G3マーメイドS2017☆最終追い切り!評価を上げたのは!?

スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

今回は軽量馬の激走も多く見られる注目のハンデ重賞、
G3マーメイドSの最終追い切り情報です。

詳しい評価の目安は下記で記述していますのでご覧ください。

G3マーメイドS・最終追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※今回から★評価を採用!(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!
 目安① ★=1:悪い ★=2:普通 ★=3:上々 ★=4:好気配 ★=5:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

5/26 栗CW(81.6)65.4‐11.8 一杯
5/31 栗CW(79.2)63.8‐12.2 一杯
6/7  栗CW(85.2)69.2‐11.6 一杯

最終追い切り栗CW(85.2)69.2‐11.6一杯。一杯での追い切りで終い11.6と良い伸びを見せた。今回中5週でも3週続けて6Fから一杯での追い切りとしっかりと負荷もかけられて好タイムを続けて記録と本気後も感じる好気配。今回強敵相手にはなるが、阪神成績は(0.2.1.1)と悪くない成績。ハンデ戦で斤量51キロで出走できるのはかなり魅力。今レースは斤量軽量馬も多く活躍しているレース、この気配なら激走も期待十分で。

5/31 栗坂 51.9‐12.0 一杯
6/7  栗坂 54.5‐11.8 G前

最終追い切り栗坂か54.5‐11.8G前。ゴール前で強く追い切りされて終い11.8と抜群の伸びを披露。今回3ヶ月と間隔は空いたが1週前でしっかりと時計を出して、最終追い切りでこの終いの伸び。気配良好でいきなり走れそうな好仕上がり。前走は13着と大敗したが直線で詰まって本来の追い込みが見られず参考外。阪神は(2.2.1.2)と好相性、2000mの距離も得意。これはかなり怖い存在になった印象。

プリメラアスール ★★★★

6/1 栗CW(84.3)67.6‐11.9 一杯
6/7 栗CW(79.4)64.8‐12.5 一杯

最終追い切り栗CW(79.4)64.8‐12.5一杯。6Fから一杯での追い切りで栗CW5F全体2番時計と破格の好タイムを記録。外を周回して終いもしっかりとした動きをしていたし、中2週でもしっかりと負荷をかけられて気配は文句なし。ここ最近は結果を出せていないが、昨年のエリザベス女王杯では14番人気5着と善戦。素質は良いものを秘めているし、こちらも斤量51キロで出走可能。面白い存在で。

バンゴール ★★★

5/31 南W(83.2)67.3‐13.1 馬なり
6/7  南W   70.2‐12.6 馬なり

最終追い切り南W70.2‐12.6馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.6と良い伸びを見せた。1週前にも6Fから馬なりでの追い切り、外目を周回して良い動きを見せていたし今回中4週でも好気配。こちらも軽ハンデの斤量51キロで出走可能と魅力。この気配なら人気薄でも侮れない。

ビッシュ ★★★

5/31 美坂 54.0‐11.9 馬なり
6/7  美坂 53.6‐12.5 馬なり

最終追い切り美坂53.6‐12.5馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.5と良い伸び。1週前には終い11.9とかなりの伸びを見せていたし、間隔をしっかりと空けて体制を整えてきた印象。しっかりと追い切りできているしあと馬体が軽いだけに当日の馬体重には注視しておきたいところ。

ローズウィスパー ★★★

5/31 栗CW 70.0‐11.9 馬なり
6/7  栗CW(81.0)65.2‐12.1 一杯

最終追い切り栗CW(81.0)65.2‐12.1一杯。6Fから一杯での追い切りで栗CW5F全体10番時計の好タイムを記録。今回中4週ではあるが動きも良いし好気配。今回相手は強くなるが、2走前には阪神2000mの勝利経験もあるしコース適性は十分。軽ハンデの恩恵もあるしこちらも無視できない一頭で。

トーセンビクトリー ★★★

5/31 栗CW(85.8)68.7‐11.5 馬なり
6/7  栗CW(81.0)65.0‐11.8 強目

最終追い切り栗CW(81.0)65.0‐11.8強目。強目での追い切り、時計的にはかなりの好タイムだが今週は内を周回しての時計で今週の数字だけで判断するのは危険。ただ1週前には栗CW終い11.5を馬なりで記録しているし万全とは言えないながらも休み明けでも仕上がりは上々と考えて良さそう。2走前の中山牝馬Sで見事重賞初勝利。今回斤量が56キロとハンデは厳しいが力上位は間違いなし。特別強調できるほどではないが、当然無視はできない。

アースライズ ★★★

5/31 栗CW(84.1)68.1‐11.8 馬なり
6/7  栗坂 53.0‐12.1 馬なり

最終追い切り栗坂53.0‐12.1馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.1と良い伸び。負荷はそれほどかけられていないが、動き自体は良いし久々でも上々の気配。阪神2000mは好成績を残している舞台、前走降級クラスではあるが、長期休み明けで上がり最速で勝利できたのは大きな収穫。脚部不安も現時点では心配なさそうだし、侮れない一頭で。

クインズミラーグロ ★★★

5/31 南W 67.3‐12.7 馬なり
6/7  南P 68.0‐11.8 馬なり

最終追い切り南P68.0‐11.8馬なり。今週は派手な動きではないが、1週前の動きも含めて状態は悪くない。前走福島牝馬Sでは1番人気3着と満足の結果ではないが、スタートで出遅れての上がり最速、本来とは違う競馬でも善戦していたし評価を落とす必要はなし。4走前に阪神2000mでの勝利経験もありで舞台も問題なし。重賞では連続3着と惜敗続き、ここで重賞勝利といきたいところ。

リーサルウェポン ★★★

5/31 南P 66.6‐12.4 馬なり
6/7  南P 67.3‐11.6 G前

最終追い切り南P67.3‐11.6G前。こちらも終いはしっかりと追い切りされて良い伸び。特別負荷をかけられた訳ではないが、中3週ならこれくらいで問題なし。こちらは他の馬よりさらに軽い斤量49キロで出走可能。通用する力はあるし注意しておきたい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^