G3キーンランドC2017☆予想!札幌平場レースも紹介!

スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

今回はG3キーンランドCと札幌平場レースの好調教馬・予想を公開していきます。

↓各重賞の追い切り情報は下記で公開しています↓

G3新潟2歳S2017☆過去10年データ+α!

2017.08.26

G3新潟2歳S2017☆1週前&最終追い切り!注目馬は!?

2017.08.23

G3キーンランドC2017☆過去10年データ+α!

2017.08.25

G3キーンランドC2017☆最終追い切り!評価変動は!?

2017.08.24

上記の記事で本命候補になったのは、
・ソルヴェイグ
・ナックビーナス
上記の2頭。

ソルヴェイグは札芝、ナックビーナスは函Wでの最終追い切り。

ソルヴェイグは、最終追い切り札芝(78.5)63.1‐12.0馬なり。6Fから馬なりでの追い切りで全体&終いで良い動きを披露。2週前&1週前にしっかりと負荷をかけて追い切りされたし今週はこれくらいで十分。ここ最近は結果を残せずにいるがいずれもG1レースで相手も強かったし、前走ヴィクトリアマイルでは勝ち馬と僅差の5着なら心配の必要なし。昨年の今レースでは4着と健闘しているし函館の舞台も問題ないだろう。斤量も54キロで出走可能、休み明けでも要注意で。

上記の馬もかなり好気配だが、今回2週前からしっかりと負荷をかけて追い切り、久々でも好仕上がり、そしてオッズ面でも妙味十分の馬が一頭。

ナックビーナスは、最終追い切り函W71.1‐12.5馬なり。馬なりでの追い切りで外を周回して終い12.5と抜群の伸びを見せた。1週前には終い12.2、2週前は終い12.4と続けて良い動きを見せているしこちらも5ヶ月と間隔は空いたが仕上がり良好と考えて良さそう。前走高松宮記念では8着と敗れはしたが2走前のオーシャンSでは2着と好走しているし、今回斤量も54キロなら十分に通用可能。この動きならいきなり要注意で。

上記の理由により本命は、ナックビーナスで勝負します!

では2番手以降の評価も見ていきます。
※昨年から重賞では★=中穴 ☆=大穴と分類することにしました。レースによっては該当馬なしの場合もありますのでご注意下さい。

G3キーンランドC・予想

ナックビーナス

ソルヴェイグ

メイソンジュニア

イッテツ

ノボバカラ

各馬のコメントは追い切り記事で紹介しています!

続いて重賞以外の平場レースも見ていきます。

さっそく見ていきましょう。

27日開催平場レース好調教馬

※今回から評価の表記を変更しました。
意味合い的には今までとほぼ同じですが、
もっと細かく評価をすることで狙い目本命馬と狙い目穴馬を区別することが狙いです。

☆評価の見方☆
※注=調教プレミアム馬
◎:本命サイド 推奨評価:S>A>B
☆:穴 サイド 推奨評価:S>A>B
【総=総合評価】:★2.0~★5.0
《調=調教評価》:★2.0~★5.0
《α=実績評価 》:★2.0~★5.0
《札幌開催レース好調教馬》
【札幌3R】

デルマオフクロサン(函W)
【総合:★3.5】穴推奨:
《調:★3.5 / α:★3.0》

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^