最終追い切り

G3愛知杯2018☆最終追い切り!評価を上げたのは?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
今回は中京ハンデキャップ重賞、
G3愛知杯の最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!
Twitterボタン

G3愛知杯・最終追い切り情報

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

※10/2より平場同様に★評価を0.5単位へと細分化します。

1/3 栗CW(81.7)65.9‐11.6 一杯
1/10 栗CW(83.3)66.6‐11.9 一杯

評価:★4.5最終追い切り栗CW(83.3)66.6‐11.9一杯。6Fから一杯での追い切りで水曜の栗CW5F全体11番時計の好タイムを記録。終いも11.9と良い伸び。1週前の栗CWでも5F65.9、そして終い11.6と抜群の動きを見せているし気配はかなり良い。前走JBCレディスクラシックでは完敗だったが、初のダート戦だったし参考外。昨年のマーメイドSでは上がり最速で9番人気4着と善戦。続くシンガポールSでは同舞台の中京2000mで勝利上がり最速で勝利するなど相性も良く、通用する力も十分にあり。前走の敗戦でオッズの妙味が出るのならなおさら面白い。

1/3 栗CW 64.8‐12.1 一杯
1/10 栗CW 66.9‐11.8 馬なり

評価:★4.5最終追い切り栗CW66.9‐11.8馬なり。馬なりでの追い切り、外を周回して全体&終いで抜群の動き1週前にも一杯でしっかりと追い切りされてかなりの好タイムを記録しているし、こちらも前走休み明けで勝利しての勢いを感じる好気配ぶり。今回相手強化の格上挑戦にはなるが、このレースはハンデ戦で斤量も50キロで出走可能とこちらもかなり魅力的。一度使われての上積みも考えれば十分に通用も可能。今回非常に面白い一頭で。
ワンブレスアウェイ

1/3 南W 69.0‐14.0 馬なり
1/10 南W 67.2‐13.3 馬なり

評価:★4.0最終追い切り南W67.2‐13.3馬なり。馬なりでの追い切りで水曜の南W5F全体9番時計の好タイムを記録。昇級してのここ2戦は10着、8着と結果は残せていないが、展開も向かなったしスタートもうまくいかなかったし勝ち馬と0.3秒差なら評価を落とす必要もなし。最終追い切りの動きも良かったし良い状態で出走できそう。通用する力はあるしスタートが決まれば。
エテルナミノル

1/3 栗CW(81.1)65.5‐12.1 一杯
1/11 栗CW(83.0)66.7‐12.6 馬なり

評価:★4.0最終追い切り栗CW(83.0)66.7‐12.6馬なり。6Fから馬なりでの追い切りで全体&終いで良い動き。1週前には6Fから一杯で追い切りされて栗CW5F全体24番時計、終いも12.1と抜群の動きを見せていたし中3週でも良い状態で出走できそう。前走ターコイズSでは5着と敗れはしたが出遅れで理想のレースとは違う展開。それで勝ち馬と0.1秒差と僅差のレースができたあたり悲観する必要はまったくなし。反対に前走の敗戦でオッズの妙味が出るのなら魅力的な存在。中京コースは初だが良い素質は秘めているだけにスタートをうまく決められれば。
リカビトス

1/3  美坂 52.4‐13.2 強目
1/10 美坂 53.0‐13.0 馬なり

評価:★3.5最終追い切り美坂53.0‐13.0馬なり。馬なりでの追い切りで良い動きを披露。1週前にも強目で美坂全体52.4とかなりの好タイムを記録しているし3ヶ月ぶりのレースでも仕上がりは良さそう。前走秋華賞では10着と敗れはしたがデビューから3連勝した素質馬。今回ハンデ戦で斤量も51キロで出走可能となれば当然警戒が必要で。
マキシマムドパリ

1/3 栗坂 52.7‐12.8 強目
1/10 栗坂 56.9‐12.5 馬なり

評価:★3.5最終追い切り栗坂56.9‐12.5馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.5と良い伸び。今回中4週でのレースでそこまで負荷はかけられていないが、動きは良いし出来落ちの心配はなさそう。昨年の今レースの覇者で舞台は当然文句なし。今回昨年よりも重いハンデ56キロと条件的には簡単には行かないが、ここ最近で斤量55キロでマーメイドSを勝利、エリザベス女王杯でも4着と力をつけているのは間違いないし、今の勢いならこのハンデでも十分にやってくれそう。やはり無視はできない。
リーサルウェポン

1/3 美坂 52.2‐12.5 馬なり
1/10 美坂 53.8‐13.1 強目

評価:★3.5最終追い切り美坂53.8‐13.1強目。強目での追い切り、1週前ほどの時計ではないが良い動きを見せた。1週前に美坂全体11番時計の好タイムを記録しているし調子自体は良し。ここ最近は結果を残せていないが、2016年の愛知杯で2着と激走。この時の斤量は50キロ。今回さらに軽いハンデも見込めるし、一変があってもおかしくない。当然警戒はしておきたいところ。
レインホーロマンス

1/3 栗CW(83.2)67.0‐11.8 馬なり
1/8 栗坂 54.9‐12.3 馬なり

評価:★3.0最終追い切り栗坂54.9‐12.3馬なり。馬なりでの追い切り、全体時計は速い時計を出してこなかったが終いで良い動きを披露。1週前の動きも含めて負荷はそこまでかけられていないが、中3週なら問題なし。前走レースで中京コースで勝利できた点は魅力。今回ハンデも51キロと魅力。注意が必要で。
ゲッカコウ

1/3 南W 71.7‐13.6 馬なり
1/10 南W 70.5‐13.4 馬なり

評価:★3.0最終追い切り南W70.5‐13.4馬なり。馬なりでの追い切り、今回1週前と同様そこまで負荷はかけられていないが、動きは悪くない。オープン昇格後は前走でマイネルハニーに0.1秒差の2着と善戦。ここに来て確実に力をつけてきているし、最近の追い切りの動きもかなり良くなった。注意しておきたい存在。
クインズミラーグロ

1/3 南W   ‐13.0 馬なり
1/11 南W   ‐12.5 馬なり

評価:★3.0最終追い切り南W終い12.5馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.5と良い動き。上がり中心で軽目の内容ではあるが動き自体は良い。前走エリザベス女王杯では相手も強かったし普段とは違う逃げてのレース展開。3走前のクイーンSでは上がり最速の3着と好走。春から夏にかけては重賞で上位の実績を続けて残しているしここでも力は上位。今回2ヶ月ぶりのレースで最終追い切りが普段とは違うコースなのがどう出るか。
アンドリエッテ

1/4 栗坂 54.6‐13.1 一杯
1/10 栗坂 54.4‐12.7 一杯

評価:★2.5最終追い切り栗坂54.4‐12.7一杯。一杯での追い切り、1週前と同様時計面でも平凡。2週続けて一杯で負荷はかけられているが特に強調するところはない印象。前走上がり最速で勝利して勢いもありそうだが、中7週と間隔も少し空いたし、追い切りの動きではそこまで評価できないところ。