最終追い切り

G2スワンS2017☆最終追い切り!注目馬の気配は!?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
今回は勝ち馬にマイルチャンピオンシップ優先出走権が与えられる、
G2スワンSの最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!
Twitterボタン

G2スワンS・最終追い切り情報

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

※10/2より平場同様に★評価を0.5単位へと細分化します。

10/18 栗CW(83.3)66.2‐12.0 馬なり
10/25 栗CW(83.7)66.8‐11.8 馬なり

評価:★4.5最終追い切り栗CW(83.7)66.8‐11.8馬なり。6Fから馬なりでの追い切り、今週は全体的に時計がかかっていた中で全体&終いで好タイムを記録。特に終いは11.8と素晴らしい伸び。1週前にもしっかりと動いて好タイムを記録しているし、間隔が空いた今回も好仕上がりと考えて良い。今回前走より2Fの距離短縮で初の1400mと不安要素はあるが、ここ最近は前につけて成績も安定してきているしチャンスも十分にありそう。得意の京都コース、鞍上も武豊騎手と魅力。オッズの妙味もありそうで今回非常に面白い一頭。

10/19 栗坂 54.3‐12.7 強目
10/25 栗CW(80.7)64.2‐12.1 一杯

評価:★4.5最終追い切り栗CW(80.7)64.2‐12.1一杯。6Fから一杯での追い切り、大外を周回して栗CW5F全体3番時計と破格の好タイムを記録。前走中京記念では11着と惨敗したが、2走前の安土城Sでは14番人気2着と激走。京都1400mの舞台は好条件。今回外目の枠になってしまったが、安土城Sでも7枠14番で好走しているしそこまで気にする必要はなし。今週は雨の影響も心配されるが、今週の調教で重馬場の中でしっかりと動けていたのは魅力。人気もしないだろうしこちらも面白い。
ヒルノデイバロー

10/18 栗CW(85.3)69.3‐12.3 馬なり
10/25 栗坂 53.4‐13.0 強目

評価:★4.5最終追い切り栗坂53.4‐13.0強目。強目での追い切り、今回そこまで負荷はかけられていないが、動きも良く気配良好。中2週でのレース、前走オパールSでの調教は抜群の内容で9番人気2着と結果も残してくれた。相手は強化されるが、今年の阪急杯・阪神1400mで上がり最速の2着と好走、4走前の京王杯SCでも4着と善戦しているし重馬場も問題なさそう。通用する力は十分にあるし、オッズの妙味もあり。こちらも警戒しておきたい。
ムーンクレスト

10/18 栗CW(81.7)66.3‐12.3 馬なり
10/25 栗CW(81.8)65.6‐12.6 一杯

評価:★4.0最終追い切り栗CW(81.8)65.6‐12.6一杯。6Fからの追い切りで栗CW5F全体65.6と好タイムを記録。1週前の動きも良かったし中3週でも疲れも見せず気配良好。前走ポートアイランドSでは重賞勝利経験もあるマイネルハニーに見事勝利。今回の追い切りの内容を見ても好調維持、力をつけてきているのは間違いなし。距離は違うが京都は3勝している相性の良い舞台。今の勢いなら人気薄でも警戒しておきたい。
レッツゴードンキ

10/18 栗坂 56.9‐12.9 馬なり
10/25 栗坂 55.3‐12.0 強目

評価:★3.5最終追い切り栗坂55.3‐12.0強目。強目での追い切りで栗坂終い12.0と抜群の伸び。今回そこまで負荷はかけられていないが、中3週で叩き2戦目ならまったく問題なし。前走スプリンターズSでは5番人気2着と好走、今回1Fの距離延長にはなるが、年明けの京都牝馬Sで京都1400mを勝利しているし舞台に不安なし。斤量も54キロで出走可能、相手関係も前走より楽になるし今回も当然有力の存在で。
セイウンコウセイ

10/18 南W   ‐12.8 馬なり
10/25 南W 67.4‐12.6 馬なり

評価:★3.5最終追い切り南W67.4‐12.6馬なり。馬なりでの追い切りで全体&終いで好タイムを記録。1週前の終いの動きも良かったし、一度使われて気配も上げてきた印象。前走スプリンターズSでは3番人気11着と大敗。内容は物足りなかったが、調教ではしっかりと動けているし調子は悪くないはず。京都は(2.1.0.0)と相性も文句なし。ただ今回斤量が58キロのトップハンデと厳しい。気配は良いがどこまでやれるか。
ミスエルテ

10/19 栗CW 66.3‐12.0 一杯
10/25 栗CW 66.1‐11.8 強目

評価:★3.5最終追い切り栗CW66.1‐11.8強目。強目での追い切りで終い11.8と良い伸び。今回半年ぶりのレースでまだまだ良化の余地はあるが、1週前の動きも良かったし調子は上げてきている印象。。前走は入れ込みもありで7着。ここ最近はなかなか結果が出せていないが、ファンタジーSでのあの末脚は見事だったし当然高い素質があるのは間違いなし。斤量も52キロで出走可能、軽視はできない。
カラクレナイ

10/18 栗CW(86.2)70.0‐12.1 馬なり
10/25 栗CW(82.3)66.0‐12.3 馬なり

評価:★3.5最終追い切り栗CW(82.3)66.0‐12.3馬なり。馬なりでの追い切り、大外を周回して全体&終いで好タイムを記録。中5週でもしっかりと追い切りされて気配は上がってきた印象。ここ2戦は2桁着順続きと大敗、距離も少し長かった印象もあるし、距離短縮はプラス。今回再びデムーロ騎手に乗り替わるのも魅力で当然侮れない存在で。
ジューヌエコール

10/12 栗坂 53.7‐12.5 馬なり
10/18 栗CW(83.2)66.6‐12.6 馬なり
10/25 栗坂 51.7‐12.6 一杯

評価:★3.0最終追い切り栗坂51.7‐12.6一杯。一杯での追い切りで栗坂全体51.7と好タイムを記録。今回4ヶ月半の休み明け、少し急仕上げの印象はあるが、最終追い切りの動きは良かったしこの一本で変わってくれれば。前走函館スプリントSでは見事レコード勝ちするなど力の高さを見せた。今回も斤量52キロで出走可能となれば当然警戒は必要。
サングレーザー

10/19 栗芝(85.2)68.7‐13.3 馬なり
10/22 栗坂 53.0‐13.6 一杯
10/25 栗坂 58.8‐12.3 馬なり

評価:★3.0最終追い切り栗坂58.8‐12.3馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.3と良い伸び。終いの動きは良かったし出来落ちはなさそう。ただ今回中5週の割に追い切り内容が軽いのが少し気になるところ。現在3連勝中でいずれも上がり最速を記録するなど勢いもあるし当然警戒は必要だが、主戦騎手も今回乗り替わり。勢いで4連勝と行きたいところだが。
キャンベルジュニア

10/19 南W(85.2)69.6‐13.2 馬なり
10/25 南W   ‐13.0 一杯

評価:★3.0最終追い切り南W終い13.0一杯。上がり中心で一杯での追い切り。動き自体は悪くないが、今回5ヶ月半の休み明けでも少し負荷のかかった追い切りが見たかったところ。前走京王杯は3番人気11着と大敗。今回も雨の影響が気になるし、気配の面でもそこまでは推せない印象で。