調教重賞危険馬

重賞調教危険馬(仮)!part29

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

いつもツイッターでいいねやリツイートをしてくださる皆様、
またいつも参考にしてお読み頂いている皆様ありがとうございます!

2月末から感謝企画として、
調教で見抜く【重賞調教危険馬】を紹介しています。

↓過去の記事は下記で紹介しています。
[kanren postid=”6995″]
[kanren postid=”7107″]
[kanren postid=”7177″]
[kanren postid=”7268″]
[kanren postid=”7363″]
[kanren postid=”7414″]
[kanren postid=”7484″]
[kanren postid=”7527″]
[kanren postid=”7594″]
[kanren postid=”7643″]
[kanren postid=”7706″]
[kanren postid=”7762″]
[kanren postid=”7814″]
[kanren postid=”7876″]
[kanren postid=”7912″]
[kanren postid=”7954″]
[kanren postid=”7997″]
[kanren postid=”8022″]
[kanren postid=”8060″]
[kanren postid=”8105″]
[kanren postid=”8129″]
[kanren postid=”8165″]
[kanren postid=”8217″]
[kanren postid=”8256″]
[kanren postid=”8300″]
[kanren postid=”8352″]
[kanren postid=”8422″]
[kanren postid=”8460″]

【ルール】
①基本的に人気馬(予想・前日オッズ5番人気以内・もしくは当日5番人気以内)から選択。
②その馬が人気よりも着順が下なら〇(成功)、着順が人気と同じ・もしくは下なら×(失敗)とします。
③ただしその馬が4番人気以下なら複勝圏内(3着以内)に入らなかったら○(成功)とします。

ex.1番人気3着→〇、2番人気2着→×、5番人気4着→〇

※上位人気から選びたいと思っていますが、前日しか買えない方の為にも、基本的に予想オッズもしくは前日オッズから選びたいと思っていますので、当日のオッズ次第では6番人気以下の人気薄になってしまう可能性もありますのでご了承ください。

今週も頑張って行きます!よろしくお願いします(^^

【G3紫苑S】
ルヴォワール →○2番人気6着

8/30 南W 69.6‐12.4 馬なり
9/6  南W 66.9‐13.1 一杯

最終追い切り南W66.9‐13.1一杯。一杯での追い切りで5F全体66.9と好タイムを記録。1週前の終い動きも良かったし気配は上々。ただ今回5ヶ月の休み明け、長期休み明けの割に乗り込み本数もそこまで多くないし、最終追い切りも一杯での時計で少し急仕上げ感あり。過去2戦2勝、いずれも中山2000mと舞台適性は文句ないし圧勝も考えられるが、夏場でレースを使い調子を上げている馬にどこまで対抗できるか。今回人気するならこの馬を選択で。

【G2セントウルS】
ダンスディレクター →×3番人気4着

8/30 栗坂 54.1‐12.0 一杯
9/6  栗坂 52.8‐12.6 強目

最終追い切り栗坂52.8‐12.6強目。強目での追い切りで動きは上々。ただこちらも普段から調教ではかなりの時計を記録してくる馬。前走シルクロードSでは最終追い切り栗坂51.6‐12.5馬なりで勝利。馬場などの影響もあるし単純に数字を比較するのはナンセンスかもしれないが、それでもやはり追い切りの強さも含めて今回の動きは前走の動きに比べて少し劣る印象。前走シルクロードSではトップハンデながら見事な重賞勝利と素質上位は間違いないが、今回は骨折明け。本気度もあまり高くなさそうだし、一度叩いてからといった印象で。

【G3京成杯オータムH】
ボンセルヴィーソ →○3番人気11着

8/30 栗CW(82.9)66.7‐11.7 強目
9/6  栗坂 55.2‐12.5 強目

最終追い切り栗坂55.2‐12.5強目。強目での追い切りで終い12.5を記録。1週前には、栗CWを6Fから強目での追い切りで終い11.7と良い動き。今回久々の割に動きは悪くないが、4ヶ月の休み明けで乗り込み本数は多くはないし、最終追い切りでもう少し速い全体時計が見たかったところ。軽量ハンデで斤量54キロで出走可能&内枠に入ったのは当然魅力ではあるが、初の古馬相手に久々のレースでどこまでやれるか。