G3アイビスSD2017☆最終追い切り!評価変動!!

GⅢ最終追い切り 3
スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

今回は中央競馬唯一の直線重賞である、
G3アイビスSDの最終追い切り情報です。

詳しい評価の目安は下記で記述していますのでご覧ください。

G3アイビスSD・最終追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※今回から★評価を採用!(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!
 目安① ★=1:悪い ★=2:普通 ★=3:上々 ★=4:好気配 ★=5:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

7/19 栗坂 53.2‐12.3 馬なり
7/26 栗坂 51.2‐11.4 一杯

最終追い切り栗坂51.2‐11.4一杯。一杯での追い切りで栗坂全体7番時計、そしてなんと終いは11.4と破格の好タイムを記録。この11.4と言う数字は滅多に見ることのできない数字、これをこの全体時計で記録してきたのはかなり好印象。今回中3週でもこれだけしっかりと追い切りできてたのは調子が良い証拠。前走CBC賞では8番人気3着と久々の好走。ここ最近はずっと追い切りで良い動きを続けていて今回も文句なしの気配。未知の1000mでも要注意で。

7/12 栗坂 51.1‐12.2 馬なり
7/20 栗坂 49.0‐12.2 馬なり
7/27 栗坂 50.3‐12.0 馬なり

最終追い切り栗坂50.3‐12.0馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂全体2番時計、そして終いも12.0とさすがの動き。追い切りでは毎回かなり動いてくる馬ではあるが、2週前からしっかりと時計も出してきているし久々でも気配良好と考えて良さそう。昨年の今レースでは2着、斤量のハンデ58キロは厳しいが実績上位は間違いないし気配良好ならやはり無視できない。

レッドラウダ ★★★★

7/16 栗坂 58.2‐11.9 一杯
7/19 栗坂 51.0‐13.4 一杯
7/26 栗坂 53.1‐12.3 一杯

最終追い切り栗坂53.1‐12.3一杯。一杯での追い切り、今週は1週前ほどの全体時計ではなかったが終いの動きは今週の方が上。今回3週続けて一杯でしっかりと負荷をかけて追い切りされているのは好印象。ここ最近は不振続きだったが、前走の韋駄天Sで復調気配を見せる3着と好走。この気配ならチャンスも十分で、要注意。

ダイシングワンダー ★★★★

7/16 栗坂 54.7‐11.9 一杯
7/20 栗坂 52.5‐12.0 強目
7/26 栗坂 54.2‐12.4 強目

最終追い切り栗坂54.2‐12.4強目。強目での追い切り、全体時計で速い時計は出してこなかったが、終いは12.4と良い伸び。今回中9週ではあるがしっかりと負荷もかけて追い切りされていて気配良好。新潟1000mの実績もあるし怖い存在で。

ブライトチェリー ★★★★

7/20 美坂 51.2‐12.6 一杯
7/26 美坂 51.8‐12.7 強目

最終追い切り美坂51.8‐12.7強目。強目での追い切りで美坂全体4番時計の好タイムを記録。1週前には美坂全体3番時計と2週続けてかなりの時計を見せていて調子が良いのは間違いなさそう。ここ最近は結果は出せていないが、新潟1000mは3勝している得意舞台。7歳でもしっかりとした良い動き、人気薄でも決して侮れない一頭で。

アースエンジェル ★★★

7/19 南W 66.1‐13.5 強目
7/26 美坂 53.4‐12.1 馬なり

最終追い切り美坂53.4‐12.1馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.1と抜群の伸び。1週前には強目での追い切りで南W5F全体4番時計の好タイムを記録していて気配良好。前走の新潟1000mでは9着と敗れはしたが、過去この舞台でのレースは好成績を残しているし、決して侮れない存在。

プレイズエターナル ★★★

7/20 栗坂 52.8‐12.5 一杯
7/26 栗坂 51.7‐12.1 強目

最終追い切り栗坂51.7‐12.1強目。強目での追い切りで栗坂全体19番時計、終いも12.1と良い伸び。1週前は特別強調できるほどの時計ではなかったが、しっかりと一杯で追い切りされて段々調子を上げてきた印象。前走韋駄天Sでは6着と敗れはしたものの、2走前には新潟1000mで勝利。ここ4戦はいずれも上がり最速を記録するなど調子自体は良い。こちらも注意が必要で。

フィドゥーシア ★★★

7/20 栗CW 66.6‐11.7 一杯
7/26 栗CW   ‐12.0 一杯

最終追い切り栗CW終い12.0一杯。一杯での追い切り、上がり中心ではあったが動き自体は上々。今回ここ2戦の連勝したレースと最終追い切りの時計の出し方は違うが、1週前の動きも良かったし中9週でも気配は上々。前走韋駄天Sで新潟1000mで勝利できた点は魅力。今の勢いなら当然注意は必要で。

ラインスピリット ★★★

7/19 栗坂 52.7‐12.5 一杯
7/26 栗坂 53.2‐12.0 馬なり

最終追い切り栗坂53.2‐12.0馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.0と良い伸び。中3週でも1週前に一杯でしっかりと追い切りされていて気配は上々。前走CBCでは大敗したが休み明けでのレース。一度叩かれて一変できれば。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^