G3富士S2017☆最終追い切り!好調教馬は!?

スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
今回はマイルチャンピオンシップの前哨戦でもある、
G3富士Sの最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!
Twitterボタン
G3富士S・最終追い切り情報
【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

※10/2より平場同様に★評価を0.5単位へと細分化します。

10/4  栗CW(84.8)69.7‐11.6 一杯
10/12 栗CW(83.9)67.6‐11.2 一杯
10/18 栗CW(83.1)66.7‐11.7 馬なり

評価:★4.5最終追い切り栗CW(83.1)66.7‐11.7馬なり。6Fから馬なりでの追い切りで終い11.7と良い伸びを披露。2週前&1週前には6Fから一杯での追い切り、特に1週前の栗CW終い11.2のインパクトは大きい。前走ダービーでは7着、勝ち馬と0.5秒差と内容はそこまで悪くないがやはり距離が少し長かった印象もあるし、今回2勝しているマイルに戻るのはプラス材料と考えて良い。今回5ヶ月ぶりのレースと間隔は空いたが、しっかりと負荷もかけられて久々でも気配はかなり良い印象。鞍上もデムーロ騎手となれば当然警戒が必要で。

10/5  南W 68.5‐12.9 馬なり
10/12 南W 65.7‐13.3 強目
10/18 南W 67.1‐13.3 馬なり

評価:★4.5最終追い切り南W67.1‐13.3馬なり。馬なりでの追い切りで全体的に良い動きを披露。今週はそこまで負荷はかけられていない印象だが、1週前に南W5F全体7番時計の好タイムを外目を周回して記録。中5週でもしっかりと追い切りされていて好印象。前走京成杯AHで上がり最速の見事な勝利。過去のレース&調教を見てもかなりの素質を秘めていた馬、力はあるだけに前走の勝利をきっかけに重賞連勝と行きたいところ。相手は揃ったが、実績馬の多くは休み明けも多いのに対しこの馬は中5週で使えるのは魅力。東京も(2.2.2.3)と相性も良し。今の勢い&この仕上がりなら期待十分で。
イスラボニータ

9/27  南W(82.1)66.1‐12.7 馬なり
10/4  南W   66.8‐12.6 一杯
10/12 南W   キリ‐13.4 一杯
10/18 南W   66.1‐12.9 馬なり

評価:★4.0最終追い切り南W66.1‐12.9馬なり。馬なりでの追い切り、併せ馬には遅れてしまったが相手もかなり動いてきたしこの南W5F全体時66.1は南W5F全体10番時計の好タイム。まだまだ良化の余地はありそうな印象はあるが、仕上がりは悪くないし自分の力は出してくれそう。昨年同様の富士Sから始動、今年も昨年同様斤量はトップハンデの58キロと厳しいが昨年はそれでも2着と善戦しているし、今年も舞台に何の不安もなし。この気配なら当然警戒しておきたい。
クラリティシチー

10/12 南W(81.1)65.6‐12.6 一杯
10/18 南W     ‐12.7 一杯

評価:★4.0最終追い切り南W終い12.7一杯。一杯での追い切りで終い12.7と好タイムを記録。1週前には6Fから追い切りされて南W5F全体5番時計の好タイムを記録。前走宝塚記念では大敗してしまったが、相手も強いし参考外。今回4ヶ月ぶりとなるが、しっかりと負荷もかけて追い切りされているし調子自体は良さそう。東京の成績も悪くないし、前走の経験が糧になれば。オッズの妙味もありそうで面白い一頭で。
ジョーストリクトリ

10/4  栗CW(96.5‐81.1)65.7‐12.7 馬なり
10/12 栗CW   (81.1)65.7‐12.5 馬なり
10/18 栗CW(96.8‐81.4)66.9‐12.5 強目

評価:★3.5最終追い切り栗CW(96.8‐81.4)66.9‐12.5強目。7Fからの追い切りで全体&終いで良い動き。2週前&最終追い切りで7Fの長目からとしっかりと負荷をかけて追い切りされていて好印象。前走は距離も長かった、今回コースは違うがマイルでの重賞勝利経験もあり。通用する力はあるしこの気配なら決して侮れない。
ガリバルディ

10/12 栗CW(80.8)65.3‐12.7 馬なり
10/18 栗芝    68.3‐11.9 強目

評価:★3.5最終追い切り栗芝68.3‐11.9強目。強目での追い切り、最終追い切りは内を周回しての軽目の内容。ただ1週前に栗CWで6Fから追い切りされて好タイムを記録しているし中5週ならこれくらいで十分。前走休み明けの京成杯で2着と好走。今回の調教での動きも良いし一度使われて状態も上がってきている印象。左回りでは重賞勝利経験もあり。力をつけてきているし、今の勢いなら今回も決して侮れない。
クルーガー

10/4  栗坂 51.9‐12.3 一杯
10/12 栗坂 53.5‐12.2 一杯
10/18 栗坂 52.4‐12.4 一杯

評価:★3.0最終追い切り栗坂52.4‐12.4一杯。一杯での追い切り、今回6ヶ月ぶりと間隔は空いたが、3週続けて一杯で追い切りとしっかりと不可もかけられているし2週前から時計もだしていて気配は上々。前走マイラーズCでは10着と大敗、ただ骨折明けの長期休み明けでのレースで参考外。今回も再度間隔は空いたが、前走より状態が上がっているのは間違いなし。力はあるだけに注意が必要で。
エアスピネル

10/4  栗坂 54.5‐12.9 強目
10/12 栗坂 51.3‐12.7 一杯
10/18 栗坂 52.5‐12.2 一杯

評価:★3.0最終追い切り栗坂52.5‐12.2一杯。2週続けて一杯で追い切りされているのは好印象ではあるが、普段から時計を出してくる馬。今回1週前には終いで時計を要したし最終追い切りでは全体52.5とこの馬にしてはと言った時計。今回夏に使われて休みも比較的短く出走できるのは魅力だし、再度マイル戦へと距離短縮するのはプラス材料。ただ今回急仕上げ感もあるしまだまだ良化の余地はありそうな印象。力はあるし当然侮れないが。
ブラックムーン

10/12 栗CW(83.8)67.2‐12.6 一杯
10/18 栗CW(81.2)65.5‐13.2 一杯

評価:★3.0最終追い切り栗CW(81.2)65.5‐13.2一杯。6Fから一杯での追い切り、全体時計は1週前よりも速い時計を記録、ただ終いは13.2と時計を要したのは気になるところ。負荷はかけられているが気配はまだ発展途上と言ったところ。2走前の中京記念では上がり最速の3着と重賞でも通用するところを見せているし侮れない一頭ではあるが。
レッドアンシェル

10/4  栗CW(84.1)66.6‐12.6 強目
10/12 栗CW   69.6‐11.7 馬なり
10/18 栗坂    54.0‐13.0 馬なり

評価:★2.5最終追い切り栗坂54.0‐13.0馬なり。馬なりでの追い切り、動き自体は悪くないが、今回5ヶ月半ぶりの割に速い全体時計がなかったのは少し物足りないところ。今回久々で古馬相手となるとやはりそこまで強調できないところ。
サトノアレス

10/4  南W 70.5‐13.2 馬なり
10/12 南W 70.6‐13.2 馬なり
10/18 南W 69.5‐12.6 馬なり

評価:★2.5最終追い切り南W69.5‐12.6馬なり。馬なりでの追い切りで終いは12.6と良い動き。ただこちらも休み明けにもかかわらず全体時計で速い時計はなし。負荷の面を考えても今レースはそこまで本気度は高くなさそう。実績のあるマイル戦へと舞台が変わるのはプラスだが、調教の動きではそこまで推せない印象。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^