G2神戸新聞杯2017☆最終追い切り!評価を上げた馬は!?

スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

今回は3着内の馬に菊花賞への優先出走権が与えられる、
G2神戸新聞杯の最終追い切り情報です。

詳しい評価の目安は下記で記述していますのでご覧ください。

G2神戸新聞杯・最終追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※今回から★評価を採用!(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!
 目安① ★=1:悪い ★=2:普通 ★=3:上々 ★=4:好気配 ★=5:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

9/7  栗坂 50.7‐13.2 馬なり
9/13 栗坂 50.4‐12.8 一杯
9/21 栗坂 50.8‐12.8 一杯

最終追い切り栗坂50.8‐12.8一杯。一杯での追い切りで栗坂全体3番時計の好タイムを記録。今回2週前には栗坂全体2番時計、1週前は栗坂全体1番時計と3週続けてかなりハードな追い切り内容。3週続けて自己ベストを更新する好タイムを記録できるのは気配がかなり良い証拠。今回4ヶ月の休み明けにはなるが、夏を越してかなりの成長も感じる抜群の気配。前走ダービーでは6着と敗れはしたが勝ち馬とは0.4秒差と僅差、皐月賞では12番人気ながら3着と好走するなど通用する力は十分にあり。ここで何としても優先出走権をとりたいところで本気度も伺えるし、今回要注目の一頭で。

9/6  栗CW(80.3)64.0‐13.3 馬なり
9/13 栗CW(85.2)68.3‐12.2 馬なり
9/20 栗CW(83.2)67.7‐11.5 強目

最終追い切り栗CW(83.2)67.7‐11.5強目。6Fから強目での追い切りで終い11.5と抜群の伸びを披露。今回2週前に栗CWで6Fから追い切りされて5F全体1番時計を大外を周回して記録するなどしっかりと負荷をかけられていて好印象。こちらも4ヶ月の休み明けだが、しっかりと負荷もかけられているし、最終追い切りでもこの終いの良い動きを見ることができたし、今回良い状態で出走できそう。距離は違うが阪神での勝利経験もあり、前走の感じだと2400mの距離も問題なさそうだしこちらも有力の一頭で。

サトノアーサー ★★★★

9/7  栗CW(82.9)67.0‐11.6 一杯
9/14 栗CW(98.4‐82.7)67.6‐11.4 一杯
9/21 栗CW(83.1)67.0‐11.7 一杯

最終追い切り栗CW(83.1)67.0‐11.7一杯。6Fから一杯での追い切り、今週もしっかりと負荷をかけられて終い11.7と最後まで良い動き、伸びを見せてくれた。今回2週前から6Fからの追い切り、1週前には7Fの長目からとしっかりと乗り込まれているし4ヶ月の休み明けでも問題ない好仕上がり。前走のダービーは少し負けすぎな印象もあるが、末脚はかなり良いものを持っているしここでも十分に通用可能。阪神成績も(2.1.0.0)と文句なし。良馬場で末脚が活きる展開になれば非常に面白くなりそう。この気配ならいきなりもありそうで警戒しておきたい。

アドマイヤウイナー ★★★★

9/14 栗CW(81.9)65.4‐12.4 馬なり
9/21 栗CW(85.3)68.9‐12.1 馬なり

最終追い切り栗CW(85.3)68.9‐12.1馬なり。6Fから馬なりでの追い切りで終い12.1と良い動き。今週は速い全体時計は出して来なかったが中4週でのレースだし、1週前にしっかりと時計を出してきていて文句なしの気配。前走札幌日刊スポーツ杯では3着、人気を考えれば満足の結果ではないが久々の分を考えれば内容は決して悪くない。今回一度使われて状態を上げているのは追い切りの動きを見ても明らか。相手は強いが最終追い切りでも良い動きを見ることができたし、無視できない存在で。

メイショウテンシャ ★★★★

9/14 栗CW(81.3)66.0‐11.6 強目
9/21 栗CW(82.5)66.4‐11.9 一杯

最終追い切り栗CW(82.5)66.4‐11.9一杯。6Fから大外を周回して終始良い動きを見せた。1週前にも強目で追い切りされてきたし、中2週でもこれだけの負荷をかけてきた点は好印象。1800mまでは良績を残しているが前走2000mでは7着&8着。今回の2400mの距離には少し不安あり。ただ追い切りの動きを見る限りでは通用する力はありそうな印象。実績を考えると上位評価まではどうかだが、なんとしても権利を取りたい意欲も十分に伺えるし今回人気薄でも注意しておきたい。

キセキ ★★★★

9/13 栗芝(78.8)63.8‐12.9 馬なり
9/21 栗CW  67.2‐11.6 一杯

最終追い切り栗CW67.2‐11.6一杯。一杯での追い切り、外を周回して全体&終いで良い動きを見せた。今回中6週でのレース、1週前は軽目の追い切り内容だったが、最終ではしっかりと負荷もかけられて気配良好。500万、1000万と連続で上がり最速の勝利、毎日杯では皐月賞を制したアルアインと僅差の3着と通用する力は十分にあり。阪神の成績も良いし、鞍上も引き続きデムーロ騎手と魅力。当然警戒が必要。

ベストアプローチ ★★★

9/6  栗CW(81.9)65.4‐12.1  馬なり
9/13 栗芝 (※時計記載なし。) 馬なり
9/20 栗CW(84.6)69.0‐11.7 強目

最終追い切り栗CW(84.6)69.0‐11.7強目。6Fから強目での追い切りで終い11.7と好タイムを記録。1週前の内容は少し不安だったが、2週前の動きは良かったし、最終でもこれだけの動きを見せてくれて順調と判断。弥生賞&ダービーでは敗れたものの内で動けなかったし参考外と考えて良い。阪神2着の経験もあるし、距離も問題なし。この気配なら好勝負可能、警戒したい。

アダムバローズ ★★★

9/6  栗CW(80.9)65.8‐12.6 一杯
9/13 栗CW(82.1)66.4‐11.9 一杯
9/21 栗CW(85.9)69.0‐12.4 強目

最終追い切り栗CW(85.9)69.0‐12.4強目。6Fから強目での追い切りで終い12.4を記録。今回5ヶ月の休み明けで全体時計でそこまで速い時計をあまり出してきていないのは少し気になるが、動きは悪くないし、気配は上々。前走皐月賞では17着と大敗、正直物足りない内容ではあったが、今回は(1.1.0.0)の好成績を残している得意の阪神コース。舞台替わりでの一変に注意したい。

レイデオロ ★★★

9/6  南W 70.0‐12.8 馬なり
9/13 南W   ‐12.7 馬なり
9/21 南W 67.6‐12.7 馬なり

最終追い切り南W67.6‐12.7馬なり。馬なりでの追い切りで良い動きを見せた。最終の動きは良かったし気配は悪くなさそうだが、1週前には未勝利の馬に遅れを取ったし、今回4ヶ月の休み明けならやはりあと一本負荷のかかった追い切りが見たかったところ。2走前の皐月賞も同じ4ヶ月の休み明けで5着、今回初めての阪神コースでどうか。実力上位は間違いないし、当然無警戒とまではいけないが、今回本気度もそこまで高くなさそうな内容だし、調教からは特別強調はできない。

カデナ ★★★

9/13 栗坂 55.0‐12.8 一杯
9/21 栗坂 52.3‐12.7 強目

最終追い切り栗坂52.3‐12.7強目。強目での追い切り、終いは12.7と少し時計を要したが、動きは上々だった。ただこちらも4ヶ月の休み明けでのレース、この割に乗り込み本数も少なく急仕上げ感あり。重賞実績もあるし、阪神も得意で実績は十分だが、こちらも調教では特に評価できるほどではない印象。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^