G1マイルCS2017☆1週前追い切り!実績馬の気配は!?

スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
今回は秋のマイル王決定戦、
G1マイルCSの1週前追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!
Twitterボタン

G1マイルCS・1週前追い切り情報
【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

※10/2より平場同様に★評価を0.5単位へと細分化します。

11/1 南W(80.6)65.1‐12.7 強目
11/8 南W   65.9‐12.5 強目

評価:★4.51週前追い切り南W65.9‐12.5強目。強目での追い切り、大外を周回して南W5F全体11番時計の好タイムを記録。2週前にも6Fから外を周回して南W5F全体4番時計の破格の好タイムを記録しているし文句なしの好気配。前走京成杯AHでは4着と敗れはしたが、先行勢には厳しい展開だったしトップハンデの58キロを背負っていたことも考えれば内容は悪くない。京都は初めてではあるが、急坂のない京都コースはプラスに出そう。今回の気配はかなり良いし人気薄でも警戒が必要な一頭で。

11/8 南W(80.4)64.7‐12.7 馬なり

評価:★4.51週前追い切り南W(80.4)64.7‐12.7馬なり。馬なりでの追い切りで南W5F全体3番時計、終いも12.7と好タイムを記録。自己ベストに匹敵するほどの時計、併せ馬のディバインコードを追走して突き放すなど抜群の動き。前走富士Sでは久々&トップハンデの斤量58キロでも2着と好走。今回一度使われて状態を上げてきているのは追い切りを見ても間違いなし。今レースは一昨年3着、昨年2着と実績のあるレース。今年にかける思いも高いはず。ここで久々のG1制覇といきたいところ。
ペルシアンナイト

11/9 栗CW(81.0)65.4‐11.4 一杯

評価:★4.51週前追い切り栗CW(81.0)65.4‐11.4一杯。一杯での追い切りで栗CW5F全体24番時計を記録。全体時計も好タイムだが、終いはなんと11.4とすごく魅力的な時計。前走富士Sでの1週前追い切りでも栗CW終い11.2と滅多に見られない時計を記録していて気配は間違いなく良好。前走は2番人気5着と期待を裏切る結果にはなったが、久々&初の古馬相手、重馬場と条件的にも厳しいものがあった。こちらの馬も一度使われて状態を上げてきているし、前走に引き続きデムーロ騎手が騎乗で今度こそはやってくれそうな気配。3歳馬でも要注意の存在。
グランシルク

11/9 南W 66.7‐12.0 一杯

評価:★4.01週前追い切り南W66.7‐12.0一杯。一杯での追い切りで終い12.0と抜群の伸びを披露。前走富士Sでは9着と敗れはしたが、いつもの末脚を見せられず、やはり重馬場が応えてしまったよう。今メンバーで持ち時計も上位、通用する力は十分にあるし、前走の敗戦で人気落ちするのなら面白い存在。最終追い切りの動きにも要注意で。
ガリバルディ

11/1 栗CW 66.0‐11.9 強目
11/8 栗CW 64.0‐12.0 馬なり

評価:★4.01週前追い切り栗CW64.0‐12.0馬なり。馬なりでの追い切りで栗CW5F全体1番時計の破格の好タイムを記録。2週前にも良い動きを見せていて気配良好。前走富士Sでは敗れはしたが、2走前の京成杯AHで11番人気2着と好走。ここ最近は調教でも良い動きを見せていて状態を上げているのは間違いなし。京都での実績もあるし決して侮れない一頭で。
ウインガニオン

11/9 栗坂 50.8‐12.6 強目

評価:★3.51週前追い切り栗坂50.8‐12.6強目。強目での追い切りで栗坂全体2番時計を記録。今回3ヶ月ぶりと間隔は空いたが、1週前の動きを見る限り状態は段々と良くなっている印象。3連勝のあとの関屋記念でも2着と好走。最近の充実度はかなり高いし、最終追い切りであと一本負荷のかかった良い追い切りを見ることができれば面白い存在になりそう。
クルーガー

11/8 栗坂 52.4‐12.2 一杯

評価:★3.51週前追い切り栗坂52.4‐12.2一杯。一杯での追い切りで全体&終いで良い動きを披露。今回中3週でもしっかりと負荷をかけて追い切りされていて疲れの心配は必要なし。前走富士Sは休み明けでのレースで上がり最速の11番人気3着と好走。骨折で1年間を棒に振ってしまったが、順調に回復を見せている印象。骨折前のマイラーズCではG1馬のダノンシャークにも勝利していて通用する力は十分にあり。一度使われての上積みもありそうで今回も警戒が必要で。
レッドファルクス

11/8 南W(82.0)66.1‐13.2 一杯

評価:★3.01週前追い切り南W(82.0)66.1‐13.2一杯。6Fから一杯での追い切り、終いは少し時計を要したが全体66.1は好タイム。前走G1スプリンターズSを見事勝利。今回2Fの距離延長で得意距離とは言えないが、2走前のマイル戦・安田記念で3着と好走しているし適性はあるはず。1週前にしっかりと追い切りされたことで状態をさらに上げられればかなり良い状態で出走できそう。最終追い切りの動きには要注意。
サトノアラジン

11/12 栗坂 55.5‐12.5 馬なり

評価:★3.012日に栗坂55.5‐12.5馬なり。馬なりでの追い切り、全体的に軽目の内容だが終いは12.5と上々の動きを披露。前走天皇賞秋は不良馬場で18着と大敗。重馬場は得意ではないしこの成績は特に気にする必要はなし。末脚は素晴らしいものありで展開次第では今レースでも注目の存在。あとは今回どこまで疲れを回復させることができるか、最終追い切りの動きに注目したい。
サングレーザー

11/9 栗坂 59.7‐12.8 馬なり

評価:★3.01週前追い切り栗坂59.7‐12.8馬なり。馬なりでの追い切り、今回中2週でのレース、間隔も詰まっているし軽目の追い切り内容。現在4連勝中、いずれも上がり最速を記録するなど勢いは文句なし。ただ間隔も詰まっているしどこまで状態を上げてこられるか。最終追い切りの負荷&時計には要注目で。
エアスピネル

11/8 栗坂 53.5‐12.4 一杯

評価:★2.51週前追い切り栗坂53.5‐12.4一杯。一杯での追い切り、特別悪い動きではないがこの馬にしては平凡な時計。また併せ馬にも遅れをとるなど普段とは少し違った内容。中3週、前走の重馬場が応えて疲れがまだ少し残っている感もあり。京都は(2.1.0.0)と相性は良く、舞台は文句ないし今回も当然要注意の存在ではあるが、最終追い切りでも同様の動きなら割引も必要か。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^