ月半ぶりのレースで当然不安もあるだろうが、追い切りの動きを見る限りではいきなり激走してもおかしくない好気配ぶり。力上位は間違いないし、オッズの妙味が出るのなら面白い一頭で。

【中山10R】

タケルラグーン(南W)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》