G2神戸新聞杯2017☆1週前追い切り!実績馬の気配は!?

スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

今回は3着内の馬に菊花賞への優先出走権が与えられる、
G2神戸新聞杯の1週前追い切り情報です。

詳しい評価の目安は下記で記述していますのでご覧ください。

G2神戸新聞杯・1週前追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※今回から★評価を採用!(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!
 目安① ★=1:悪い ★=2:普通 ★=3:上々 ★=4:好気配 ★=5:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

9/7  栗坂 50.7‐13.2 馬なり
9/13 栗坂 50.4‐12.8 一杯

1週前追い切り栗坂50.4‐12.8一杯。一杯での追い切りで栗坂全体1番時計と破格の時計を記録。2週前も栗坂全体2番時計を馬なりで記録するなど絶好の動き。この2週の全体時計はいずれも自己ベストを更新するもの。今回4ヶ月の休み明けにはなるが、夏を越してしっかりと成長も感じる抜群の気配。前走ダービーでは6着と敗れはしたが勝ち馬とは0.4秒差と僅差、皐月賞では12番人気ながら3着と好走するなど通用する力は十分にあり。ここで何としても優先出走権をとりたいところで本気度も伺えるし、今回要注目の一頭で。

9/6  栗CW(80.3)64.0‐13.3 馬なり
9/13 栗CW(85.2)68.3‐12.2 馬なり

1週前追い切り栗CW(85.2)68.3‐12.2馬なり。6Fから馬なりでの追い切り、1週前は軽目の内容ではあったが終いは良い伸びを披露。ただ今回注目したいのは2週前の追い切り。栗CWで6Fから追い切りされて5F全体1番時計を大外を周回して記録するなどしっかりと負荷をかけられている点は好印象。こちらも4ヶ月の休み明けだが、しっかりと負荷もかけられているし、あと一本良い追い切りを見ることができれば良い状態で出走できそう。距離は違うが阪神での勝利経験もあり、前走の感じだと2400mの距離も問題なさそうだしこちらも有力の一頭で。

サトノアーサー ★★★★

9/7  栗CW(82.9)67.0‐11.6 一杯
9/14 栗CW(98.4‐82.7)67.6‐11.4 一杯

1週前追い切り栗CW(98.4‐82.7)67.6‐11.4一杯。7Fから一杯での追い切りで良い動きを披露。特に終いは11.4と抜群の伸び、負荷もしっかりとかけられていて気配はかなり良い。前走のダービーは少し負けすぎな印象もあるが、末脚はかなり良いものを持っているしここでも十分に通用可能。阪神成績も(2.1.0.0)と文句なし。良馬場で末脚が活きる展開になれば非常に面白くなりそう。最終追い切りの動きにも注目しておきたい。

アドマイヤウイナー ★★★★

9/14 栗CW(81.9)65.4‐12.4 馬なり

1週前追い切り栗CW(81.9)65.4‐12.4馬なり。馬なりで大外を周回して栗CW5F全体17番時計の好タイムを記録。今回中4週のレースにはなるが、1週前からしっかりと追い切りされていて好印象。前走札幌日刊スポーツ杯では3着、人気を考えれば満足の結果ではないが久々の分を考えれば内容は決して悪くない。今回一度使われて状態を上げているのは追い切りの動きを見ても明らか。相手は強いが最終追い切りでも良い動きを見ることができれば決して無視できない存在になりそう。

メイショウテンシャ ★★★★

9/14 栗CW(81.3)66.0‐11.6 強目

1週前追い切り栗CW(81.3)66.0‐11.6強目。6Fから強目での追い切り、外目を周回して全体&終いで好タイムを記録。1800mまでは良績を残しているが前走2000mでは7着&8着。今回の2400mの距離には少し不安あり。ただ追い切りの動きを見る限りでは通用する力はありそうな印象。実績を考えると上位評価まではどうかだが、こちらも何としてでも権利が欲しいはずでやはり無視できない。

ベストアプローチ ★★★

9/6  栗CW(81.9)65.4‐12.1  馬なり
9/13 栗芝 (※時計記載なし。) 馬なり

1週前追い切りは栗芝。時計は情報なしだが、内目を周回してのもので軽目の内容。1週前の追い切りが軽かったのは少し気になるところではあるが、2週前の栗CWではかなりの動きを見せていただけに馬体が何ともないのなら気配は良いはず。弥生賞&ダービーでは内で動けなかったし参考外と考えて良い。阪神2着の経験もあるし、距離も問題なし。とりあえず最終追い切りの動きで状態を判断して評価を決めたい。

アダムバローズ ★★★

9/6  栗CW(80.9)65.8‐12.6 一杯
9/13 栗CW(82.1)66.4‐11.9 一杯

1週前追い切り栗CW(82.1)66.4‐11.9一杯。一杯での追い切り、全体時計は特別速い時計ではないが終いは11.9と良い伸び。2週前も一杯でしっかりと負荷をかけられている点は好印象。前走皐月賞では17着と大敗、正直物足りない内容ではあったが、今回は(1.1.0.0)の好成績を残している得意の阪神コース。負荷もしっかりとかけられていて気配も良いし、舞台替わりでの一変に注意したい。

キセキ ★★★

9/13 栗芝(78.8)63.8‐12.9 馬なり

1週前追い切り栗芝(78.8)63.8‐12.9馬なり。6Fから馬なりでの追い切り、時計は好タイムだが内を周回してのもの。他の実績馬と違いこちらは中6週でのレースならとりあえずはこれくらいで十分か。500万、1000万と連続で上がり最速の勝利、毎日杯では皐月賞を制したアルアインと僅差の3着と通用する力は十分にあり。阪神の成績も良いし、最終追い切りの内容次第では上位評価も当然ありで。

レイデオロ ★★★

9/6  南W 70.0‐12.8 馬なり
9/13 南W   ‐12.7 馬なり

1週前追い切り南W終い12.7馬なり。馬なりで上がり中心の追い切り、終いは12.7と良い動きを披露。1週前も終いで好タイムを記録しているし状態は悪くない。ただ今回4ヶ月の休み明けでのレース、現時点での追い切りを見ても明らかに内容が軽いし、本気度はそこまで高くなさそう。2走前の皐月賞も同じ4ヶ月の休み明けで5着、今回初めての阪神コースでどうか。実力上位は間違いないし、当然無警戒とまではいけないが、最終追い切りでも軽目の内容なら本命まではどうか。

カデナ ★★

9/13 栗坂 55.0‐12.8 一杯

1週前追い切り栗坂55.0‐12.8一杯。一杯で追い切りされているが時計は平凡。元々調教でそこまで時計を出してくる馬ではないが、今回4ヶ月の休み明けの割に乗り込み本数も少ないし、気配はそこまでといった印象。重賞実績もあるし、阪神も得意で実績は十分だが、最終追い切りでもこの動きなら上位評価は厳しそうで。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^