G3アンタレスS2017☆最終追い切り!好気配は!?

GⅢ最終追い切り 3
スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

今回は注目のダート重賞、
G3アンタレスSの最終追い切り情報です。

詳しい評価の目安は下記で記述していますのでご覧ください。

G3アンタレスS・最終追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※今回から★評価を採用!(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!
 目安① ★=1:悪い ★=2:普通 ★=3:上々 ★=4:好気配 ★=5:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

4/6  栗CW(78.2)63.7‐12.5 強目
4/12 栗CW(82.8)66.9‐12.1 一杯

最終追い切り栗CW(82.8)66.9‐12.1一杯。6Fから一杯での追い切りで最後までしっかりとした良い動きを見せた。今週は1週前ほどの時計ではないが、栗CWは全体的にかなり時計がかかっていて心配無用。1週前の動きは破格だったし、好調なのは間違いなし。今回前走から2Fの距離延長にはなるが、1800mでの勝利経験もあるし、調教の動きを見ても距離延長に問題なし。2走前のダート戦で平場好調教馬として紹介して人気薄で見事勝利。秘めている素質はかなりのものがあるし、今回久々でもいきなり注目で。

4/5  南W(81.6)65.5‐12.8 強目
4/12 南W   67.7‐12.5 強目

最終追い切り南W67.7‐12.5強目。強目での追い切りで終い12.5と良い伸び。1週前には6Fから強目での追い切りで南W5F全体8番時計の好タイムを記録していてこちらも今回気配はかなり良い。ここ最近は結果が出せていないが、マーチSで重賞勝利経験もある素質馬。今回ここ最近では一番良さそうな気配で要注意。

ピットボス ★★★★

4/5  栗CW(81.0)65.2‐12.3 一杯
4/12 栗CW(82.3)66.6‐12.1 一杯

最終追い切り栗CW(82.3)66.6‐12.1一杯。6Fから一杯での追い切り、今回2週続けて一杯としっかりと負荷をかけて追い切りされてきたのは好印象。前走マーチSでは16着と大敗してしまったのは少し気になるところではあるが、今回も前走に引き続き好気配。阪神ダートは(1.0.1.1)と好相性、3走前には阪神ダート1800mでも勝利しているし得意舞台へと変わったことで一変に要注意で。人気薄でも警戒が必要。

ロワジャルダン ★★★★

4/6  南W(81.2)64.8‐13.6 G前
4/12 南W   68.7‐14.0 馬なり

採取追い切り南W68.7‐14.0馬なり。馬なりでの追い切りで今週は速い時計を出してこなかった。ただ1週前は6Fから追い切りされて南W5F全体1番時計の好タイムを記録していて気配良好。こちらもここ最近の成績はイマイチではあるが、重賞勝利経験、G1チャンピオンズカップ4着と実績は上位。最終追い切りであと一本負荷のかかった追い切りを見たかったところではあるが、1週前の動きは抜群だったしそこまで気にしなくても良いか。久々でも注意で。

グレンツェント ★★★

4/5  南W(85.3)68.9‐13.3 馬なり
4/12 南W   67.9‐13.2 馬なり

最終追い切り南W67.9‐13.2馬なり。馬なりでの追い切り、1週前の記事でも紹介したように2週前、1週前と段々と動きも良くなってきているし、最終追い切りも1週前よりも良い動きだった。まだ万全の気配とは言えない印象ではあるが、久々でも仕上がりは上々。過去10年斤量58キロの馬の勝ち馬はゼロと厳しい条件ではあるが、最近の成績を考えればそこまで気にする必要もないか。阪神は初ではあるが、実績上位で当然注意が必要で。

モルトベーネ ★★★

4/9  栗坂 63.6‐14.2 馬なり
4/12 栗坂 53.4‐12.9 一杯

最終追い切り栗坂53.4‐12.9一杯。一杯での追い切り、普段ならこの数字なら平凡ではあるが、今週の馬場ならこの数字はかなり良い方。今回中1週での競馬ではあるが、最終追い切りでしっかりと追い切りされてきたのは好印象。東海Sで◎本命を打って2着と好走してくれた素質馬。確実に力をつけてきているし、阪神コースの成績も悪くない。注意しておきたい。

モンドクラッセ ★★★

4/5  南W 68.7‐13.7 一杯
4/12 南W   ‐12.8 馬なり

最終追い切り南W終い12.8馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.8と良い伸び。今回間隔は少し空いたが、1週前にしっかりと追い切りされて最終追い切りでは良い伸びを見せて好気配。前走総武Sでは坂がある中山でも勝利。阪神コースは初ではあるが十分に対応は可能だろう。通用する力は十分、斤量も56キロで警戒が必要。

ロンドンタウン ★★★

4/5  栗CW(85.3)67.5‐12.4 馬なり
4/12 栗CW(86.4)70.2‐12.4 一杯

最終追い切り栗CW(86.4)70.2‐12.4一杯。6Fから一杯での追い切り、馬場を考えれば今週はそこまで気にしなくても良いかもしれないが、一杯で内目を周回しての時計ならやはり少し物足りない印象。前走の追い切りがかなり良かっただけに今回は少し見劣りする印象。ただ過去の追い切りを見ても素質はかなり良いものを感じるし、好走も十分可能性ありで注意。

アスカノロマン

4/12 栗CW(87.4)70.8‐13.2 馬なり

最終追い切り栗CW(87.4)70.8‐13.2馬なり。馬なりでの追い切り、今回は中2週で乗り込み本数は少ない。今回も前走同様気配的にはそこまでと言った印象。ただ前走はあの気配でも5着と善戦してきてさすがの実績馬と言ったところだった。今回前走より斤量も1キロ減るし、鞍上も乗り慣れた和田騎手へと乗り替わりはプラス材料。条件的には前走よりも良いが気配面ではそこまでで。

ミツバ ★★★

4/5  栗CW(81.9)66.9‐12.4 一杯
4/12 栗CW(85.6)69.8‐12.1 一杯

最終追い切り栗CW(85.6)69.8‐12.1一杯。一杯での追い切り、2週続けて負荷はかけられているが、時計面でも物足りなく今回少し間隔を空けてのレースでまだ動き自体は本調子ではなさそう。ただ阪神は(4.3.1.3)と得意舞台。逃げ&差しなど脚質も自在、そして斤量も1キロ減るのは魅力。無視はできないが、調教では強調しづらいところ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^