G1皐月賞2017☆1週前追い切り!注目馬多数!

スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

今回は牡馬クラシックの第1戦、
G1皐月賞の1週前追い切り情報です。

詳しい評価の目安は下記で記述していますのでご覧ください。

G1皐月賞・1週前追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※今回から★評価を採用!(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!
 目安① ★=1:悪い ★=2:普通 ★=3:上々 ★=4:好気配 ★=5:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

3/29 南W(83.8)68.3‐12.4 G前
4/5  南W(81.0)66.3‐12.0 強目

1週前追い切り南W(81.0)66.3‐12.0強目。6Fから強目での追い切りで南W5F全体25番時計の好タイムを記録。さらに注目すべきは終い12.0という破格の時計、しかもこれは大外を周回してのものと抜群の動き。今回爪の不安等で5ヶ月の休み明けと条件的には厳しい面はあるが、この絶好の動きを見せられたら無視するわけにはいかない。2戦目で中山2000mを勝利していて、コース適性も十分。この気配なら好走も十分可能。今回かなり面白い一頭で。

4/5  栗CW(81.6)65.0‐11.8 一杯

1週前追い切り栗CW(81.6)65.0‐11.8一杯。6Fから一杯での追い切りで栗CW5F全体8番時計の好タイムを記録。終いも11.8と最後までしっかりと伸びていて気配は間違いなく良い。前走共同通信杯では上がり最速での見事な勝利。キャリア4戦中3戦で上がり最速、また連対を外したことのない安定感も魅力。近年今レースは共同通信杯組の好走も目立つレース。初めての中山でも問題なさそう、一度使われて上積みも十分で要注意の存在。

アダムバローズ ★★★★

4/5  栗CW(79.6)64.5‐12.4 一杯

1週前追い切り栗CW(79.6)64.5‐12.4一杯。終いは12.4と少し時計を要しているが、6Fから一杯での追い切りで栗CW5F全体5番時計とかなりの好タイムを記録。今回中3週、年明け4戦目とローテーション的になかなか厳しい面はあるが、この追い切りを見る限り疲れの心配はなさそう。現在2連勝中と勢いあり、ここ最近の調教は目を見張るものがあって力をつけているのは間違いなし。このメンバー相手でも警戒したい。

カデナ ★★★★

4/5 栗坂 51.6‐13.3 一杯

1週前追い切り栗坂51.6‐13.3一杯。一杯での追い切り、終いは13.3と時計を要しているが、全体時計はこの馬の自己ベストの好タイム。元々調教ではそこまで動いてこない馬ではあるが、今回しっかりと負荷をかけて追い切りされてきた点は好印象。前走弥生賞では万全の仕上げでなかったはずだが、圧巻のレースで見事な勝利。今回一度使われて上積みもあるはず、前走で中山コースも問題なく好走できたし不安要素もなし。過去全レースで上がり最速を記録するなど素質は間違いなし。やはり有力で。

ペルシアンナイト ★★★★

3/30 栗CW(82.0)66.6‐11.6 一杯
4/6  栗CW(82.9)67.3‐11.5 一杯

1週前追い切り栗CW(82.9)67.3‐11.5一杯。6Fから一杯での追い切り、5Fの全体時計は速い時計を出してこなかったが、終いは11.5とさすがの伸びを披露。2週前にも終い11.6としっかりと追い切りされていて引き続き好調維持。前走から2Fの距離延長にはなるが、調教での動きを見ても距離の面は心配する必要はなさそう。今回そこまで人気もしてこないだろうし注目の一頭で。

アメリカズカップ ★★★

4/5 栗坂 51.5‐13.0 一杯

1週前追い切り栗坂51.5‐13.0一杯。一杯での追い切りで栗坂全体51.5と前走に引き続き好タイムを記録。終いは13.0だが1週前で問題なし。前走きさらぎ賞では重馬場を苦にせず上がり最速の見事な勝利。引き続き気配も良好。今回相手はさらに強化されるが、もし馬場が悪化する条件になればここでの浮上も十分に考えられるし無視できない一頭で。

アウトライアーズ ★★★

4/5 南W 68.5‐12.3 馬なり

1週前追い切り南W68.5‐12.3馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.3と良い伸びを披露。前走スプリングSでは久々ながら2着と好走。中山成績は(2.1.0.0)と圧巻の好成績。今回前走よりも1Fの距離延長にはなるが、未勝利戦で中山2000mの勝利経験もあるし特に気にする必要もなさそう。中3週でもしっかりと動けているし、一度使われて調子もさらに上げてくるはず。最終追い切りの動き次第では怖い存在へと。

レイデオロ ★★★

4/5  南W 69.0‐12.7 馬なり

1週前追い切り南W69.0‐12.7馬なり。馬なりでの追い切り、全体時計は速くないが終いは12.7と外目を周回して好タイムを記録。疲れの影響もあって4ヶ月と間隔を開けてのレース。今回この選択がどう出るか。中山2000mを2勝していて適性的には当然問題なし。現在3戦連続上がり最速の3連勝中と負け知らず、この休んでいる間の成長面を含めて今回どこまでやれるかが注目ポイント。最終追い切りの動き次第で評価を決めたい。

トラスト ★★★

4/6 栗CW(97.5‐80.7)66.1‐11.7 一杯

1週前追い切り栗CW(97.5‐80.7)66.1‐11.7一杯。7Fから一杯での追い切りで終い11.7と最後までしっかりとした良い動き。前走毎日杯では5着と敗れはしたが、調教の動きも良く状態自体は良かった印象。結果は出せていないが、調教の動きを見る限りもっとやれる力はあるはず。人気薄でも注意は必要で。

クリンチャー ★★★

4/5 栗CW(95.7‐80.9)66.5‐13.2 一杯

1週前追い切り栗CW(95.7‐80.9)66.5‐13.2一杯。7Fから一杯での追い切り、終いは13.2と時計を要したが、中6週でしっかりと負荷をかけて追い切りされているのは好印象。新馬戦は12着と大敗したが、続く2戦目、3戦目と前で競馬をしての上がり最速とレース内容も抜群。このメンバー相手でも警戒しておきたい。今回まだ動きは少し重いだけに、1週前追い切りでビシッと追い切りされてどこまで変わってこれるか。最終追い切りには要注目で。

ファンディーナ ★★★

4/5 栗坂 54.1‐12.4 一杯

1週前追い切り栗坂54.1‐12.4一杯。一杯での追い切り、時計的にはこの馬にしては物足りないが、中3週で現時点で特に気にする必要なし。前走フラワーCでは2着馬を大きく引き離す圧勝劇。今回唯一の牝馬の参戦。ここ3戦のレース内容は言うまでもないし、牡馬相手のここでも力上位は間違いなし。状態面さえ整えれば当然好走も可能。あとは最終追い切りでの動き・気配で判断したい。

サトノアレス ★★★

4/5 南W 68.1‐13.4 馬なり

1週前追い切り南W68.1‐13.4馬なり。馬なりで軽目の追い切り。前走スプリングSでは上がり最速ながらも4着と敗戦。過去のレースを見てもこの2000mという距離は少し長い印象もあり。ただ前走は久々だったし、なんと言っても朝日杯を勝利したG1馬。これだけで評価は下げられないし、今回一度使ってどこまで状態を上げてこられるかに注目で。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^