G3フェアリーS2018☆1週前&最終追い切り!注目馬は!?

スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
今回は牝馬クラシックにもつながっていく、
G3フェアリーSの1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!
Twitterボタン

G3フェアリーS・1週前&最終追い切り情報
【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

※10/2より平場同様に★評価を0.5単位へと細分化します。

12/28 美坂 57.0‐12.8 馬なり
12/31 美坂 56.0‐12.5 馬なり
1/3  美坂 52.1‐12.2 馬なり

評価:★4.5最終追い切り美坂52.1‐12.2馬なり。馬なりでの追い切りで美坂全体7番時計の好タイムを記録。1200mの新馬戦では9着と敗れはしたが、続く2戦目では2Fの距離延長で2着、前走は上がり最速で大差をつけて勝利するなどレースのカタチも決まってきたし期待十分。中6週でもしっかりと追い切りされて好気配、要注意の一頭で。
トロワゼトワル

12/27 栗CW(82.8)67.0‐11.6 一杯
1/3  栗CW(89.1)71.8‐11.9 馬なり

評価:★4.5最終追い切り栗CW栗CW(89.1)71.8‐11.9馬なり。馬なりでの追い切り、全体時計では速い時計を出してこなかったが、終いは11.9と良い伸び。1週前に6Fからの追い切りで終い11.6を記録、負荷もしっかりとかけられているし今回良い状態で出走できそう。初の右回り等不安要素はあるが、過去の追い切りを見ても素質はかなり良いものを秘めているだけに警戒しておきたい一頭。
スカーレットカラー

12/27 栗CW(81.9)66.5‐11.8 一杯
1/3  栗CW(85.4)68.6‐12.6 馬なり

評価:★4.0最終追い切り栗CW(85.4)68.6‐12.6馬なり。6Fから馬なりでの追い切りで良い動き。1週前にしっかりと負荷をかけられているし中5週でも気配良好。前走は2着と敗れはしたが上がり最速を記録、勝ち馬は続く阪神JFで2着と好走。この馬もかなりの力を持った馬と考えて良い。重賞のここでも期待十分。
プリモシーン

12/28 南W   ‐13.5 馬なり
12/31 美坂 54.8‐12.1 馬なり
1/3  南W   ‐12.7 馬なり

評価:★4.0最終追い切り南W終い12.7馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.7を馬なりで記録。上がり中心の追い切りではあるが、過去2戦共に最終追い切りは上がり中心の内容で問題なし。31日には美坂終い12.1としっかりと動けていたし久々のレースでも良い状態で出走できそう。前走はスタートで後手となったがそれでも上がり最速の差し切り価値とかなりの力の高さを見せつけた。新馬戦で中山マイルを経験しているのも当然魅力。人気はするだろうがやはり警戒が必要で。
グランドピルエット

12/28 美坂 55.4‐13.2 馬なり
1/3  南W 69.7‐13.9 馬なり

評価:★3.5最終追い切り南W69.7‐13.9馬なり。馬なりでの追い切り、特別速い時計も出してきていないし軽目の内容ではあるが、中2週でのレースだしこれくらいで十分。重賞初挑戦でのアルテミスSでは13着と大敗してしまったが、中山マイルは(1.0.1.0)と好相性。この時期で2戦も経験しているのはかなり大きい。馬体も牝馬ながら500キロ弱と好馬体。素質も感じるし今回面白い一頭で。
レッドベルローズ

12/25 南W   ‐13.1 馬なり
1/3  南W 71.6‐13.6 馬なり

評価:★3.0最終追い切り南W71.6‐13.6馬なり。馬なりでの追い切りで今週は軽目の内容。25日には南Wで外を周回して良い動きを見せていたが上がり中心の内容。今回中6週と間隔も少し空いているしあと一本負荷のかかった追い切りが見たかった印象。前走の新馬戦は後手に回りながらも上がり最速を記録し見事勝利するなど素質の高さは良いものがあるし当然注意はしたいが、ここでいきなりはどうか。
サヤカチャン

12/27 栗CW(84.0)67.8‐12.8 一杯
1/3  栗CW(80.5)65.9‐13.2 一杯

評価:★3.0最終追い切り栗CW(80.5)65.9‐13.2一杯。一杯での追い切り、全体時計は5F65.9と悪くないが内目を周回してのもので終いも13.2と少し時計を要したのは少し気になるところ。負荷はしっかりとかけられているし1週前の動きは良かっただけに無駄な心配かもしれないが特別強調できるほどではなし。前走は馬体が少し重かった印象もあるし今回一杯で追い切りされたことでどこまで絞れるか。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^