G3ユニコーンS2017☆最終追い切り!評価を上げたのは!?

スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

今回は注目の3歳ダート重賞、
G3ユニコーンSの最終追い切り情報です。

詳しい評価の目安は下記で記述していますのでご覧ください。

G3ユニコーンS・最終追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※今回から★評価を採用!(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!
 目安① ★=1:悪い ★=2:普通 ★=3:上々 ★=4:好気配 ★=5:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

6/8  栗CW(84.4)67.1‐12.2 一杯
6/14 栗坂 51.5‐12.6 馬なり

最終追い切り栗坂51.5‐12.6馬なり。馬なりでの追い切りで栗坂全体12番時計、自己ベストを大幅に更新する好タイムを記録。中4週ではあるがしっかりと負荷もかけて追い切りされていて気配良好。前走で同舞台で勝利していてコース適性も問題なし。ダートでは2戦2勝とまだまだ底を見せていないし、楽しみな一頭で。

6/8  栗CW 71.6‐11.5 馬なり
6/14 栗坂  54.3‐12.4 馬なり

最終追い切り栗坂54.3‐12.4馬なり。馬なりでの追い切り、今回全体時計で速い時計は出してきていないものの、1週前は栗CW終い11.5、最終追い切りも栗坂終い12.4と良い伸びを披露。この時期でこれだけ動けるのは力がある証拠。現在新馬&500万レースで見事連勝。まだまだ底を見せていないし、調教の動きからもかなりの素質を感じるし今回人気薄でも警戒しておきたい。

リエノテソーロ ★★★★

6/7  南W(84.2)68.6‐12.6 強目
6/14 南W     ‐12.4 G前

最終追い切り南W終い12.4G前。ゴール前で強く追い切りされて終い12.4と良い伸び。今回中5週でそこまでハードに追い切りはされていないが、1週前&最終追い切りの終いで良い動きを見せているし好調維持と考えて良さそう。前走牝馬ながらNHKマイルカップで上がり最速の2着と激走。このイメージが大きいが、ダートでも2歳優駿で大差で勝利するなど素質の高さは一級品。再びダート戦となる今回も特に問題もなさそう。こちらも当然怖い存在で。

ウォーターマーズ ★★★★

6/8  栗坂 56.0‐12.7 一杯
6/14 栗坂 51.3‐12.6 一杯

最終追い切り栗坂51.3‐12.6一杯。一杯での追い切りで栗坂全体9番時計の好タイムを記録。1週前の動きはそこまでだったが、最終では見違える動き。ここ3戦は上がり最速を続けて記録するなど素晴らしい末脚の持ち主。中3週でもしっかりと負荷をかけて追い切りされているし、初めての東京の舞台でも警戒が必要で。

アンティノウス ★★★

6/7  南W 69.2‐12.8 馬なり
6/14 南W 68.4‐13.1 強目

最終追い切り南W68.4‐13.1強目。強目での追い切り、特別速い時計ではないが、外を周回してのものだし心配無用。1週前の動きも良かったし、中6週と少し間隔が空いたが仕上がりは良さそう。未勝利戦では勝利まで時間を要したが、その後は見違えるように未勝利、500万レースと連勝。勢いがあるのは間違いなし、引き続きルメール騎手が騎乗するのも魅力。今回も注意しておきたい一頭。

サンライズノヴァ ★★★

6/7  栗坂 57.9‐13.0 馬なり
6/14 栗坂 52.8‐12.0 一杯

最終追い切り栗坂52.8‐12.0一杯。一杯での追い切りで終いは12.0と良い伸びを披露。全体時計でもう少し速い時計が見たかったところではあるが、最後はしっかりと伸びていたし調子は上々。3走前の芝レースでは敗れはしたが、ダートでは大崩れなし。新馬戦で東京1600m勝利経験あり。注意はしておきたい。

ハルクンノテソーロ ★★★

6/7  美坂 53.3‐12.7 馬なり
6/14 美坂 52.9‐12.8 馬なり

最終追い切り美坂52.9‐12.8馬なり。馬なりでの追い切りで上々の動きを披露。今回中4週ではあるが、動き自体は良し。前走青竜Sでは上がり最速での2着と善戦。東京ダートでは複勝圏内を外したことのない安定感もあり。末脚が活きる展開なら十分にチャンスありで。

シゲルベンガルトラ ★★★

6/7  栗坂 54.5‐12.5 馬なり
6/14 栗坂 55.3‐12.1 馬なり

最終追い切り栗坂55.3‐12.1馬なり。馬なりでの追い切り、今回速い全体時計は出してこなかったが最終追い切りでは終い12.1と良い伸び。使われ続けていて上積みと考えるとなかなか厳しいところではあるがこの動きなら過度に気にする必要もなさそう。近走は勝ちきれないものの掲示板を外さない安定感。2走前は上がり最速での3着、前走は逃げての3着と幅広い脚質で好走できているのは大きな武器。注意は必要で。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^