G3ターコイズS2017☆1週前追い切り!好調教は!?

スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
今回は注目のハンデ重賞、
G3ターコイズSの1週前追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!
Twitterボタン

G3ターコイズS・1週前追い切り情報
【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

※10/2より平場同様に★評価を0.5単位へと細分化します。

12/6 栗CW(77.7)64.0‐12.3 一杯

評価:★4.51週前追い切り栗CW(77.7)64.0‐12.3一杯。6Fから一杯での追い切りで栗CW5F全体7番時計の好タイムを記録。チューリップ賞でリスグラシューに先着の2着と好走。続くレースも期待されたがその後は3戦連続2桁着順続きと大敗。ただ前走清水Sでは久々に勝利するなど段々と調子を取り戻している印象。今回間隔は空いたが1週前の動きを見る限り気配もかなり良く、段々と力をつけてきている印象。元々牝馬ながら馬体も500キロ前後の大型馬、素質はかなりのものを秘めているし重賞のここでもチャンスは十分。要注意で。

12/6 南W(81.5)65.5‐13.4 馬なり

評価:★4.51週前追い切り南W(81.5)65.5‐13.4馬なり。馬なりでの追い切りで南W5F全体1番時計と破格の好タイムを記録。前走は3着だったが勝ち馬とは0.1秒差と見せ場十分の好レース。ここ最近はずっと調教で良い動きを見せていて調子が良いのは間違いなし。今回相手も強くなるがハンデ戦で斤量51キロで出走できそうなのは非常に魅力。調教の動きならここでも通用する可能性は大いにあるしオッズの妙味出そうでここは面白い存在で。
ペイシャフェリス

12/7 南W 65.7‐13.3 強目

評価:★4.51週前追い切り南W65.7‐13.3強目。強目での追い切りで南W5F全体4番時計の好タイムを記録。今回8ヶ月ぶりと長期の休み明けにはなるが1週前のこの時計は外を周回してのものだし気配は良さそうな印象。前走福島牝馬Sでは15着と大敗したが休養効果が良い方に出れば。最終追い切りの動き次第では警戒すべき存在へと。
リエノテソーロ

12/6 南W 67.1‐13.1 強目

評価:★3.51週前追い切り南W67.1‐13.1強目。強目での追い切りで南W5F全体21番時計を記録。2歳時には4戦4勝、続くNHKマイルCでも上がり最速の2着と好走するなど素質はかなりのもの。ここ3戦は結果を残せていないが、調教の動きを見る限りでは段々と調子も取り戻してきている印象。ハンデが55キロと少し厳しい面はあるがやはり無視はできない。
リーサルウェポン

12/6 美坂 51.9‐13.0 馬なり

評価:★3.51週前追い切り美坂51.9‐13.0馬なり。馬なりでの追い切りで美坂全体5番時計の好タイムを記録。ここ最近の成績を考えると狙いづらいところではあるが、調教ではしっかりと動けているしハンデ戦で斤量は48キロと魅力的。最終追い切りでもしっかりと動けたのなら注意すべき一頭になりそう。
フロンテアクイーン

12/6 美坂 53.8‐12.8 馬なり

評価:★3.01週前追い切り美坂53.8‐12.8馬なり。馬なりでの追い切り、特別速い時計は出してこなかったが、併せばを追走同入するなど中3週でも良い動きを披露。ここ3戦はあと勝ちきれていないが安定感は抜群。重賞での実績もあるし中山も(1.2.1.2)と得意。斤量も53キロなら当然警戒すべき一頭で。
ラビットラン

12/6 栗CW 69.1‐12.2 馬なり

評価:★3.01週前追い切り栗CW69.1‐12.2馬なり。馬なりでの追い切り、動きは悪くないが、併せ馬にも差を詰められているし、2ヶ月ぶりのレースで現時点でまだ少し動きが重たい印象。ローズSの内容は圧巻だったし、続く秋華賞でも4着と善戦していて力は上位。1週前の追い切りでどこまで変わることができるか、最終追い切りの動きには要注目で。
ワンブレスアウェイ

12/6 南W 69.0‐13.0 馬なり

評価:★3.01週前追い切り南W69.0‐13.0馬なり。馬なりでの追い切り、特別推せるほどの内容ではないが、動きは上々。前走は普段よりも後ろでの展開、自分のレースができなかったし良い位置でレースが出来れば怖い。ただ今回2ヶ月ぶりのレースで最終追い切りでどこまで状態を上げてこられるか。
アスカビレン

12/6 栗坂 53.9‐12.6 馬なり

評価:★3.01週前追い切り栗坂53.9‐12.6馬なり。馬なりでの追い切りで終いは12.6と上々の動き。今回が引退レースとのことでどこまで仕上げてくるか。
デンコウアンジュ

12/6 栗坂 54.7‐12.4 一杯

評価:★2.51週前追い切り栗坂54.7‐12.4一杯。一杯での追い切りで時計は平凡。前走のエリザベス女王杯は13着と大敗。今回が叩き3戦目で調教の動きを見ても上積みはあまり感じない内容。ヴィクトリアマイルで上がり最速の2着と好走するなど力は上位で当然注意しておきたいが、最終追い切りでも同じような動きなら割引が必要か。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^