G2マイラーズC2017☆最終追い切り!評価を上げたのは?

GⅡ最終追い切り2
スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

今回は勝ち馬に安田記念の優先出走権が与えられる、
G2マイラーズCの最終追い切り情報です。

詳しい評価の目安は下記で記述していますのでご覧ください。

G2マイラーズC・最終追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※今回から★評価を採用!(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!
 目安① ★=1:悪い ★=2:普通 ★=3:上々 ★=4:好気配 ★=5:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

4/6  栗坂 54.2‐12.2 強目
4/13 栗CW(81.4)66.0‐11.7 一杯
4/19 栗CW(83.9)67.4‐12.1 馬なり

最終追い切り栗CW(83.9)67.4‐12.1馬なり。6Fから馬なりでの追い切り、全体時計はそこまで速い時計を出してきていないが、併せ馬を大きく追走して先着するなど良い動きを見せた。1週前は全体&終いでかなりの好タイムを記録しているし今回間隔は空いたが、仕上がり良好。前走は半年ぶりの休み明けながら見事な競馬で勝利。今回も2ヶ月半と少し間隔は空いたが、調教の動きを見ても一度使われたことで調子を上げているのは明らか。また前走で京都マイルの舞台も勝利していて問題なし。良い状態で出走できそうで要注意。

4/12 南W 66.7‐12.3 馬なり
4/19 南W 67.9‐13.5 馬なり

最終追い切り南W67.9‐13.5馬なり。今週は馬なりでそこまで負荷をかけた追い切りではなかったが、1週前に南W5F全体19番時計、そして終い12.3と抜群の伸びを見せているし好気配。前走金鯱賞では距離も長かったか7着と惨敗ではあったが、今回マイルへの距離短縮はプラスに出そう。開幕週で速い流れの対応が鍵となりそうだが、気配は引き続き良いし今回も警戒しておきたい。

エアスピネル ★★★★

4/12 栗坂 54.7‐12.5 馬なり
4/19 栗坂 52.2‐12.3 一杯

最終追い切り栗坂52.2‐12.3一杯。一杯での追い切り、先週ほどではないが、今週の栗坂も時計がかかっていた中で好タイムを記録。2ヶ月半と少し間隔は空いたが、最終追い切りでしっかりと追い切りされてきたし、自分の力は出せそうな仕上がり。京都コースは(2.0.1.0)と複勝圏内を外したことなしの安定感。今回斤量も1キロ減、ここでも当然有力の一頭で。

フィエロ ★★★

4/13 栗坂 53.7‐12.7 馬なり
4/18 栗坂 60.7‐14.0 馬なり
4/20 栗坂 52.0‐13.0 馬なり

最終追い切り栗坂52.0‐13.0馬なり。馬なりでの追い切りで全体&終いで好タイムを記録。中3週でもしっかりと動けているし出来落ちの心配は無用。京都は得意だし、今回間隔を詰めてのレースで上積みも十分に考えられる。8歳でもまだまだ元気一杯、要注意で。

クルーガー ★★★

4/5  栗CW(81.4)66.0‐11.8 一杯
4/12 栗CW(79.9)64.4‐11.6 一杯
4/19 栗坂 53.2‐12.5 一杯

最終追い切り栗坂53.2‐12.5一杯。一杯での追い切り派手な時計ではないが、今週の時計の出方を考えれば十分な数字。今回約1年ぶりと長期休み明けにはなるが、2週前&1週前、そして最終追い切りとしっかり負荷もかけられているし仕上がり自体は悪くない。昨年のマイラーズCでは勝利していて舞台適性は文句なし。レースの感覚が戻っているかは未知ではあるが、気配は悪くないし、警戒が必要で。

イスラボニータ ★★★

3/29 南W(84.7)68.0‐12.7 馬なり
4/5  南W   68.7‐12.4 G前
4/12 南W   68.4‐12.7 一杯
4/19 南W   68.2‐12.5 馬なり

最終追い切り南W68.2‐12.5馬なり。馬なりでの追い切り、全体時計はそこまでだが、終いは12.5と良い伸びを見せた。今回全体時計でそこまで速い時計を出してきていないし余裕残しの仕上げと考えられるが、終いでは良い脚を見せているし調子自体は良さそう。4ヶ月ぶりのレースではあるが実績は文句なし。万全の仕上げでなくてもやはり無視はできない。

ブラックスピネル ★★★

4/12 栗坂 53.0‐14.7 一杯
4/19 栗坂 51.4‐12.8 一杯

最終追い切り栗坂51.4‐12.8一杯。一杯での追い切りで水曜の栗坂全体3番時計の好タイムを記録。今週は時計はかなり良い数字、ただ1週前は一杯で終い14.7と時計を要していたし、今回最終追い切りで急仕上げ感は否めない印象。京都の舞台も得意で、デムーロ騎手が騎乗ときたら当然注意は必要だが、少し間隔を空けてのレースでどこまでやれるか。

ヤングマンパワー ★★★

4/5  美坂 52.7‐11.9 馬なり
4/12 美坂 53.1‐12.4 馬なり
4/19 美坂 54.4‐12.1 強目

最終追い切り美坂54.4‐12.1強目。強目での追い切りで終い12.1と良い伸び。ただ今回間隔を空けてのレース、最終追い切りで速い全体時計が見たかったところで万全とは言えない印象。ただ関屋記念では速い時計のレースにも対応していたし開幕週の今回も注意は必要で。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^