G2青葉賞2017☆1週前追い切り!注目はこの馬!!

GⅡ1週前追い切り
スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

今回は2着内に日本ダービーの出走権が与えられる、
G2青葉賞の1週前追い切り情報です。

詳しい評価の目安は下記で記述していますのでご覧ください。

G2青葉賞・1週前追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※今回から★評価を採用!(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!
 目安① ★=1:悪い ★=2:普通 ★=3:上々 ★=4:好気配 ★=5:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

4/19 栗CW(78.8)64.9‐11.9 一杯

1週前追い切り栗CW(78.8)64.9‐11.9一杯。6Fから一杯での追い切りで栗CW5F全体5番時計の好タイムを記録。内目を周回しての時計ではあるが、終いも11.9と抜群の伸びを見せているしこれらを考慮してもこの時計はかなり良い数字。前走のゆりかもめ賞では先行してそのまま粘り勝ち。東京2400mでの勝利経験はかなり大きいし、距離の心配もなし。今回3ヶ月と間隔は空いたが、しっかりと動けているし気配は休養前よりも良い印象。おそらくそこまで人気はしないと思うが、この動きをされたら決して侮れない。

4/19 栗CW(96.7‐80.6)65.4‐12.3 一杯

1週前追い切り栗CW(96.7‐80.6)65.4‐12.3一杯。7Fの長目から一杯で追い切りされて全体&終いで良い動きを披露。こちらも間隔は空いたが、しっかりと負荷をかけられていて動きもかなり良かった。実績を考えると狙いづらいところではあるが、気配はかなり良いし、最終追い切りでもしっかりと動いてくれば侮れない存在になりそう。

トリコロールブルー ★★★★

4/20 栗CW(83.9)66.7‐11.8 一杯

1週前追い切り栗CW(83.9)66.7‐11.8一杯。6Fから一杯での追い切り。全体時計は上記の馬よりも劣るが、中5週を考えれば1週前で速い時計はそこまで必要ではないし、終いは11.8と良い伸びを見せていて好気配。兄はワールドインパクトで青葉賞2着の実績もあり。血統的にも長距離は問題なさそう。今回要注意の一頭で。

マイネルスフェーン ★★★

4/12 南W 69.7‐13.1 一杯
4/19 南W 66.0‐13.3 一杯

1週前追い切り南W66.0‐13.3一杯。一杯での追い切りで南W5F全体22番時計と好タイムを記録。終いは13.3と少し時計を要したが、動き自体は良いし、2週前と比べて段々と動きも良くなっていて、1週前ならこれくらいで十分。また東京は(1.1.0.0)と連対を外したことなしで期待十分、注意が必要で。

ベストアプローチ ★★★

4/19 栗CW(83.5)66.6‐12.0 一杯

1週前追い切り栗CW(83.5)66.6‐12.0一杯。6Fから一杯での追い切り、時計自体は特別速くはないが、併せ馬を大きく追走して先着するなど良い動き。前走弥生賞では4着と惜敗。東京コースは6着と敗れているが、今メンバーでは力上位は間違いなし。過去の調教を見てももっとやれる力は間違いなくあり。最終追い切りでも良い動きを見ることができれば評価を上げる必要ありで。

イブキ ★★★

4/19 南W 68.2‐12.8 馬なり

1週前追い切り南W68.2‐12.8馬なり。馬なりでの追い切り、全体時計は速い時計を出してこなかったが、終いは12.8と良い伸び。これは外を周回しての時計、間隔は少し空いたがしっかりと追い切りされて良い動きを見ることができたし、最終追い切り次第では面白くなりそう。

アドマイヤウイナー ★★★

4/19 栗坂 53.5‐13.1 一杯

1週前追い切り栗坂53.5‐13.1一杯。一杯での追い切り、時計はそこまで速くないが、動きは上々。前走500万レースでは先行して上がり最速を記録するなど力の高さを見せていたし、折り合い面からもこの距離でも心配なさそう。こちらも警戒しておきたい一頭。

ポポカテペトル ★★★

4/20 栗CW(84.0)67.6‐12.2 強目

1週前追い切り栗CW(84.0)67.6‐12.2強目。強目での追い切り、派手な時計ではないが、上々の動きを見せた。前走2400m戦で勝利、距離に不安なし。前走勝利して勢いもあるし上積みもありそうで警戒しておきたい。

アドミラブル ★★★

4/20 栗坂 53.9‐13.5 馬なり

1週前追い切り栗坂53.9‐13.5馬なり。馬なりで軽目の追い切り。今回中3週での競馬、年明け2戦して2勝と勢いあり。今回鞍上も前走に引き続きデムーロ騎手とこちらも注目ポイント。現時点では何とも言えないが、最終追い切りの動き次第では当然上位評価まで。

前走かなり良い動きをしていたキングズラッシュの追い切り情報はなし。この馬の最終追い切りにも注目です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^