G2セントウルS2017☆最終追い切り!評価変動は!?

スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

今回は勝ち馬にスプリンターズS優先出走権が与えられる、
G2セントウルSの最終追い切り情報です。

詳しい評価の目安は下記で記述していますのでご覧ください。

G2セントウルS・最終追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※今回から★評価を採用!(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!
 目安① ★=1:悪い ★=2:普通 ★=3:上々 ★=4:好気配 ★=5:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

8/30 栗CW(83.9)67.0‐11.7 馬なり
9/6  栗坂 53.0‐12.1 馬なり

最終追い切り栗坂53.0‐12.1馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.1と良い伸びを披露。今回2ヶ月の休み明けにはなるが、1週前に栗CWで6Fから追い切りされて最後までしっかりとした良い動き、今週も先週に引き続き馬なりで好タイムを記録してきたし、仕上がり良好と考えて良い。ここ2戦は2桁着順続きと大敗しているが、元々この馬は雨馬場は苦手な馬で特に気にする必要はなし。阪神コースでの勝利経験もあるし、斤量もここ2戦より軽い54キロで出走可能。素質は今メンバーでもトップクラス、開幕週の綺麗な馬場は当然魅力的。良馬場で開催できるなら当然有力で。

8/30 南W   ‐11.9 一杯
9/6  南W   ‐13.3 馬なり

最終追い切り南W終い13.3馬なり。馬なりでの追い切りで終い13.3と良い動き。1週前には南Wで終い11.9と破格の好タイムを記録、今回2週続けて上がり中心の追い切りにはなるが、中5週での競馬&しっかりと動けているところを見ると負荷の面はこれくらいで十分。前走アイビスSDでは上がり最速での見事な重賞勝利、過去前走アイビスSD組は(3.1.0.5)とこちらも魅力的なデータ。今の調教の動きを見ても勢いをかなり感じるし本格化した可能性もあり。今回コーナーのある1200m戦にはなるが非常に怖い一頭で。

ファインニードル ★★★★

8/31 栗坂 55.4‐12.4 馬なり
9/6  栗坂 52.4‐12.1 強目

最終追い切り栗坂52.4‐12.1強目。強目での追い切りで全体&終いで良い動きを見せた。1週前は軽目の追い切りだったが、中2週ながら最終追い切りでは強目でしっかりと時計を出してきたのは好印象。前走北九州記念では1番人気5着と人気を裏切る結果にはなったが、直線で進路も狭くなったし、勝ち馬とは僅差で気にする必要なし。引き続きデムーロ騎手が騎乗してくるのは当然魅力。今回も引き続き警戒したい。

アドマイヤゴッド ★★★★

8/31 栗坂 51.6‐12.6 馬なり
9/6  栗坂 55.2‐12.5 馬なり

最終追い切り栗坂55.2‐12.5馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.5と良い伸びを見せた。1週前には馬なりで栗坂全体4番時計の好タイムを記録。中4週でもしっかりと追い切りされて好気配。1000万クラスで阪神1200m戦で勝利していて舞台への適性も十分。人気薄だろうが、調教通りの動きを見せてくれるのなら決して侮れない一頭で。

フィドゥーシア ★★★

8/30 栗CW(83.5)67.5‐12.2 一杯
9/6  栗CW     ‐12.1 一杯

最終追い切り栗CW終い12.1一杯。上がり中心での追い切りで終いは上々の動き。今回特別速い時計はなかったが、2週続けて一杯で追い切りされている点は好印象。2連勝からの前走アイビスSD2着とここ最近の充実度はかなり高い。阪神コースも(1.2.1.2)と相性の良い得意コース。今の勢いなら当然警戒しておきたい。

スノードラゴン ★★★

8/30 美坂 53.9‐12.3 馬なり
9/6  美坂 53.0‐13.3 馬なり

最終追い切り美坂53.0‐13.3馬なり。馬なりでの追い切り、動きは決して悪くないが普段から調教ではかなりの時計を出してくることを考えるとやはり少し物足りない印象。前走CBC賞では12番人気ながら5着と善戦してくれたが、今回2ヶ月の休み明けという点も含めて上位評価まではどうか。

ダンスディレクター ★★★

8/30 栗坂 54.1‐12.0 一杯
9/6  栗坂 52.8‐12.6 強目

最終追い切り栗坂52.8‐12.6強目。強目での追い切りで動きは上々。ただこちらも普段から調教ではかなりの時計を記録してくる馬。前走シルクロードSでは最終追い切り栗坂51.6‐12.5馬なりで勝利。馬場などの影響もあるし単純に数字を比較するのはナンセンスかもしれないが、それでもやはり追い切りの強さも含めて今回の動きは前走の動きに比べて少し劣る印象。前走シルクロードSではトップハンデながら見事な重賞勝利と素質上位は間違いないが、今回は骨折明け。本気度もあまり高くなさそうだし、一度叩いてからといった印象で。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^