G3京成杯オータムH2017☆最終追い切り!好気配は!?

GⅢ最終追い切り 3
スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

今回は秋の中山開催開幕週のハンデ重賞、
G3京成杯オータムHの最終追い切り情報です。

詳しい評価の目安は下記で記述していますのでご覧ください。

G3京成杯オータムH・最終追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※今回から★評価を採用!(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!
 目安① ★=1:悪い ★=2:普通 ★=3:上々 ★=4:好気配 ★=5:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

8/30 栗坂 50.8‐12.6 馬なり
9/6  栗坂 54.1‐12.4 馬なり

最終追い切り栗坂54.1‐12.4馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.4と良い動きを披露。1週前には栗坂全体2番時計と破格の好タイムを記録、中3週でもしっかりと時計を出してきたし気配良好。前走関屋記念では勝ち馬と0.2秒差の3着と好走。昨年の今レースでは10着と大敗したが、昨年は1週前栗坂52.1‐13.0馬なり、最終追い切り栗坂51.2‐12.4一杯の追い切り内容。今年の方が余裕を持って仕上げができている印象。前走3着と勢いもあるし今回警戒しておきたい。

8/23 南W 68.3‐12.0 馬なり
8/30 南W 66.1‐12.8 強目
9/6  南W 66.2‐12.9 馬なり

最終追い切り南W66.2‐12.9馬なり。馬なりで外を周回して南W5F全体12番時計の好タイムを記録。1週前にも南W5F全体9番時計と続けてかなり良い動きを見せてきているし4ヶ月の休み明けでも気配はかなり良い印象。相手は強くなるが、今回ハンデ戦で斤量も55キロで出走可能。中山1600mは過去何度も好走している舞台で適性は十分。オッズの妙味もありそうだしかなり面白い一頭で。

ダノンプラチナ ★★★★

8/31 美坂 52.2‐12.6 馬なり
9/6  美坂 53.8‐12.4 馬なり

最終追い切り美坂53.8‐12.4馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.4と良い伸び。1週前には馬なりでの追い切りで美坂全体7番時計と好タイムを記録。一度使われて調子も上げてきている印象。前走は長期休み明けながら勝ち馬と0.3秒差の5着と善戦、力の高さを見せてくれた。今回トップハンデの斤量58キロと厳しい面はあるが、昨年も同様の58キロで3着と好走しているし、今年は昨年と違い一度叩かれてからのレース。人気はするだろうがやはり有力で。

マルターズアポジー ★★★★

8/31 南W 70.3‐12.9 馬なり
9/6  南W(81.0)66.3‐12.4 強目

最終追い切り南W(81.0)66.3‐12.4強目。6Fからの追い切り、大外を周回して南W5F全体17番時計、終いも12.4と抜群の動きを披露。今秋中3週でのレースにはなるが引き続き好調維持と考えて良さそう。今回トップハンデの斤量58キロは厳しい条件ではあるが、内目の枠にも入ったし、開幕週の今回逃げての脚質は当然プラスに出るはず。今回も当然警戒したい。

ガリバルディ ★★★★

8/24 栗坂 52.9‐12.0 一杯
8/30 栗CW(83.0)66.5‐11.6 一杯
9/6  栗CW     ‐12.0 強目

最終追い切り栗CW終い12.0強目。強目での追い切りで終い12.0と良い動き。最終は上がり中心の追い切りではあったが、2週前&1週前にしっかりと負荷もかけて一杯で追い切りされているし良い状態で出走できそう。前走ダービー卿では9着と敗れたが、馬体も減っていたし特に気にする必要はなし。今回間隔を空けて、しっかりと負荷もかけていて態勢を整えてきている印象。最終追い切りの動きを含めて注目しておきたい。

グランシルク ★★★★

8/31 南W 67.8‐13.2 馬なり
9/6  南W 66.2‐12.5 馬なり

最終追い切り南W66.2‐12.5馬なり。馬なりで南W5F全体12番時計の好タイムを記録。今回中6週での競馬、普段から時計を出してくる馬で1週前の時計はそこまでで心配していたが、今週はさすがの好タイムを記録。この一本でしっかりと態勢を整えてきた印象。重賞では勝ちきれないが常に上位争い。中山も(2.3.3.2)とかなりの好成績。今回も気配良好で当然要注意の存在。

ブラックスピネル ★★★

8/23 栗坂 51.3‐12.9 馬なり
8/31 栗坂 51.7‐12.5 一杯
9/6  栗坂 51.7‐12.5 一杯

最終追い切り栗坂51.7‐12.5一杯。一杯での追い切り、併せ馬に遅れはとったが、相手はかなり調教で動いてくる馬、調教時計もかなり早いし気にする必要なし。2週前&1週前、そして最終と一杯でしっかりと追い切りされてきたのは好印象。3ヶ月半と間隔は空いたが仕上がり良好と考えて良さそう。前走安田記念では18着と大敗したが、今回3ヶ月しっかりと間隔を空けてきて良い動きを見せてきているし、最終追い切りでも良い動きを見ることができれば3ヶ月の休み明けでもいきなり激走もありそう。警戒しておきたい。

ボンセルヴィーソ ★★★

8/30 栗CW(82.9)66.7‐11.7 強目
9/6  栗坂 55.2‐12.5 強目

最終追い切り栗坂55.2‐12.5強目。強目での追い切りで終い12.5を記録。1週前には、栗CWを6Fから強目での追い切りで終い11.7と良い動き。今回4ヶ月の休み明けで乗り込み本数は多くはないものの動きは良いし条件面で軽量の斤量54キロで出走できるのは魅力。中山では重賞3着の経験もあるし侮れない一頭で。

アスカビレン ★★★

8/30 栗坂 52.9‐12.2 一杯
9/6  栗坂 53.2‐12.6 馬なり

最終追い切り栗坂53.2‐12.6馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.6と上々の動き。前走中京記念では4着と善戦。今まで勝利した6勝は全部が右回りということでコース替わりはプラスに出そう。最終追い切りはそこまで負荷はかけてこなかったが、動きは悪くないし注意しておきたい。

ウインフルブルーム ★★★

8/23 栗坂 52.4‐12.5 馬なり
8/30 栗坂 52.2‐12.6 強目
9/3  栗坂 51.7‐12.6 一杯
9/6  栗坂 55.8‐12.3 馬なり

最終追い切り栗坂55.8‐12.3馬なり。馬なりでの追い切りで終いは12.3と良い伸び。今回11ヶ月ぶりと長期休み明けにはなるが動き自体は一本ごとに良くなっている印象。当然まだ本調子の動きかと言われると疑問ではあるが、追い切りの動きを見ている限りやはりかなりの素質を秘めている印象。一度叩いてからの印象もあるが力はあるし注意はしておきたい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^