G3小倉記念2017☆最終追い切り!評価変動は!?

スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

今回は夏の小倉の名物重賞である
G3小倉記念の最終追い切り情報です。

詳しい評価の目安は下記で記述していますのでご覧ください。

G3小倉記念・最終追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※今回から★評価を採用!(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!
 目安① ★=1:悪い ★=2:普通 ★=3:上々 ★=4:好気配 ★=5:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

7/27 栗CW(81.6)65.6‐12.0 一杯
8/2  栗CW(83.5)67.3‐12.0 一杯

最終追い切り栗CW(83.5)67.3‐12.0一杯。6Fから一杯での追い切り、時計的には特別速いわけではないが、中5週でも1週前からしっかりと負荷をかけて追い切りされているし気配良好と考えて良い。前走宝塚記念では7着と敗れはしたが、相手も当然実績馬で悲観する内容でもなし。今回相手関係は楽になるし斤量も前走よりも3キロ減と魅力。強敵相手に揉まれてきた経験をここで発揮したいところ。

7/21 栗CW(84.2)66.8‐12.2 一杯
7/27 栗CW(83.7)67.6‐11.9 一杯
8/2  栗CW     ‐12.0 強目

最終追い切り栗CW終い12.0強目。強目での追い切り、最終は終い中心にはなったがこちらは2週前&1週前としっかりと6Fから追い切りされているし久々でもかなり仕上げてきた印象。今レースは一昨年、昨年と続けて2着と好走している得意舞台。今回斤量はトップハンデの57キロとハンデは見込まれたが実績もあるし、気配も良好なら当然警戒が必要で。

ストロングタイタン ★★★★

7/30 栗坂 55.7‐13.0 馬なり
8/2  栗坂 53.6‐11.9 馬なり

最終追い切り栗坂53.6‐11.9馬なり。馬なりでの追い切りで終い11.9と良い伸び。今回5ヶ月の休み明けを叩いてのレース。調教の動きを見ても中2週でも疲れは見せず上積みも十分に考えられる内容。小倉は3勝と好成績を残しているしやはりここは侮れない存在で。

バンドワゴン ★★★★

7/26 栗坂 53.8‐12.0 強目
8/2  栗坂 52.8‐11.9 強目

最終追い切り栗坂52.8‐11.9強目。強目での追い切りで栗坂全体&終いで好タイムを記録。特に終いは11.9と素晴らしい伸びを見せた。今回2ヶ月の休み明けではあるが動き自体はかなり良いし気配良好と考えて良さそう。前走鳴尾記念では7着と人気を裏切る結果となったが今回小回り平坦コースへのコース替わりはプラスに出そうで、それに加えて斤量54キロで出走できるしここは要注意で。

ケイティープライド ★★★★

7/28 栗CW(85.1)68.6‐11.4 馬なり
8/2  栗CW(83.3)67.4‐12.0 G前

最終追い切り栗CW(83.3)67.4‐12.0G前。6Fからの追い切り、ゴール前で強く追い切りされて良い伸びを見せた。1週前には栗CW終い11.4という素晴らしい伸びを見せていたし今回引き続き調子は良さそう。前走函館記念では11番人気5着と善戦しているし、通用する力は十分。今回引き続き軽ハンデの52キロで出走できるのは非常に魅了。小倉成績も(1.1.0.3)と悪くはないし決して侮れない一頭で。

フェルメッツァ ★★★

7/26 栗坂 55.7‐12.5 一杯
8/2  栗坂 54.4‐12.5 一杯

最終追い切り栗坂54.4‐12.5一杯。一杯での追い切り、特別強調できるほどの時計ではないが、中3週ながら負荷はしっかりとかけられている。前走七夕賞では5着と善戦。勝ち馬とも僅差だったし、2000mも得意距離。この追い切りで変わってくれれば。

ヴォージュ ★★★

7/26 栗坂 55.7‐12.4 一杯
8/2  栗坂 53.4‐12.8 一杯

最終追い切り栗坂53.4‐12.8一杯。一杯での追い切り、こちらも時計はさほどだがしっかりと追い切りされているし調子は上々と考えて良さそう。3番人気と期待された前走は9着と惨敗。ただこの馬にとって流れ・展開も向かなかったし参考外。通用する力は十分にあるし注意しておきたい。

サンマルティン ★★★

7/30 小ダ 72.9‐12.1 馬なり
8/2  小ダ 68.8‐12.2 馬なり

最終追い切り小ダ68.8‐12.2馬なり。馬なりでの追い切り、今回2ヶ月の休み明けで速い全体時計の追い切りが見たかったところではあるが終いは良い動きを見せていたし気配は悪くはなさそう。前走は上がり3F33.3と見事な末脚で勝利。素質は良いものを秘めているし注意はしたい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^