G3エプソムカップ2017☆最終追い切り!高評価の馬は!?

スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

今回は注目のハンデ重賞、
G3エプソムカップの最終追い切り情報です。

詳しい評価の目安は下記で記述していますのでご覧ください。

G3エプソムカップ・最終追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※今回から★評価を採用!(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!
 目安① ★=1:悪い ★=2:普通 ★=3:上々 ★=4:好気配 ★=5:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

5/31 南W 67.0‐12.1 一杯
6/7  南W 68.0‐12.4 馬なり

最終追い切り南W68.0‐12.4馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.4と良い伸びを見せた。今週は1週前ほどの全体時計は出してこなかったが、外を周回してのこの動きなら文句なしの好気配。今回4ヶ月の休み明けではあるがリフレッシュ効果も見られそうな良い仕上がり。東京成績は(2.1.1.2)と好相性。重賞勝利の実績もある素質馬、休養を挟んで一変に要注意で。

6/3 美坂 50.8‐11.9 強目
6/7 美坂 51.9‐13.0 馬なり

最終追い切り美坂51.9‐13.0馬なり。馬なりでの追い切りで美坂全体5番時計の好タイムを記録。3日にも好タイムを記録しているし、今回中2週でも疲れの心配は無用。ここ最近は成長を感じさせるレース&調教内容。東京も(1.1.1.0)と複勝を外したことのない安定感。今回も引き続きデムーロ騎手騎乗でやはりここも有力の存在で。

クラリティシチー ★★★★

5/31 南W 67.5‐12.4 馬なり
6/7  南W 68.2‐13.0 G前

1週前追い切り南W68.2‐13.0G前。ゴール前で強く追い切りされて良い動きを見せた。1週前にしっかりと時計を出しているし中3週ならこれくらいで十分。前走は上がり最速の2着と好走していて勢いもあり。今回中3週でのレースではあるが、引き続き好調維持。これは人気薄でも決して侮れない一頭で。

パドルウィール ★★★★

5/31 栗CW(83.2)67.3‐11.6 馬なり
6/7  栗CW(82.5)66.6‐11.6 強目

最終追い切り栗CW(82.5)66.6‐11.6強目。強目での追い切りで終い11.6と抜群の伸びを見せた。これで2週続けて終いで好タイムを記録、今週は強目で外を周回しての時計で中身も1週前より濃い。あまり東京のイメージはないが、500万レースで東京コースの勝利経験もあり。金鯱賞好走後の重賞2戦はいずれも2桁着順と惨敗したが、一度使われて状態を上げて来ているのは間違いなし。前走に引き続き池添騎手騎乗なのも魅力、ここは注意しておきたい。

タイセイサミット ★★★

6/2 栗坂 55.8‐12.5 一杯
6/7 栗坂 51.4‐12.5 一杯

最終追い切り栗坂51.4‐12.5一杯。一杯での追い切りで栗坂全体8番時計の好タイムを記録。1週前の時点では判断が難しかったが、今回中2週で2週続けて一杯、最終追い切りでしっかりと時計を出してきたし好気配と考えて良さそう。現在2連勝中と勢いあり。東京成績も良し、前走よりも斤量が2キロ増えるがこの気配なら要注意で。

ダッシングブレイズ ★★★

6/1 栗坂 54.0‐12.2 強目
6/7 栗CW(81.6)65.7‐11.8 馬なり

最終追い切り栗CW(81.6)65.7‐11.8馬なり。馬なりで全体&終いで良い動きを見せた。1週前の栗坂の終いも12.2と良い動きで今回状態は良さそう。ここ最近は結果を残せていないが、過去の調教の動きを見ても素質はかなり良いものを持っている印象。人気薄でも一変に注意で。

ベルーフ ★★★

5/31 栗CW 68.5‐11.9 一杯
6/7  栗CW   ‐11.7 一杯

最終追い切り栗CW終い11.7一杯。一杯での追い切りで終い11.7と良い伸び。上がり中心ではあるが、中3週での競馬で心配は無用。普段調教ではそれほど動いてこない馬ではあるがこの終いの動きは魅力。前走の大敗は気になるところではあるが、動き自体は酔良い。重賞実績もある馬で通用する力は十分にあるし注意が必要で。

マイネルミラノ ★★★

5/31 南W 69.3‐12.6 馬なり
6/7  南W 69.8‐13.6 馬なり

最終追い切り南W69.8‐13.6馬なり。中7週と少し間隔が空いていて一本は速い全体時計が見たかった印象。ただ1週前は大外を周回して終いで12.6を記録しているし状態は悪くはなさそう。前走勝利して勢いもあるはずで当然注意は必要。

ナスノセイカン ★★★

6/1 南W 68.7‐13.1 馬なり
6/7 南W   ‐13.0 一杯

最終追い切り南W終い13.0一杯。一杯での追い切りで終い13.0、速い時計ではないが外を周回してのもので状態は上々と考えて良い。金鯱賞では実力馬相手に善戦しているし通用する力は十分。前走は案外だったが、力はあるし侮れない一頭で。

デンコウアンジュ ★★★

5/31 栗坂 55.9‐12.5 馬なり
6/7  栗坂 52.8‐12.5 強目

最終追い切り栗坂52.8‐12.5強目。強目での追い切りで終い12.5と良い伸び。派手な動きではないが、中3週でのレースで動きも悪くないし出来落ちの心配はなさそう。前走ヴィクトリアマイルでは11番人気ながら上がり最速で2着と激走。元々末脚は以前から評判のあった馬。今回斤量54キロで出走できるし、直線の長い東京なら牡馬相手でも展開次第ではチャンスあり。

フルーキー ★★★

5/31 栗CW(86.5)68.8‐11.8 馬なり
6/7  栗CW(85.2)67.9‐12.0 一杯

最終追い切り栗CW(85.2)67.9‐12.0一杯。6Fから一杯での追い切り、終いは12.0と時計は良いが内目を周回してのもの。前走、1週前と動きが良かっただけに今回のこの動きは正直強調はできない印象。前走新潟大賞典ではトップハンデの上がり最速を記録していただけに今回注目していたが、前走からの上積みと考えると少し厳しいか。実績はあるし当然無視はできないが、今回も斤量58キロのトップハンデでどこまでやれるか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^