最終追い切り

G3チャレンジC2017☆最終追い切り!好調教馬は!?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
今回は大舞台を目指す実力馬も集結する、
G3チャレンジCの最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!
Twitterボタン

G3チャレンジC・最終追い切り情報

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

※10/2より平場同様に★評価を0.5単位へと細分化します。

11/22 南W(82.8)66.6‐13.4 強目
11/29 南W 69.1‐12.5 一杯

評価:★4.5最終追い切り南W69.1‐12.5一杯。一杯での追い切りで終い12.5と良い伸び。全体時計は速い時計を出してこなかったが輸送もある中、外を周回して一杯で追い切りできた点は好印象。1週前には6Fから強目での追い切りで南W5F全体19番時計の好タイムを記録。前走オールカマーでは9着と敗れはしたが出遅れもありで展開も向かなかったし、特に気にする必要もなし。今回2ヶ月ぶりのレースにはなるが、負荷もしっかりとかけられて好仕上がり。要注意で。
デニムアンドルビー

11/22 栗CW(85.2)68.6‐11.7 一杯
11/29 栗CW(85.8)68.8‐11.5 馬なり

評価:★4.5最終追い切り栗CW(85.8)68.8‐11.5馬なり。6Fから馬なりでの追い切りで終い11.5と抜群の伸び。1週前には終い11.7を記録していて中3週でもしっかりと動けていて好気配。ここ最近は結果を残せていないが復調も感じさせる良い動き。鞍上がCデムーロ騎手へ乗り替わるのも面白いところ。阪神との相性も良いし7歳になった今でも警戒が必要で。
サトノクロニクル

11/22 栗CW(80.9)65.9‐11.9 一杯
11/29 栗CW(86.0)68.9‐12.5 馬なり

評価:★4.0最終追い切り栗CW(86.0)68.9‐12.5馬なり。馬なりでの追い切り、最終追い切りは併せ馬にクビ差の遅れはとったが動きは悪くなかった。1週前には6Fから一杯での追い切りで栗CW5F全体65.9と好タイムを記録しているし気配は良さそう。前走菊花賞は10着と大敗、重馬場の影響もあってか力を出しきれなかった。過去2200m重賞で結果を残しているし今回の2000mへの距離短縮はプラスに出そうだし、また斤量も前走より2キロ減るのも当然魅力。鞍上もMデムーロ騎手と期待十分。現時点で好気配、最終追い切りでも良い動きを見ることができれば有力の存在へと。
ブレスジャーニー

11/22 栗CW(83.2)67.7‐12.1 一杯
11/29 栗CW(82.2)66.4‐12.2 一杯

評価:★3.5最終追い切り栗CW(82.2)66.4‐12.2一杯。6Fから一杯での追い切りで全体&終いで良い動き。中4週でのレースではあるがしっかりと負荷もかけられていて好気配。前走菊花賞は長期休み明けで12着と条件は厳しかったし参考外。2歳時にはダービー2着のスワーヴリチャードにも勝利している素質馬。現時点で気配はも良いし、ここで結果を出せれば今後が非常に楽しみに。
ジョルジュサンク

11/22 栗坂 54.0‐12.8 強目
11/29 栗坂 52.5‐12.7 強目

評価:★3.0最終追い切り栗坂52.5‐12.7強目。強目での追い切りで全体52.5と好タイムを記録。1週前の動きはそこまでだったが、最終追い切りでは上々の動き。前走は逃げてのレースでも上がりで良い脚を見せるなど力の高さを見せつけてくれた。中11週でのレースで万全と言えるかは微妙だが気配は悪くないし注意はしておきたい。
マイネルミラノ

11/26 南W   ‐13.0 馬なり
11/29 南W 71.8‐13.0 馬なり

評価:★2.5最終追い切り南W71.8‐13.0馬なり。馬なりでの追い切り、今回中2週で1週前&最終追い切りでは軽目の内容。大外を周回しての追い切り、悪い動きではないが以前と比べると少し物足りない印象はあり。ただ今回斤量56キロと軽くなるのは魅力。実績もあるし当然注意は必要で。