G1NHKマイルC2017☆予想!京都&東京平場レースも!

スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

今回はG1NHKマイルCと京都&東京&新潟平場レースの好調教馬・予想を公開していきます。

↓各重賞の追い切り情報は下記で公開しています↓

G3新潟大賞典2017☆過去10年データ+α!

2017.05.06

G3新潟大賞典2017☆1週前&最終追い切り!注目は!?

2017.05.03

G1NHKマイルC2017☆過去10年データ+α!

2017.05.05

G1NHKマイルC2017☆最終追い切り!評価上昇は!?

2017.05.05

上記の記事で本命候補になったのは、
・ナイトバナレット
・アウトライアーズ
・タイセイスターリー
・タイムトリップ
上記の4頭。

ナイトバナレット&タイセイスターリーは栗坂、アウトライアーズは美坂での最終追い切り。

ナイトバナレットは1週前&最終追い切り栗坂で破格の動きでかなりの好タイムを記録。調教では毎度動いてくる馬、これがなかなか結果に結びついていないが、過去のレースでは何度も良い末脚を見せているし展開次第ではチャンスも十分。秘めている素質はかなり良いものあり。今回人気もしないだろうし、この抜群の動きなら妙味十分で。
タイセイスターリーは、1週前&最終追い切り栗坂でしっかりと一杯に追い切りされて好タイムを記録。こちらの馬も普段から栗坂で破格の時計を出してくる馬。高い能力を秘めているのは間違いないが、レースに集中できていない幼い面あり。今回シャドーロールをつけてくるとのこと、集中してレースをすることができれば上位も十分に可能。しっかり追い切りされての一変に期待で。
タイムトリップは最終追い切り南W(80.3)65.1‐12.6強目。強目での追い切りで南W5F全体5番時計の好タイムを記録。前走ニュージーランドTでは5着だったが、上がり最速を記録していたし、自分の力は十分に見せていた。展開次第にはなりそうだが、気配は文句なしに良いし当然警戒が必要で。

上記の馬もかなり好気配だが、今回美坂で抜群の動きをしてきた馬が一頭。

アウトライアーズは、今回最終追い切り美坂で自己ベストを大幅に更新、今回脚の張りが長引いたそうだが、この美坂での追い切りを見る限り問題なし。前走皐月賞では時計も速くこの馬にとってまったく合わない展開。今回マイルへの距離短縮はプラスに出そうだし、直線の長い東京なら期待度もアップ。3走前の末脚を見せることができればここでも期待大。前走の敗戦でオッズの妙味も出そう非常に魅力。

上記の理由により本命は、アウトライアーズで勝負します!

では2番手以降の評価も見ていきます。
※昨年から重賞では★=中穴 ☆=大穴と分類することにしました。レースによっては該当馬なしの場合もありますのでご注意下さい。

G1NHKマイルC・予想

アウトライアーズ

タイムトリップ

ナイトバナレット

タイセイスターリー

ディバインコード

オールザゴー

レッドアンシェル

※今回は面白い穴馬がたくさんで上記の印になっています。

各馬のコメントは追い切り記事で紹介しています!

↓私もこの度調教担当として参加させて頂きました!「メシ馬・シルブレブログ」では、コース形態などから論理的にレースの考察をしています。シルブレメンバーの各ファクターの専門家が面白い予想を展開しています!是非ご覧下さい(^^
44

続いて重賞以外の平場レースも見ていきます。

さっそく見ていきましょう。

7日開催平場レース好調教馬
京都開催レース好調教馬

◎=本命 ○=対抗・穴 ☆=穴・大穴 ★=新馬 注=激走注意
※今年から「注」を採用しました。

【京都6R】
カゼノカムイ(栗坂)

【京都10R】
オールマンリバー(栗坂)
ヒデノインペリアル(栗CW)

オールマンリバーは、最終追い切り栗坂52.7‐12.2強目。強目での追い切りで終い12.2と抜群の伸び。なかなか勝ちきれない面はあるが成績は毎回安定しているのは大きな魅力。今回も引き続き好気配。叩き2戦目で上積み十分、ここは期待大で。

【京都11R】
人気ブログランキングへ→1(南W)
アクティブミノル(栗坂)
ファインニードル(栗坂)

人気ブログランキングへ→1は、最終追い切り南W67.1‐12.2馬なり。馬なりで外を周回して終い12.2と絶好の動き。前走で激走注意馬に指名して2着と好走。引き続き気配は良いし今回も警戒したい。要注意で。
東京開催レース好調教馬

◎=本命 ○=対抗・穴 ☆=穴・大穴 ★=新馬 注=激走注意
※今年から「注」を採用しました。

【東京2R】
人気ブログランキングへ→2(南W)

人気ブログランキングへ→2は、最終追い切り南W66.9‐12.7馬なり。馬なりでの追い切りで抜群の動きを披露。初戦&2戦目では良いところは見せられなかったが、調教での動きを見る限りこのクラスで立ち止まるような素質ではない。今回好枠をゲット、調教通り走れれば好走も十分に可能で侮れない。

【東京9R】
ルグランパントル(南W)
エイシンエルヴィン(栗CW)

【東京12R】
ミカエルシチー(栗坂)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^