平場予想

G3武蔵野S2017☆予想!

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!
Twitterボタン

今回はG3武蔵野Sの好調教馬・予想を公開していきます。

↓各重賞の追い切り情報は下記で公開しています↓

[kanren postid=”9032″]
[kanren postid=”9029″]
[kanren postid=”9038″]
[kanren postid=”9027″]

上記の記事で本命候補になったのは、
・サンライズノヴァ
・モーニン
・サンライズソア
上記の3頭。

モーニン&サンライズソアは栗坂での最終追い切り。

モーニンは、最終追い切り栗坂51.9‐11.9一杯。一杯での追い切りで栗坂全体51.9、そして終いは11.9と抜群の伸びを披露。1週前も栗坂全体1番時計を記録、この時計は内を周回してのものらしいが、それを考慮してもこの全体48.2という数字は魅力。ここ最近は以前ほどの結果を残せていないが、今回の追い切りを見る限りでは復調気配も見られる好気配。東京コースも4勝している得意舞台、復活に期待したい。

サンライズソアは、最終追い切り栗坂51.4‐12.5馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂全体10番時計の好タイムを記録。1週前も栗CWで大外を周回して良い動きを見せていて中2週でも疲れも見せず気配良好。ユニコーンSでは勝ち馬に1.0秒差と離されてしまったが、続くレースでは古馬相手にも好走を見せているし重賞のここでも通用する力は十分にあり。東京も(1.0.2.0)と得意コース。斤量も55キロで出走可能と魅力。こちらも要注意で。

サンライズノヴァは、最終追い切り栗坂52.9‐12.4一杯。一杯での追い切りで併せ馬のダノンリバティを突き放す良い動き。2週前には一杯で栗坂全体51秒台、1週前にも栗坂で好タイムを記録。中3週でもしっかりと追い切りされていて好気配。3走前のユニコーンSでは東京1600mの舞台で上がり最速で圧勝するなど素質はかなりのもの。一度使われて状態も上がっているし今回要警戒の一頭で。

上記の理由により本命は、サンライズノヴァで勝負します!

では2番手以降の評価も見ていきます。
※昨年から重賞では★=中穴 ☆=大穴と分類することにしました。レースによっては該当馬なしの場合もありますのでご注意下さい。

G3武蔵野S・予想

サンライズノヴァ

モーニン

サンライズソア

ブラゾンドゥリス

ピオネロ

カフジテイク

ベストウォーリア

各馬のコメントは追い切り記事で紹介しています!