G2府中牝馬S2017☆1週前&最終追い切り診断!

スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。
今回はエリザベス女王杯のステップレースでもある、
G2府中牝馬Sの1週前&最終追い切り情報です。

↓限定情報も発信中!フォローはこちら!
Twitterボタン
G2府中牝馬S・1週前&最終追い切り情報
【評価の見方】

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※★段階評価を採用!
(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!

 目安① ★1.0:悪い ★2.0:普通 ★3.0:上々 ★4.0:好気配 ★5.0:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

※10/2より平場同様に★評価を0.5単位へと細分化します。

9/28  栗坂 52.6‐12.9 一杯
10/4  栗坂 52.4‐12.6 馬なり
10/11 栗坂 50.6‐12.5 馬なり

評価:★4.5最終追い切り栗坂50.6‐12.5馬なり。馬なりでの追い切りで水曜の栗坂全体1番時計、自己ベストを更新する破格の時計を記録。前走クイーンSでは6着と敗れはしたものの、展開が向かなかったし参考外。2走前にはG1ヴィクトリアマイルを勝利するなど実力は屈指。今回夏に一度使われているし、追い切りの動きを見ても好調なのは間違いなし。1800m戦では2勝、当然有力の存在で。

10/4  南W 65.9‐13.0 馬なり
10/11 南W (※キリ)‐12.8 馬なり

評価:★4.5最終追い切り南W(キリ)‐12.8馬なり。全体時計はキリの影響で測定不能とのこと。ただ1週前に南W5F全体8番時計を外を周回して記録するなど抜群の動きを見せていたし、最終追い切りでも終い12.8を記録してくるあたり状態は休養前と同等もしくはそれ以上と考えて良さそう。以前から平場レースで好調教馬として何度紹介してきた馬で素質はかなりのものを秘めている印象。東京成績も(2.4.0.2)と好成績。昇級戦で当然相手は強化されるが今の気配ならチャンスは十分。
キンショーユキヒメ

10/5  栗CW(83.4)66.7‐12.0 一杯
10/11 栗CW(79.6)64.3‐11.7 一杯

評価:★4.5最終追い切り栗CW(79.6)64.3‐11.7一杯。6Fから一杯での追い切りで水曜の栗CW5F全体2番時計の好タイムを記録。こちらもここ最近平場で何度も好タイムを記録。ここ2走の500万&1000万レースで連勝と調教の動きが結果についてきていて本格化の兆しも見える抜群の気配。東京は初めてだが力をつけた今なら期待十分。今回オッズの妙味もありそう、面白い一頭で。
クイーンズリング

9/27  栗CW(83.1)66.9‐12.1 強目
10/4 栗CW(82.4)66.0‐11.7 馬なり
10/9 栗坂 53.6‐12.2 馬なり

評価:★4.0最終追い切り栗坂53.6‐12.2馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.2と良い伸び。1週前の動きも良かったし久々でも気配良好。昨年の今レースの覇者で、適性は文句なし。昨年もここを勝利して、続くエリザベス女王杯を勝利、今年も同様の展開に持っていけるか。こちらも当然有力で。
デンコウアンジュ

10/4  栗坂 52.2‐12.3 一杯
10/11 栗坂 54.0‐12.7 馬なり

評価:★3.5最終追い切り栗坂54.0‐12.7馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.7と良い伸び。1週前追い切りで一杯で追い切りされて全体&終いで良い動きをしていたし、4ヶ月ぶりでも仕上がりは上々。2走前のヴィクトリアマイルでは2着と激走。この時も上がり最速を記録しているし末脚が活かせる展開になれば期待も十分。こちらも侮れない一頭で。
トーセンビクトリー

10/4  栗CW(84.6)67.8‐12.1 引っ張りきり
10/11 栗坂 56.2‐12.7 馬なり

評価:★3.0最終追い切り栗坂56.2‐12.7馬なり。最終でも特別強調できるほどの時計ではないが、1週前の追い切りで併せ馬を大きく追走して先着するなど良い動きを見せているし調子は良さそう。前走クイーンSでは上がり最速で2着と好走。通用する力はあるし無視はできない。
クロコスミア

10/4  栗坂 52.4‐13.8 一杯
10/11 栗坂 55.1‐12.6 馬なり

評価:★3.0最終追い切り栗坂55.1‐12.6馬なり。終いでの動きは悪くないが、1週前の動きも含めてそこまで強調できるほどではない印象。前走の勝ち方は強かったが、どこまでやれるか。
ヴィブロス

9/21  栗CW(92.7‐77.7)64.2‐13.1 強目
9/28  栗CW(84.7)68.6‐12.1 一杯
10/5  栗CW(82.1)66.5‐11.9 強目
10/11 栗坂 54.7‐12.3 馬なり

評価:★3.0最終追い切り栗坂54.7‐12.3馬なり。馬なりでの追い切りで終いは12.3と良い伸び。前走ドバイターフでは見事勝利。ただ今回6ヶ月半ぶりのレース調教を見てもまだそこまで仕上げてきていない印象。実績上位は間違いないし当然警戒が必要だが、目標は次のエリザベス女王杯だろうし、ドバイ勝利で人気もするはず。この仕上げでどこまで通用できるか楽しみだが。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^