G1ヴィクトリアマイル2017☆最終追い切り!好気配は!?

スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

今回は牝馬のマイル女王決定戦である、
G1ヴィクトリアマイルの最終追い切り情報です。

詳しい評価の目安は下記で記述していますのでご覧ください。

G1ヴィクトリアマイル・最終追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※今回から★評価を採用!(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!
 目安① ★=1:悪い ★=2:普通 ★=3:上々 ★=4:好気配 ★=5:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

5/4  南W 65.8‐12.5 馬なり
5/10 南W   ‐12.7 馬なり

最終追い切り南W終い12.7馬なり。今週は上がり中心の追い切りではあったが終いで抜群の伸びを見せた。1週前も南W5F全体13番時計とかなり良い動きを見せていたし状態はかなり良い感じ。前走金鯱賞は8着と惨敗したが、この時は休み明けでまだ万全とは言えない印象だった。しかし今回の動きは前走から一変していていて文句なしの好気配。東京は3勝している得意舞台、昨年の今レースは5着だったが、今の気配なら昨年以上の激走に要注意で。

4/26 栗坂 52.1‐12.1 一杯
5/3  栗CW(81.4)65.5‐11.8 G前
5/10 栗坂 54.4‐12.1 馬なり

最終追い切り栗坂54.4‐12.1馬なり。馬なりでの追い切り、今週は全体時計で速い時計は出して来なかったが終いは12.1と抜群の動き。今回3ヶ月の休み明けにはなるが、2週前&1週前でしっかりと追い切りされているし久々を感じさせない良い動き。前走京都記念で2着と好走していて7歳でも力の衰えは皆無。今回3Fの距離短縮にはなるが、昨年はマイル重賞で2勝と結果を残しているし、この距離でも適性は十分。悲願のG1制覇に向けて期待。

レッツゴードンキ ★★★★

5/3  栗坂 51.3‐12.6 強目
5/10 栗坂 53.5‐12.0 馬なり

最終追い切り栗坂53.5‐12.0馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.0と良い伸び。こちらも1週前ほどの時計は出してこなかったが、中6週で動きも良く好気配。前走高松宮記念で2着と好走、今回2Fの距離延長にはなるが、桜花賞馬で3走前のターコイズSでも2着と好走していてマイルでも心配なし。ここ最近は連対を外したことのない安定感。ここ最近は結果もついてきているし今回も引き続き警戒しておきたい。

クイーンズリング ★★★★

5/3  栗CW(82.3)66.2‐11.9 一杯
5/10 栗坂 53.2‐12.3 馬なり

最終追い切り栗坂53.2‐12.3馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.3と良い伸び。今回中4週でも1週前にしっかりと追い切りされてきたし、一度使われて気配もかなり良くなった印象。前走阪神牝馬Sでは15着だったが、海外後の休み明けでのレースで参考外。エリザベス女王杯も制覇した実績馬、デムーロ騎手騎乗で当然人気はするだろうが、上積み十分で今回も侮れない一頭で。

ウキヨノカゼ ★★★★

5/4  美坂 62.8‐14.4 馬なり
5/10 南W   ‐12.6 馬なり

最終追い切り南W終い12.6馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.6と良い伸びを見せた。今回上がり中心ではあるが、外を周回しての時計で今の好調さを感じさせる良い動き。前走福島牝馬Sでは良い末脚を見せて見事勝利。7歳ながら見事な脚、展開に左右されやすいが終いは確実、勢いもあり。過去10年福島牝馬S組は(0.1.2.36)と不振ではあるが、今の気配なら警戒が必要で。

ミッキークイーン ★★★

5/4  栗CW(83.2)67.3‐11.8 一杯
5/10 栗CW     ‐11.8 一杯

最終追い切り栗CW終い11.8一杯。上がり中心の追い切りではあったが、一杯で終い11.8と好タイムを記録。中4週ならこれくらいで十分。今回調教では特別派手な動きではなかったが、前走阪神牝馬Sでも余裕残しの仕上げで勝利してきたし、やはり力は一枚上手の印象。今回一度使われて上積みも十分に期待できるし、昨年の今レースで2着の実績もあり。当然人気するだろうが、実力屈指でやはり要注意。

アドマイヤリード ★★★

5/3  栗CW(83.1)66.6‐11.7 G前
5/10 栗坂 53.4‐12.7 馬なり

最終追い切り栗坂53.4‐12.7馬なり。馬なりでの追い切り、今回負荷という面ではそれほどハードに追い切りされてはこなかったが、中4週ならこれくらいで問題はなさそう。前走阪神牝馬Sでは2着と好走、ミッキークイーンと上がり最速タイと抜群の末脚を見せていたし、素質はかなりのものあり。1週前の記事でも紹介したが、馬体が非常に軽い馬で、どうしても馬体の維持という面が気になるところ。昨年の桜花賞では412キロで5着、オークスは404キロで15着。今回も420キロ後半は維持したい。当日の馬体重には要注意で。

ヒルノマテーラ ★★★

5/3  栗坂 51.4‐13.4 一杯
5/10 栗坂 55.5‐12.5 馬なり

最終追い切り栗坂55.5‐12.5馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.5と良い伸び。今回中4週ではあるが動き自体は良いし状態は良さそうな印象。最近は結果を出せていないが、レース経験は豊富で注意はしておきたいところ。

ジュールポレール ★★★

5/3  栗坂 52.8‐12.5 強目
5/10 栗坂 53.1‐12.3 一杯

最終追い切り栗坂53.1‐12.3一杯。一杯での追い切り、時計面では上記の馬と比べると少し物足りない面はあるが、中4週でも一杯でしっかりと負荷をかけられている。ここ最近は成長を感じるし、3走前にはアドマイヤリードにも勝利するなど素質は良いものあり。今回関東への輸送もポイント。注意は必要で。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^