重賞予想

G2日経新春杯2018☆予想!京都平場レースも紹介!

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!
Twitterボタン

今回はG2日経新春杯と京都平場レースの好調教馬・予想を公開していきます。
※降雪の影響により、開催が危ぶまれていますが普段と変わらずお送りいたします!

↓各重賞の追い切り情報は下記で公開しています↓

[kanren postid=”9460″]
[kanren postid=”9481″]
[kanren postid=”9450″]
[kanren postid=”9479″]

上記の記事で本命候補になったのは、
・ロードヴァンドール
・ミッキーロケット
上記の2頭。

ロードヴァンドールは栗CW、ミッキーロケットは栗坂での最終追い切り。

ロードヴァンドールは、最終追い切り栗CW(82.6)67.8‐12.3馬なり。6Fから馬なりでの追い切り、この馬にとって特別速い時計ではないが大外を周回して良い動きを見せていた。1週前にしっかりと一杯で追い切りされて良い動きを見せていたし、中4週ならこれくらいで十分。前走中日新聞杯ではラスト抜かされてはしまったが、外目の枠でも逃げて5番人気3着と善戦。今回平坦の京都へのコース替わりは大歓迎、まだ開幕2周目で馬場もそこまで荒れていないだろうし、引き続き気配の良いここなら期待十分で。

ミッキーロケットは、最終追い切り栗坂51.2‐12.7一杯。一杯での追い切りで栗坂全体7番時計の好タイムを記録。中4週ではあるが最終追い切りでしっかりと負荷をかけてきたのは好印象。中間で傷腫れもあったみたいだが、これだけ負荷をかけられて動けたのなら気にする必要もなし。昨年の今レースで見事勝利、京都コースは(2.2.0.3)と相性良し。今回ハンデは57.5キロと厳しいが、前走斤量57.5キロで2着と好走していて特に評価を下げる必要もなし。状態も良いしやはりここは有力で。

上記の理由により本命は、ミッキーロケットで勝負します!

では2番手以降の評価も見ていきます。
※昨年から重賞では★=中穴 ☆=大穴と分類することにしました。レースによっては該当馬なしの場合もありますのでご注意下さい。

G2日経新春杯・予想

ミッキーロケット

ロードヴァンドール

モンドインテロ

ソールインパクト

ベルーフ

パフォーマプロミス

各馬のコメントは追い切り記事で紹介しています!

続いて重賞以外の平場レースも見ていきます。

さっそく見ていきましょう。

14日開催平場レース好調教馬

※今回から評価の表記を変更しました。
意味合い的には今までとほぼ同じですが、
もっと細かく評価をすることで狙い目本命馬と狙い目穴馬を区別することが狙いです。

☆評価の見方☆
※注=調教プレミアム馬
◎:本命サイド 推奨評価:S>A>B
☆:穴 サイド 推奨評価:S>A>B
【総=総合評価】:★2.0~★5.0
《調=調教評価》:★2.0~★5.0
《α=実績評価 》:★2.0~★5.0

《京都開催レース好調教馬》
【京都6R】

テーオーエナジー(栗CW)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》

【京都8R】

コスモス(栗CW)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★3.5》

【京都10R】

注☆人気ブログランキングへ→1(栗CW)
【総合:★4.5】穴推奨:
《調:★4.5 / α:★4.5》

人気ブログランキングへ→1は、最終追い切り栗坂51.9‐12.8馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂全体16番時計を記録。1週前追い切り栗坂でも栗坂全体3番時計の好タイムを記録しているし気配は文句なし。過去何度も調教で良い動きを見せている馬で、素質はかなりのものを秘めている印象。折り合い面などに不安は残るが、今回ブリンカーをつけて集中して走れていたみたいだし、鞍上も変わって変化の面でも期待十分。再度注目したい。

グリエルマ(栗坂)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★4.0》