G2アルゼンチン共和国杯2017☆1週前追い切り!注目は?

スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
今回は芝2500m、注目のハンデ重賞の、
G2アルゼンチン共和国杯の1週前追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!
Twitterボタン

G2アルゼンチン共和国杯・1週前追い切り情報
【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

※10/2より平場同様に★評価を0.5単位へと細分化します。

10/26 栗CW(96.3‐79.9)64.4‐12.3 強目

評価:★4.51週前追い切り栗CW(96.3‐79.9)64.4‐12.3強目。7Fから強目で追い切りされて栗CW5F全体4番時計の好タイムを記録。終いもしっかりと動けているし外を周回してのもので非常に良い内容だった。ここ2戦は連続11着と惨敗しているが、追い切りの動きを見る限り通用する力は十分にあるし、ハンデ戦で斤量も軽量で出走できるのは魅力。最終追い切りでも良い動きを見ることが出来れば、休み明けでも警戒しておきたい一頭で。

10/25 南W 66.0‐12.3 強目

評価:★4.51週前追い切り南W66.0‐12.3強目。強目での追い切りで南W5F全体5番時計、終いも12.3と良い伸び。今回4ヶ月ぶりのレースにはなるが、1週前でしっかりと動けているし、最終追い切りであと一本良い追い切りを見ることが出来れば良い状態で出走できそう。現在3戦3勝、この2500mという距離は未知ではあるが、けっとうを見ても距離延長は十分に対応できそう。現在3戦3勝と底を見せていないだけに非常に気になる存在で。
アルバート

10/26 南W 67.8‐12.5 馬なり

評価:★4.01週前追い切り南W67.8‐12.5馬なり。馬なりでの追い切りで全体&終いで良い動き。今回中5週でのレース、引き続き気配良好。ステイヤーズSを連覇、昨年の今レースでも2着と好走していて実績&コース適性もまったく問題なし。ただ今回気になるのはハンデ。ダイヤモンドSでは58キロで勝利しているしそこまで気にする必要はないかもしれないが、今回それよりも重たいハンデがつきそうでこれに対応できるか。
トルークマクト

10/25 南W   ‐13.1 馬なり

評価:★3.51週前追い切り南W終い13.1馬なり。馬なりで大外を周回して終いで良い動きを披露。中2週でもしっかりと動けていて好印象。ここ最近は結果を残せていないが、今回ハンデ戦で斤量も53キロで出走できそうなのは当然魅力。東京コースとの相性も良いし、現時点での動きを見ても調子が良いのは間違いなし。注意しておきたい存在で。
スワーヴリチャード

10/26 栗CW(84.1)67.6‐11.8 強目

評価:★3.51週前追い切り栗CW(84.1)67.6‐11.8強目。6Fから強目での追い切りで終い11.8としっかりとした良い動き。共同通信杯1着、ダービー2着、東京成績は(1.2.0.0)と好相性。今回初の古馬相手だが通用する素質は十分にあるし、鞍上もデムーロ騎手と心強い。ただ今回5ヶ月と間隔が空いているだけにあともう一本良い動きの追い切りが見たいところ。
レコンダイト

10/25 栗坂 52.9‐13.1 一杯

評価:★3.01週前追い切り栗坂52.9‐13.1一杯。一杯での追い切り、特別速い時計ではないが、中3週でもしっかりと一杯で追い切りされているのは好印象。昨年の今レースでは結果を残せていないが、目黒記念で好走も見せているしこの舞台の相性は決して悪くないはず。ここ3戦は連続5着だが、勝ち馬との差はそこまでないし、今回ハンデも55キロで出走できそう。注意しておきたい。
プレストウィック

10/25 南W 71.1‐13.2 一杯

評価:★3.01週前追い切り南W71.1‐13.2一杯。一杯での追い切り、外目を周回してのもので内容は悪くないが、今回2ヶ月ぶりのレースでまだ動きは本調子ではない印象。前走丹頂Sで勝利してからの参戦、勢いもありそうで当然警戒はしておきたい。1週前に一杯で追い切りされてどこまで変われるか、最終追い切りの動きに注目で。
タッチングスピーチ

10/26 栗CW(85.5)70.3‐13.1 馬なり

評価:★2.51週前追い切り栗CW(85.5)70.3‐13.1馬なり。馬なりで軽目の追い切り内容。間隔が空いた割にそこまで負荷がかけられていない点は少し気になるところ。まだ復調気配も見えないし1週前現時点ではそこまで評価できないところ。最終追い切りでどこまで状態を上げてこられるか。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^