最終追い切り

G1天皇賞秋2017☆最終追い切り!評価大幅UPは!?

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
今回は中距離の頂点を決める大レース、
G1天皇賞秋の最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!
Twitterボタン

G1天皇賞秋・最終追い切り情報

【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

※10/2より平場同様に★評価を0.5単位へと細分化します。

10/12 南W 67.1‐12.8 馬なり
10/19 南W 68.2‐12.9 一杯
10/26 南W   ‐12.1 馬なり

評価:★4.5最終追い切り南W終い12.1馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.1と抜群の伸びを披露。海外明けの半年ぶりのレースではあるが2週前に好タイムを記録、1週前にも一杯でしっかりと追い切りされていて負荷もかけられていて仕上がり良好。中山記念勝利後のクイーンエリザベスⅡ世カップでも勝利するなど、こちらも今年は充実した内容。2000mは5勝している得意舞台。重馬場も得意。この動きならいきなり有力で。

10/12 栗CW(80.6)64.9‐12.4 強目
10/19 栗CW(81.3)65.9‐12.1 一杯
10/25 栗CW(86.3)69.9‐12.4 馬なり

評価:★4.5最終追い切り栗CW(86.3)69.9‐12.4馬なり。6Fから馬なりでの追い切り、今週は速い時計を出してこなかったが、2週前&1週前に6Fから追い切りされて抜群の動きを見せていたし気配は文句なし。今回再度2ヶ月の休み明けにはなるが、状態は変わらず良い感じ。昨年の今レースでは15着と大敗しているが、金鯱賞を2連覇(※開催時期変更)しているし左回りの2000mの舞台も今なら問題なし。有馬記念では上がり最速の4着、G1に昇格した大阪杯では強敵相手に上がり2位の脚で3着と激走していて、ここ最近の充実度はかなり高い。今回も引き続き気配良好、要注意で。
ソウルスターリング

10/18 南W 71.1‐12.9 馬なり
10/25 南W 65.7‐12.5 G前

評価:★4.5最終追い切り南W65.7‐12.5G前。ゴール前で強く追い切りされて南W5F全体2番時計と自己ベストを大幅に更新する好タイムを記録。前走毎日杯では1番人気ながら8着と大敗。ただ普段とは違うハナでのレース、初の古馬相手で良い経験にもなったはず。今回も斤量54キロで出走可能。今回の最終追い切りは外を周回してのもので中身も非女王に濃かった。これだけ動けるあたり調子はかなり良さそう。調教の動きを見ても通用する力は十分にあり。前走の敗戦で人気も落としそうだし今回面白い一頭になりそう。
リアルスティール

10/20 栗坂 56.4‐13.1 馬なり
10/25 栗坂 52.4‐12.2 強目

評価:★4.0最終追い切り栗坂52.4‐12.2強目。強目での追い切りで全体&終いで抜群の動き。前走と比べると時計が出ていないように見えるが、今週は重馬場で時計もかかっていたし、この中で終い12.2を記録できるあたり調子は引き続き良好。前走毎日王冠では本命馬として指名して見事勝利。今回デムーロ騎手から乗り替わりとなるが馬自体の調子は間違いなく良いし、今回一度叩かれて調子も上げている印象、当然警戒しておきたい。
ロードヴァンドール

10/18 栗CW(83.2)66.6‐11.9 一杯
10/25 栗CW(80.9)64.3‐12.1 一杯

評価:★4.0最終追い切り栗CW(80.9)64.3‐12.1一杯。6Fから一杯での追い切りで栗CW5F全体3番時計の好タイムを記録。全体的に時計がかかっていた栗CWの重馬場でもこれだけの時計を出せるのは当然魅力。1週前にも6Fから一杯で追い切りされて終い11.9と良い伸びを見せていたし、2ヶ月の休み明けでも仕上がり良好。東京は初めてだが、金鯱賞で2着と好走していて左回り、距離の相性も問題なし。もう少し内目の枠が良かったところだが、この気配なら注意しておきたい。
サトノクラウン

10/12 南W 67.3‐12.8 馬なり
10/19 南W(85.0)69.2‐13.2 一杯
10/26 南W   ‐13.0 G前

評価:★3.5最終追い切り南W終い13.0G前。上がり中心の追い切り、特別速い時計ではないが上々の動き。元々調教でそこまで動いてくる馬でもないし、2週前&1週前の動きも良かったし、特に問題ない仕上がりと考えて良さそう。天皇賞秋は17着、14着と相性は良くないが、このコースの適性も悪くないはず。前走みたいにスタミナのいる馬場での開催なら期待度もさらにアップで。
サトノアラジン

10/22 栗坂 55.9‐12.7 馬なり
10/25 栗CW 68.6‐11.8 馬なり

評価:★3.5最終追い切り栗CW68.6‐11.8馬なり。馬なりでの追い切り、重馬場でも終い11.8としっかりと動けているし気配良好。前走毎日王冠ではまだまだ余裕残しの仕上げだった印象だが、それでも上がり最速の2着と好走。斤量もトップハンデの58キロだったことを考えればかなりの好内容。今回久々の2000m戦と距離の面で少し不安要素はあるが、3歳の時に2000m戦で連勝経験もあるし適性は悪くないはず。こちらも一度使われて状態も上げてきている印象あり、警戒しておきたい一頭。
ステファノス

10/18 栗CW(84.6)68.0‐11.9 強目
10/25 栗芝 66.9‐12.0 強目

評価:★3.0最終追い切り栗芝66.9‐12.0強目。強目での追い切り、調教内容は軽目だが動きは上々。今回そこまで負荷はかけられていないが、一度叩かれてのレースでその点は特に気にする必要もなし。前走オールカマーでは正直調教の内容も軽かったし軽視していたが、そこで久々ながら2着と好走。今回の追い切りの動きは前走よりも良いし、一度叩かれて上積みも十分。今レースは一昨年2着、昨年3着、またいずれも上がり最速を記録して激走していて、舞台適性は文句なし。状態も上げて来ているし今年も有力の一頭で。
グレーターロンドン

10/19 美坂 59.8‐13.6 馬なり
10/25 南W   ‐12.6 馬なり

評価:★3.0最終追い切り南W終い12.6馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.6と良い伸び。中2週ではあるが疲れも見えず気配は引き続き良い感じ。調整不足だった安田記念で4着と善戦、前走毎日王冠では3着だったものの上がり最速を記録していたし内容は良かった。今回さらに1Fの距離延長にはなるが、過去2200mで2着の経験もあり、前走の内容を見る限り2000mも十分に対応可能な印象。過去平場レースで何度も好調教馬として紹介、複勝圏内を外したのは安田記念の4着のみと秘めている素質はかなりのものあり。今回相手も強いがチャンスは十分にありで。
シャケトラ

10/18 栗CW(83.6)67.1‐11.6 馬なり
10/25 栗芝 72.7‐12.4 馬なり

評価:★3.0最終追い切り栗芝72.7‐12.4馬なり。馬なりでの追い切り、1週前にしっかりと追い切りされているし負荷はそこまで必要ないのかもしれないが、やはり4ヶ月の休み明けとなるとやはりあと一本負荷のかかった追い切りが見たかったところ。前走宝塚記念では4着、一級品のメンバー相手でも十分に通用可能なところを見せてくれたし注意はしておきたいが、調教ではそこまで推せない印象で。
キタサンブラック

10/7  栗CW(83.3)66.3‐11.5 一杯
10/12 栗CW(78.9)65.0‐12.5 馬なり
10/18 栗CW(95.8‐80.4)66.0‐12.5 G前
10/25 栗CW(83.7)68.1‐12.7 G前

評価:★3.0最終追い切り栗CW(83.7)68.1‐12.7G前。6Fからの追い切りで軽目の調教内容。今回3週前から調教情報を記載しているが、過去のレースと比較しても今回は明らかに軽い調整内容。力上位は間違いないし、この距離で大阪杯で勝利していてコース適性は問題なし。当然無視できる存在ではないが、今回の仕上げは6~7割くらいの印象で本気度はそこまで高くない印象あり。この仕上げで好走できたなら有馬の期待も大きく膨らむがどうなるか。
マカヒキ

10/22 栗P 72.6‐13.4 馬なり
10/25 栗芝 67.9‐11.6 馬なり

評価:★2.5最終追い切り栗芝67.9‐11.6馬なり。馬なりでの追い切り、終いは11.6と数字上は良い時計ではあるが内目を周回してのもの。過去勝利したダービー時の追い切りの迫力は素晴らしいものがあっただけにここ最近の調教内容はイマイチな印象。距離延長はプラスだろうし無視はできないが、調教内容では推せる内容でないし今回も様子を見たい。