G1宝塚記念2017☆1週前追い切り!実績馬の気配は!?

スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

今回は前半戦を締めくくる大レース、
G1宝塚記念の1週前追い切り情報です。

詳しい評価の目安は下記で記述していますのでご覧ください。

G1宝塚記念・1週前追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※今回から★評価を採用!(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!
 目安① ★=1:悪い ★=2:普通 ★=3:上々 ★=4:好気配 ★=5:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

6/7  栗CW(80.9)64.9‐12.2 馬なり
6/10 栗CW(84.3)68.0‐12.7 馬なり
6/14 栗CW(79.1)65.4‐12.4 G前

1週前追い切り栗CW(79.1)65.4‐12.4G前。ゴール前で強く追い切りされて最後までしっかりとした良い動きで好タイムを記録。2週前&10日にも6Fからしっかりと追い切りされて良い動きを見せているし現時点で仕上がりは良い感じ。一級品相手でも阪神コースでは複勝圏内を外したことなし。現役最強馬と言っても過言ではないし、今回気配も良くマイナス要素がほとんどなし。ここは普通に有力で。

6/7  栗CW(85.7)68.4‐11.7 ‐‐‐
6/14 栗CW(80.2)65.4‐11.5 一杯

1週前追い切り栗CW(80.2)65.4‐11.5一杯。6Fから一杯での追い切りで終い11.5と驚異の伸びを見せた。阪神は3戦3勝、このメンバーではこの成績も関係ないかもしれないがコース相性が良いのは間違いなし。2週前にも栗CW終い11.7と良い伸び、前走天皇賞春では9着と大敗したが、距離短縮はこの馬にとってもプラスだろうし、1週前でこれだけしっかりと追い切りできるのは調子が良い証拠。最終追い切りの動き次第ではかなり面白くなりそうな一頭で。

ゴールドアクター ★★★★

6/7  南W(82.3)66.4‐13.3 馬なり
6/15 南W(82.9)66.9‐12.5 G前

1週前追い切り南W(82.9)66.9‐12.5G前。6Fからの追い切りで全体&終いでかなりの動きを披露。2週前も馬なりで好タイムを記録しているし、今回1週前でしっかりと追い切りされて一変も期待できそうな気配。阪神コースは初めてではあるが一昨年の有馬記念を制した馬。素質上位は間違いないし、こちらも距離短縮は大歓迎。こちらも最終追い切りで抜群の動きを見せられればチャンスもありで。

ミッキーロケット ★★★★

6/7  栗坂 50.9‐12.8 一杯
6/14 栗坂 52.0‐12.1 一杯

1週前追い切り栗坂52.0‐12.1一杯。一杯での追い切りで全体&終いで好タイムを記録。2週前には栗坂で全体51秒を切る抜群の動き、今回3ヶ月と間隔は空いたが、しっかりと負荷もかけられていて気配はかなり良さそう。昨年の神戸新聞杯では勝ち馬のサトノダイヤモンドにクビ差の2着と通用する力はあり。ある程度前で競馬がしたいし、今回も発馬が鍵となりそう。今回間隔が空いている為あと一本負荷のかかった良い追い切りが見たいところ。

シュヴァルグラン ★★★

6/7  栗CW(96.4‐80.6)66.3‐12.6 一杯
6/14 栗CW(98.5‐81.2)65.7‐12.5 一杯

1週前追い切り栗CW(98.5‐81.2)65.7‐12.5一杯。一杯での追い切り終いは12.5と少し時計を要しているが、2週続けて7Fからと長目を一杯でしっかりと追い切りしてきているのは好印象。前走天皇賞春では好調教馬として紹介して2着と好走。阪神では安定した成績、天皇賞でもキタサンブラックと0.2秒差と僅差。以前は最終追い切りは栗CWだったが、2走前から最終追い切り栗坂。今回最終追い切りの時計はもちろん、どこのコースを追い切りしてくるのかも注目したい。

ミッキークイーン ★★★

6/9  栗CW(82.8)67.3‐11.6 一杯
6/15 栗CW(82.4)67.7‐11.4 一杯

1週前追い切り栗CW(82.4)67.7‐11.4一杯。6Fからの追い切り、全体時計はそこまで速い時計ではないが終いは11.4と抜群の伸びを披露。前走ヴィクトリアマイルでは7着と敗れはしたが、今回中5週でもしっかりと負荷をかけて追い切りされているのは好印象。距離延長も問題ないし、牡馬相手でも通用する力は十分。2週前&1週前でしっかりと追い切りされて最終追い切りでどのような動きを見せてくるか楽しみで。

サトノクラウン ★★★

6/8  南W 67.8‐12.6 馬なり
6/15 南W 68.6‐12.5 一杯

1週前追い切り南W68.6‐12.5一杯。一杯での追い切り終いは12.5と良い伸びを見せたが、併せ馬に遅れをとったのは少し気になるところ。今回3ヶ月の休み明けでまだ少し動きが重い印象。素質はかなりのものだが、高速馬場だと対応に不安。ただ雨が降って時計のかかる馬場に変わったのならかなり怖い存在へと。

レインボーライン ★★★

6/15 栗坂 57.8‐12.7 馬なり
6/18 栗坂 50.4‐13.2 一杯

15日栗坂57.8‐12.7馬なり。18日に栗坂50.4‐13.2一杯。15日は軽目の調整、18日は栗坂の全体で好タイムを記録。ただ今回中7週の割に本数が少ないし、動きもまだそこまでと言った印象。今回主戦騎手ではなく、岩田騎手への乗り替わりもあるしどこまでやれるか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^