最終追い切り

G3中山金杯2018☆最終追い切り!好調教馬は!?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
今回は中山年明け最初のハンデ重賞、
G3中山金杯の最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!
Twitterボタン

G3中山金杯・最終追い切り情報

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

※10/2より平場同様に★評価を0.5単位へと細分化します。

12/20 南W(86.2)70.4‐13.0 馬なり
12/27 南W(82.9)67.4‐12.8 一杯
1/3  南W(81.5)67.2‐12.6 一杯

評価:★4.5最終追い切り南W(81.5)67.2‐12.6一杯。6Fから一杯での追い切りで南W5F全体11番時計の好タイムを記録。1週前も6Fから一杯で追い切りされていて中6週でもしっかりと負荷をかけられていて好気配。ホープフルS3着、京成杯2着など中山実績は十分。通用する力は十分にあるし状態も良し、ただ今回開幕週の中山。脚質的には少し厳しい面もあるが、調子自体はかなり良いしオッズの妙味があるならば非常に面白くなりそう。

12/20 南W 71.8‐13.1 馬なり
12/25 南W 66.8‐13.2 G前
12/31 南W   ‐13.2 強目
1/3  南W(87.1)70.6‐13.2 馬なり

評価:★4.5最終追い切り南W(87.1)70.6‐13.2馬なり。6Fから馬なりでの追い切り、今週は軽目の内容だったが、25日に南Wで5F全体5番時計の好タイムを記録しているし、31日の動きも良く好気配。期待された中山・弥生賞では2番人気9着と敗れてはいるがここ最近のレース内容、追い切りの動きを見ても力をつけているのは間違いなし。このメンバー相手でも通用する力は十分、好気配の今回要注意で。
ウインブライト

12/21 南W 67.5‐12.6 馬なり
12/27 南W(83.6)67.3‐13.4 馬なり
1/3  南W(84.0)68.6‐13.7 馬なり

評価:★4.5最終追い切り南W(84.0)68.6‐13.7馬なり。6Fから馬なりでの追い切りで良い動き。2週前&1週前の動きもかなり良かったし中7週と少し間隔が空いた今回も良い状態で出走できそう。斤量56キロのハンデは少し厳しいが、中山は(2.1.0.1)と好相性。この動きならチャンスは十分で。
アウトライアーズ

12/21 美坂 52.6‐12.4 強目
12/27 南W   ‐12.9 馬なり
1/3 美坂 52.8‐12.3 馬なり

評価:★4.0最終追い切り美坂52.8‐12.3馬なり。馬なりでの追い切りで美坂全体52秒台、そして終いは12.3と抜群の伸びを披露。2週前には美坂全体15番時計、1週前は馬なりで南W終い12.9を記録するなど絶好の動き。ここ最近は2桁着順続きではあるが気配自体は良し。スプリングSで2着と好走、中山成績は(2.1.0.1)と好相性なだけにコース替わりでの一変に警戒しておきたい。
ストレンジクォーク

12/28 美坂 58.5‐13.5 馬なり
1/3  美坂 50.8‐13.2 一杯

評価:★4.0最終追い切り美坂50.8‐13.2一杯。一杯での追い切りで美坂全体1番時計の好タイムを記録。前走勝利して勢いがあるのは調教を見ても間違いなし。人気薄でも警戒しておきたい。
タイセイサミット

12/28 栗坂 51.8‐12.6 一杯
1/3 栗坂 53.4‐12.3 一杯

評価:★3.5最終追い切り栗坂53.4‐12.3一杯。一杯での追い切りで終い12.3を記録。28日には栗坂全体51秒台を記録するなど良い動きを見せていたしこちらも調子自体は良好。前走中日新聞杯では13着と敗れはしたが間隔もかなり空いていたし特に気にする必要はなし。今回の追い切りの動きを見ても一度使われての上積みも十分に考えられるし決して侮れない一頭。
セダブリランテス

12/20 南W 69.6‐13.4 馬なり
12/27 南W(84.)67.6‐13.5 一杯
1/3  南W 67.2‐13.6 馬なり 

評価:★3.0最終追い切り南W67.2‐13.6馬なり。馬なりでの追い切り、終いは少し時計を要したが、全体時計は5F全体67.2と好タイムを記録。1週前に負荷もかけられたし2ヶ月ぶりでも気配は上々。前走アルゼンチン共和国杯では初めての敗戦だったが、初の古馬相手ながら3着を確保。中山は初めてではあるが、現時点で特に気にする必要もなし。今メンバー相手でも力は上位、人気はするだろうがそれでもやはり有力の存在で。
デニムアンドルビー

12/24 栗CW(84.6)69.3‐12.0 馬なり
12/28 栗CW   69.2‐12.9 馬なり
1/3  栗CW(86.8)69.5‐12.0 G前

評価:★3.0最終追い切り栗CW(86.8)69.5‐12.0G前。ゴール前で強く追い切りされて終い12.0を記録。中4週でそこまで負荷はかけられていないが気配はまずまずと言った印象。前走チャレンジCでは5番人気2着と久々に好成績を残してくれた。今年でもう8歳にはなったが前走くらい走れるならまだまだ十分に通用可能。中山は(0.0.0.4)と結果を残せていないが決して無視できない。
カデナ

12/20 栗坂 55.7‐13.4 馬なり
12/28 栗坂 54.3‐12.6 一杯
1/3  栗坂 53.6‐12.7 強目

評価:★3.0最終追い切り栗坂53.6‐12.7強目。強目での追い切りで上々時計と動き。ここ最近重賞で結果を残せていないのは気になるところだが、中山2000mの舞台は昨年弥生賞で上がり最速で勝利している得意舞台。開幕週なだけに大外一気となると厳しいところはあるが、力はあるだけに侮れない一頭。
レアリスタ

12/21 南W 71.4‐13.6 馬なり
12/28 南W(86.5)71.6‐13.9 馬なり
1/3  美坂 56.4‐13.3 馬なり

評価:★3.0最終追い切り美坂56.4‐13.3馬なり。馬なりでの追い切りで終い13.3。正直負荷もそこまでかけられていないし特別強調できるほどではない印象。右回りでは結果を残せていないだけに中山に不安要素はあるが、ここ2戦のレース内容が良かっただけに当然注意はしておきたい。
マイネルミラノ

12/20 南W 72.3‐14.2 一杯
12/27 南W 67.1‐14.4 一杯
12/31 南W 68.6‐13.1 一杯
1/3  南W 70.3‐13.0 馬なり

評価:★2.5最終追い切り南W70.3‐13.0馬なり。馬なりでの追い切りで軽目の内容。20日&27日には南Wで終い14秒台と時計を要した。以前と比べるとやはり物足りない部分は出てきているし、トップハンデも背負い厳しいレースとなりそうで。