G2京都新聞杯2017☆最終追い切り!高評価は!?

スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

今回はダービーの重賞な前哨戦でもある、
G2京都新聞杯の最終追い切り情報です。

詳しい評価の目安は下記で記述していますのでご覧ください。

G2京都新聞杯・最終追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※今回から★評価を採用!(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!
 目安① ★=1:悪い ★=2:普通 ★=3:上々 ★=4:好気配 ★=5:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

4/27 栗CW(84.9)67.1‐11.6 馬なり
5/3  栗CW(85.4)68.4‐11.5 馬なり

最終追い切り栗CW栗CW(85.4)68.4‐11.5馬なり。6Fから馬なりでの追い切りで終い11.5と抜群の伸びを見せた。1週前も終い11.6と良い動きをしていたし、中2週でも疲れの心配もなく好調維持。今回上位人気が予想される馬は休み明けの馬も多いし、間隔をつめて使っているのはプラス。京都外回りの舞台も問題ないし、この気配なら当然有力の一頭で。

4/19 栗CW(83.1)67.2‐11.8 一杯
4/27 栗CW(84.1)68.3‐11.7 一杯
5/3  栗CW     ‐11.6 G前

最終追い切り栗CW終い11.6G前。ゴール前で強く追い切りされて終い11.6と好タイムを記録。これで3週続けて終い11秒台と良い伸びを見せた。今回2ヶ月半と少し間隔は空いたが、しっかりと乗り込まれていて久々でも気配は良好。過去3戦中2戦で上がり最速を記録、前走は敗れはしたものの強い内容の競馬だったしここでも力上位と考えて良い。前走で距離の心配もなくなったし今回こちらも当然警戒しておきたい一頭。

ダノンディスタンス ★★★★

4/20 栗CW(80.7)65.6‐12.4 一杯
4/26 栗CW(80.8)65.4‐13.0 一杯
5/3  栗坂 54.1‐12.6 一杯

最終追い切り栗坂54.1‐12.6一杯。一杯での追い切り、全体時計は特別速いものではないが、終いは12.6と良い伸び。今回2週前&1週前、そして最終追い切りで一杯でしっかりと負荷をかけて追い切りされてきたし気配はかなり良くなった印象。京都コースは(1.1.0.1)と相性良し。若駒Sでは上がり最速、速い時計の中で強い内容を見せていたし通用する力は十分にあり。この動きならいきなり注目で。

サトノリュウガ ★★★

4/26 栗坂 53.2‐12.9 一杯
5/3  栗坂 52.0‐12.6 一杯

最終追い切り栗坂52.0‐12.6一杯。一杯での追い切りで水曜の栗坂全体13番時計の好タイムを記録。終いもしっかりと動けているし久々でも気配は良さそう。現在2連勝中、いずれも京都の舞台と魅力。また馬場関係なく好走できた点も高評価。まだ万全とは言えなさそうではあるが、休み明けの割に気配は良いし、鉄砲実績もありで人気でもやはり無視できない。

ゴールドハット ★★★

4/26 栗CW(83.4)66.5‐11.8 一杯
5/3  栗坂 54.9‐13.0 馬なり

最終追い切り栗坂54.9‐13.0馬なり。馬なりでの追い切り、時計自体は派手はものではないが、動き自体は良い。1週前にしっかりと負荷をかけられているしこれだけ動ければ問題なし。前走はマイナス10キロの408キロながら3着と善戦。小柄な馬のマイナス体重でも力があるところを見せてくれた。現時点での判断は難しい、後は当日どれだけ馬体が回復できているかが鍵となりそう。

インヴィクタ ★★★

4/27 栗坂 54.8‐12.5 一杯
5/3  栗坂 53.9‐12.9 馬なり

最終追い切り栗坂53.9‐12.9馬なり。馬なりでの追い切り、併せ馬に遅れはしたが、相手はヴォルシェーヴだったしここは気にする必要なし。今回中6週だが本数はしっかりと乗り込まれている点は好印象。2走前の京都2400m戦で上がり最速の2着と好走、過去4戦中3戦で上がり最速を記録しているあたり、高い力を秘めているのは間違いなし。今回はオッズ面も考慮して印を決めたい。

ミッキースワロー ★★★

4/27 南W(87.2)70.9‐13.1 馬なり
5/3  美坂 54.2‐12.4 馬なり

最終追い切り美坂54.2‐12.4馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.4と良い動き。今回そこまで負荷はかけられていないが、中3週ならこれくらいで良さそう。こちらも過去3戦共に上がり最速を記録している素質馬。過去2200mの勝利経験があるのは魅力。京都は初めてだが良いものを秘めていそう。ただ新馬以依頼体重が減っているのに加えて今回輸送もありでどこまで馬体が維持できているかも当日の注目ポイントで。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^