重賞予想

G2アルゼンチン共和国杯2017☆予想!東京平場レースも紹介!

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!
Twitterボタン

今回はG2アルゼンチン共和国杯と東京平場レースの好調教馬・予想を公開していきます。

↓各重賞の追い切り情報は下記で公開しています↓

[kanren postid=”9004″]
[kanren postid=”8968″]
[kanren postid=”8999″]
[kanren postid=”8986″]

上記の記事で本命候補になったのは、
・サラトガスピリット
・スワーヴリチャード
・セダブリランテス
上記の2頭。

サラトガスピリット&スワーヴリチャードは栗CW、セダブリランテスは南Wでの最終追い切り。

サラトガスピリットは、最終追い切り栗CW(83.5)66.9‐11.6一杯。6Fから一杯で追い切りされて終い11.6と抜群の動き。1週前には7Fから強目で追い切りされて栗CW5F全体4番時計の好タイムを記録。今回終いもしっかりと動けているし、2週共に外を周回しての内容で文句なしの気配。ここ2戦は連続11着と惨敗しているが、追い切りの動きを見る限り通用する力は十分にあるし、ハンデ戦で斤量53キロで出走できるのは魅力。今の気配なら人気薄でも警戒が必要で。

セダブリランテスは、最終追い切り南W67.8‐12.8強目。強目での追い切りで全体的に良い動き。1週前の内容もかなり良かったし、4ヶ月ぶりの久々を感じさせない好仕上がり。現在3戦3勝、この2500mという距離は未知ではあるが、血統を見ても距離延長は十分に対応できそう。現在3戦3勝と底を見せていないだけに非常に気になる存在で。

上記の理由により本命は、スワーヴリチャードで勝負します!

では2番手以降の評価も見ていきます。
※昨年から重賞では★=中穴 ☆=大穴と分類することにしました。レースによっては該当馬なしの場合もありますのでご注意下さい。

G2アルゼンチン共和国杯・予想

スワーヴリチャード

セダブリランテス

アルバート

サラトガスピリット

トルークマクト

レコンダイト

各馬のコメントは追い切り記事で紹介しています!

続いて重賞以外の平場レースも見ていきます。

さっそく見ていきましょう。

5日開催平場レース好調教馬

※今回から評価の表記を変更しました。
意味合い的には今までとほぼ同じですが、
もっと細かく評価をすることで狙い目本命馬と狙い目穴馬を区別することが狙いです。

☆評価の見方☆
※注=調教プレミアム馬
◎:本命サイド 推奨評価:S>A>B
☆:穴 サイド 推奨評価:S>A>B
【総=総合評価】:★2.0~★5.0
《調=調教評価》:★2.0~★5.0
《α=実績評価 》:★2.0~★5.0

《東京開催レース好調教馬》
【東京2R】

カエデ(美坂)
【総合:★4.0】本命推奨:
《調:★4.0 / α:★4.5》

カエデは、最終追い切り美坂52.8‐13.2馬なり。馬なりでの追い切りで美坂全体12番時計の好タイムを記録。併せ馬の格上のオープン馬にもヒケをとらない抜群の動き。前走初ダートで3着、他の上位2頭はいずれも勝ち上がっていてここで力上位は間違いなし。気配も引き続き良いしここは有力で。

【東京5R】

フローズン(南W)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★3.5》

フローズンは、最終追い切り南W66.5‐13.3馬なり。馬なりで5F全体25番時計の好タイムを記録。まだまだ幼い面があるらしいが調教を見る限り素質は十分にあり。おそらく人気薄だろうし、初戦から目をつけておきたいところ。

【東京7R】

マンゴジェリー(南W)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★3.0》

【東京8R】

ルネイション(南W)
【総合:★4.0】本命推奨:
《調:★4.0 / α:★3.5》

ルネイションは、最終追い切り南W(81.7)66.3‐12.7一杯。6Fから一杯での追い切り、外を周回して好タイムを記録。負荷もしっかりとかけられていて中3週でも気配良好。ここでは力上位、気配も良好で要注目。

オンタケハート(美坂)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★3.0》

【東京9R】

ギャンブラー(南W)
【総合:★4.0】穴推奨:
《調:★4.0 / α:★3.5》

【東京10R】

注☆人気ブログランキングへ→1(南W)
【総合:★4.5】穴推奨:
《調:★4.5 / α:★3.5》

人気ブログランキングへ→1は、最終追い切り南W(81.8)66.5‐12.5馬なり。馬なりで大外を周回してかなりの好タイムを記録。併せ馬のエピカリスも煽るほどの抜群の動き。昇級戦で相手は強くなるが、追い切り通りの動きが出来ればチャンスも十分にありそう。このクラスでも通用する力はありそうなだけに警戒しておきたいところ。