G2セントライト記念2017☆1週前追い切り!好気配は!?

GⅡ1週前追い切り
スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

今回は3着内の馬に菊花賞への優先出走権が与えられる、
G2セントライト記念の1週前追い切り情報です。

詳しい評価の目安は下記で記述していますのでご覧ください。

G2セントライト記念・1週前追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※今回から★評価を採用!(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!
 目安① ★=1:悪い ★=2:普通 ★=3:上々 ★=4:好気配 ★=5:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

8/31 栗CW(94.7‐80.1)65.4‐12.2 一杯
9/6  栗CW(82.9)67.7‐11.9 一杯

1週前追い切り栗CW(82.9)67.7‐11.9一杯。6Fから一杯での追い切りで終い11.9と最後までしっかりとした良い動き。今回4ヶ月ぶりの始動戦で間隔は空いたが、2週前に栗CWで7Fからしっかりと長目を追い切りされて好タイムを記録。2週連続一杯と負荷もかけられていて気配良好。皐月賞で見事G1馬の仲間入り、掲示板を外したのは1度だけと安定感も十分。ここでは当然人気するだろうが、この追い切りの気配なら有力で。

9/7 栗坂 50.5‐13.2 強目

1週前追い切り栗坂50.5‐13.2強目。強目での追い切りで栗坂全体1番時計と破格の好タイムを記録。終いは13.2と少し時計を要してはいるが強目での追い切りだったし、この速い全体時計ならまったく問題なし。実績馬の多くは休み明けだがこちらは中7週、放牧にも出さずに調整してきたとのこと。なんとか菊花賞の権利を取りたいという陣営の熱意も感じられるし今回人気薄でも警戒しておきたい。

セダブリランテス ★★★★

9/6 南W 66.3‐12.9 馬なり

1週前追い切り南W66.3‐12.9馬なり。馬なりでの追い切りで南W5F全体17番時計終いも12.9と良い伸びを披露。併せ馬のモンドインテロにも追走して先着するなど久々でも気配良好。現在3戦3勝と負け知らず。中山は初めてだが血統的にも問題なさそう。前で競馬ができるのは当然魅力。こちらも人気は間違いないだろうが、現時点で気配も良いしやはり怖い存在で。

サトノクロニクル ★★★★

9/7 栗CW(83.3)67.4‐11.5 一杯

1週前追い切り栗CW(83.3)67.4‐11.5一杯。6Fから一杯での追い切り、大外を周回して終い11.5と抜群の動きを披露。前走ラジオNIKKEI賞では1番人気6着と残念な結果にはなったが斤量も重かったし特に評価を下げる必要もなし。まだレースで幼さを見せる面は残っているが、過去の調教を見てもかなりの素質を秘めているのは間違いなし。今回斤量も1キロ減って条件も良くなるし、レースに集中できれば非常に怖い存在へと。

ミッキースワロー ★★★

9/6 南W 68.6‐12.5 強目

1週前追い切り南W68.6‐12.5強目。強目での追い切り、全体時計は速い時計を出してこなかったが、外を周回して終い12.5と動きはかなり良かった。今回相手も一気に強化されるがこちらは夏に一度使われた強みもあり。未勝利戦で中山2200m戦で勝利している点も魅力。舞台替わりはプラスに出そうだし現時点で気配も上々。警戒しておきたい。

サーレンブラント ★★★

9/7 南W 67.6‐12.9 強目

1週前追い切り南W67.6‐12.9強目。強目での追い切りで全体&終いで好タイムを記録。今回中5週でのレース、使われて状態も上がってきている印象。中山では良績を残せていないが、最終追い切りでもしっかりと動いてこれれば注意すべき存在へと。

チャロネグロ ★★★

9/6 美坂 54.8‐12.8 一杯

1週前追い切り美坂54.8‐12.8一杯。一杯での追い切り、時計は特別強調できるものではないが、一杯でしっかりと追い切りされている点は好印象。今回相手強化で簡単にはいかないが、中山では2勝、勝利した2勝の距離も2000&2200mで適性は文句なし。ここ2戦はいずれも敗れてはいるが、上がり最速を続けて記録するなど末脚は良いものを持っているし今回展開が向けば面白い。注意しておきたい一頭。

プラチナヴォイス ★★★

9/6 栗坂 54.2‐12.5 馬なり

1週前追い切り栗坂54.2‐12.5馬なり。馬なりでの追い切りで終いは12.5と良い伸び。ただ札幌のワールドASJを除外されるなど不運もありで除外後の態勢立て直しという面も含めて、今回調整が難しいところ。2週前の栗坂では新馬に遅れもとっていたし、現時点ではやはりまだ本調子には遠い印象。最終追い切りでどこまで状態を上げてこられるか注目で。

クリンチャー ★★

9/6 栗CW(83.5)68.6‐13.5 馬なり

1週前追い切り栗CW(83.5)68.6‐13.5馬なり。6Fから馬なりでの追い切り、この時計は内を周回してのもので、今回4ヶ月の休み明けという点も含めて状態は今ひとつと言った印象。皐月賞で4着と好走、通用する力は十分にあるし注意は当然必要だが、今回久々の割に乗り込み本数も多くないし、最終追い切りでもこの動きなら割引が必要か。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^