G3富士S2017☆1週前追い切り!注目はこの馬!

スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
今回はマイルチャンピオンシップの前哨戦でもある、
G3富士Sの1週前追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!
Twitterボタン
G3富士S・1週前追い切り情報
【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

※10/2より平場同様に★評価を0.5単位へと細分化します。

10/4  栗CW(84.8)69.7‐11.6 一杯
10/12 栗CW(83.9)67.6‐11.2 一杯

評価:★4.51週前追い切り栗CW(83.9)67.6‐11.2一杯。6Fから一杯での追い切りで終い11.2と破格の好タイムを記録。この終い11.2はなかなか見ることのできない時計でこの数字だけでもかなり魅力的。前走ダービーでは7着、勝ち馬と0.5秒差と内容はそこまで悪くないがやはり距離が少し長かった印象もあるし、今回2勝しているマイルに戻るのはプラス材料と考えて良い。今回5ヶ月ぶりのレースと間隔は空いたが、1週前でこの抜群の動き、最終追い切りであと一本良い動きを見ることができればかなり良い状態で出走できそう。鞍上もデムーロ騎手となれば当然警戒が必要で。

10/5  南W 68.5‐12.9 馬なり
10/12 南W 65.7‐13.3 強目

評価:★4.51週前追い切り南W65.7‐13.3強目。強目での追い切りで南W5F全体7番時計の好タイムを記録。またこの時計は外目を周回して記録したもの、中5週でもしっかりと追い切りされていて好印象。前走京成杯AHで上がり最速の見事な勝利。過去のレース&調教を見てもかなりの素質を秘めていた馬、力はあるだけに前走の勝利をきっかけに重賞連勝と行きたいところ。相手は揃ったが、実績馬の多くは休み明けも多いのに対しこの馬は中5週で使えるのは魅力。東京も(2.2.2.3)と相性も良し。今の勢い&この仕上がりなら期待十分で。
イスラボニータ

9/27  南W(82.1)66.1‐12.7 馬なり
10/4  南W   66.8‐12.6 一杯
10/12 南W   キリ‐13.4 一杯

評価:★4.01週前追い切り南W終い13.4一杯。全体時計はキリの影響で確認不能だったが、27日&2週前でしっかりと負荷をかけて追い切りされて好タイムを記録しているし気配は良好と考えて良さそう。昨年同様の富士Sから始動、今年も昨年同様斤量はトップハンデの58キロと厳しいが昨年はそれでも2着と善戦しているし、今年も舞台に何の不安もなし。現時点で気配は良さそう、あとは最終追い切りでそこまで仕上げてくるかに注目したい。
クラリティシチー

10/12 南W(81.1)65.6‐12.6 一杯

評価:★4.01週前追い切り南W(81.1)65.6‐12.6一杯。6Fから一杯での追い切りで5F全体5番時計の好タイムを記録。内目を周回してのものではあるが長目からしっかりと追い切りされているしこの時計ならまったく問題なし。前走宝塚記念では大敗してしまったが、相手も強いし参考外。今回4ヶ月ぶりとなるが、1週前からしっかりと負荷もかけられていて好気配。東京の成績も悪くないし、前走の経験が糧になれば。最終追い切りの動き次第では面白くなりそうな一頭で。
エアスピネル

10/4  栗坂 54.5‐12.9 強目
10/12 栗坂 51.3‐12.7 一杯

評価:★3.51週前追い切り栗坂51.3‐12.7一杯。一杯での追い切りで栗坂全体8番時計の好タイムを記録。終いは12.7とこの馬にしては時計を要しているが、全体時計はかなり良い時計だったし、1週前ならこれくらいで問題なし。今回夏に使われて休みも比較的短く出走できるのは魅力。前走札幌記念では5着、距離もやはりマイルの方が良さそうな印象で今回再度マイル戦へと距離短縮するのはプラス。1週前で一杯でに追い切りされたことでどこまで状態をあげられるか。最終追い切りの動きにも要注目で。
ガリバルディ

10/12 栗CW(80.8)65.3‐12.7 馬なり

評価:★3.51週前追い切り栗CW(80.8)65.3‐12.7馬なり。6Fから馬なりでの追い切りで栗CW5F全体65.7と好タイムを記録。前走休み明けの京成杯で2着と好走。今回の調教での動きも良いし一度使われて状態も上がってきている印象。左回りでは重賞勝利経験もあり。力をつけてきているし、今の勢いなら今回も決して侮れない。
クルーガー

10/4  栗坂 51.9‐12.3 一杯
10/12 栗坂 53.5‐12.2 一杯

評価:★3.01週前追い切り栗坂53.5‐12.2一杯。一杯での追い切りで終い12.2と良い伸びを披露。1週前には栗坂全体51秒台を記録しているしこちらも気配は上々。前走マイラーズCでは10着と大敗、ただ骨折明けの長期休み明けでのレースで参考外。今回も再度間隔は空いたが、前走より状態が上がっているのは間違いなし。力はあるだけに注意が必要で。
ジョーストリクトリ

10/4  栗CW(96.5‐81.1)65.7‐12.7 馬なり
10/12 栗CW   (81.1)65.7‐12.5 馬なり

評価:★3.01週前追い切り栗CW(81.1)65.7‐12.5馬なり。6Fから馬なりでの追い切りで全体&終いで良い動きを見せた。今回は内目を周回してのものだったが、2週前に7Fからしっかりと追い切りされているし5ヶ月ぶりでも気配は上々。前走は距離も長かったしコースは違うが、マイルでの重賞勝利経験もあり。最終追い切り次第では決して侮れない存在に。
レッドアンシェル

10/4  栗CW(84.1)66.6‐12.6 強目
10/12 栗CW   69.6‐11.7 馬なり

評価:★3.01週前追い切り栗CW69.6‐11.7馬なり。馬なりでの追い切りで終いは11.7と良い伸びを披露。動きは良いし状態は悪くなさそうだが、今回5ヶ月半ぶりのレース。やはりあと一本は速い時計の負荷のかかった追い切りが見たいところ。休み明けの古馬相手でどこまでやれるか。最終追い切り次第で。
ブラックムーン

10/12 栗CW(83.8)67.2‐12.6 一杯

評価:★3.01週前追い切り栗CW(83.8)67.2‐12.6一杯。6Fから一杯での追い切り、絶好の動きとは言えないものの動き自体は悪くない。前走関屋記念では15着と大敗。ただ2走前の中京記念では上がり最速の3着と重賞でも通用するところを見せているしここでも侮れない一頭。
サトノアレス

10/4  南W 70.5‐13.2 馬なり
10/12 南W 70.6‐13.2 馬なり

評価:★2.51週前追い切り南W70.6‐13.2馬なり。馬なりでの追い切り、大外を周回しての追い切りではあるが、3ヶ月ぶりで時計、負荷の面を考えても少し物足りない内容。実績のあるマイル戦へと舞台が変わるのはプラスだが、現時点ではそこまで強調はできない印象。最終追い切りでどこまで仕上げてくるか注目で。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^