G1日本ダービー2017☆予想!京都&東京平場レースも!

スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

今回はG1日本ダービーと京都&東京平場レースの好調教馬・予想を公開していきます。

↓各重賞の追い切り情報は下記で公開しています↓

G1ダービー2017☆過去10年データ+α!

2017.05.23

G1日本ダービー2017☆最終追い切り!評価変動は!?

2017.05.24

G2目黒記念2017☆過去10年データ+α!

2017.05.25

G2目黒記念2017☆最終追い切り!注目馬は!?

2017.05.25

上記の記事で本命候補になったのは、
・サトノアーサー
・アルアイン
上記の2頭。

サトノアーサー&アルアイン共に栗CWでの最終追い切り。

アルアインは、最終追い切り栗CW終い11.7馬なり。馬なりで終い11.7とこちらも素晴らしい伸び。1週前にしっかりと追い切りされ、中5週でも疲れも感じさせない良い気配。2400mの距離は未知ではあるが、長距離に対応させる調教内容もこなしているし期待度も大きい。東京は初めてではあるが、引き続き気配良好で今回も注意で。ここ最近ダービーで絶好調のディープインパクト産駒、皐月賞に続き勝利をモノにできるか注目で。

上記の馬もかなり好気配だが、今回前走よりも良い動き、成長も感じる馬が一頭。

サトノアーサーは、最終追い切り栗CW終い11.5馬なり。馬なりで終い11.5と抜群の伸び。これで3週続けて栗CW終い11.5と今回素晴らしい動きを披露。2ヶ月の休み明けでもしっかりと追い切りされて好仕上がり。前走毎日杯ではアルアインに敗れはしたが、上がり最速を記録していたし、0.1秒差と僅差のレース。その後アルアインは皐月賞を勝利、この馬もかなりの素質馬なのは間違いなし。文句なしの好気配、今回はこの馬で勝負します。

上記の理由により本命は、サトノアーサーで勝負します!

では2番手以降の評価も見ていきます。
※昨年から重賞では★=中穴 ☆=大穴と分類することにしました。レースによっては該当馬なしの場合もありますのでご注意下さい。

G1日本ダービー・予想

サトノアーサー

アルアイン

ペルシアンナイト

ベストアプローチ

ダンビュライト

レイデオロ

スワーヴリチャード

アドミラブル

各馬のコメントは追い切り記事で紹介しています!

↓私もこの度調教担当として参加させて頂きました!「メシ馬・シルブレブログ」では、コース形態などから論理的にレースの考察をしています。シルブレメンバーの各ファクターの専門家が面白い予想を展開しています!是非ご覧下さい(^^
44

続いて重賞以外の平場レースも見ていきます。

さっそく見ていきましょう。

28日開催平場レース好調教馬
京都開催レース好調教馬

◎=本命 ○=対抗・穴 ☆=穴・大穴 ★=新馬 注=激走注意
※今年から「注」を採用しました。

【京都4R】
マイネルプロンプト(栗CW)
ココ(栗CW)

マイネルプロンプトは、最終追い切り栗CWで6Fから追い切りされて好タイムを記録。ここでは力上位は間違いなし、気配も良いしここは有力で。
ココは、1週前&最終追い切り栗CWで続けてかなりの好タイムを記録。乗り込み本数は少ないが、動き自体はかなり良いし問題なし。この動きなら警戒が必要。

【京都5R】
スズカコーズライン(栗CW)

【京都7R】
人気ブログランキングへ→1(栗坂)
ロライマ(栗CW)

人気ブログランキングへ→1は、1週前追い切り栗坂3番時計、最終追い切り栗坂全体2番時計と2週続けて好タイムを記録。間隔を少し空けて状態もかなり良くなった印象。1Fの距離短縮も歓迎。ここは有力で。
ロライマは、1週前&最終追い切り栗CWで6Fから追い切りされて最後までしっかりとした良い動き。ブリンカー着用の効果が明らかに出ているしここは巻き返しに期待で。

【京都10R】
ティーハーフ(栗坂)
人気ブログランキングへ→2(栗坂)
ファインニードル(栗坂)
ブラヴィッシモ(栗坂)
ダイシンサンダー(栗坂)

ティーハーフは、最終追い切り栗坂51.8‐12.8一杯。一杯での追い切りで栗坂全体11番時計の好タイムを記録。今回もトップハンデではあるが前走よりも1キロ軽くなるのは魅力。実績は上位、気配も良いしこのメンバーなら期待十分で。
人気ブログランキングへ→2は、1週前&最終追い切り栗坂で破格の好タイムを記録。久々&初芝と不安要素はあるが、調教通り動ければ十分に好走可能。秘めている素質はかなりのものがありそう。面白い一頭で。

【京都11R】
人気ブログランキングへ→3(栗坂)
ルーズベルトゲーム(栗坂)

人気ブログランキングへ→3は、1週前栗CW65.8‐11.8一杯。最終追い切り栗坂51.7‐12.4一杯。2週続けてしっかりと負荷をかけられて好タイムを記録。今回骨折明けのレースにはなるがしっかりと動けていて心配無用。持ち時計は今メンバーで最速、通用する力があるのは明らか。久々でもかなり怖い。
ルーズベルトゲームは、1週前に栗坂終い11.5と破格の好タイムを記録。4ヶ月半と間隔は空いたが、この絶好の動きなら警戒が必要で。

【京都12R】
カフジキング(栗CW)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^