G1桜花賞2017☆最終追い切り!◎評価変動!

G1最終追い切り 2
スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

今回は3歳クラシックの開幕レースである、
G1桜花賞の最終追い切り情報です。

詳しい評価の目安は下記で記述していますのでご覧ください。

G1桜花賞・最終追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※今回から★評価を採用!(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!
 目安① ★=1:悪い ★=2:普通 ★=3:上々 ★=4:好気配 ★=5:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

3/29 南W 70.7‐12.5 馬なり
4/5  南W 67.5‐12.5 馬なり

最終追い切り南W67.5‐12.5馬なり。馬なりでの追い切りで自己ベストを更新する好タイムを記録。全体時計は普段からそこまで速い時計を出してくる馬ではないが、終いは必ずと言って良いほどかなり伸びを見せてくるし、今回も外を周回して終い12.5と抜群の動き。1週前も同様の素晴らしい動きで気配は文句なし。現在4連勝中、先行しながら上がりでも良い脚を使えるし、今回不安要素はほとんどなし。輸送もあるが、何度も経験済みで心配無用。人気するのは間違いないが、ここは素直に高評価で。

3/26 栗坂 56.1‐11.9 強目
3/29 栗坂 55.3‐12.1 強目
4/5  栗坂 53.2‐12.3 馬なり

最終追い切り栗坂53.2‐12.3馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.3と良い動き。こちらは中4週で速い時計を出してきていないが、26&29日、そして今週と終いで良い動きを見せていて引き続き好調維持。前走チューリップ賞では★中穴にも指名して7番人気2着と好走。このレースではソウルスターリングに敗れはしたが、上がり最速を記録するなどかなりの素質を見せつけた。阪神1600mの舞台もピッタリの条件、まだ伸びしろも十分、先行勢が不振の今レース、素晴らしい末脚を持つこの馬は要注意で。

リスグラシュー ★★★★

3/29 栗坂 50.8‐12.2 強目
4/5  栗坂 55.1‐11.8 強目

最終追い切り栗坂55.1‐11.8強目。強目での追い切りで終い11.8と抜群の伸び。1週前も栗坂全体11番時計としっかりと動けていたし今回も仕上がりは良好。ここ2戦はソウルスターリングにいずれも敗れていて力の差を痛感する感じになってはいるが、追い切りの動きを見る限りもっとやれても良い馬。距離等の条件は問題ないし、逆転があってもおかしくない。調教での動きと結果がなかなか結びついてこないが、素質はかなりのものを秘めているしこちらも怖い存在で。

アドマイヤミヤビ ★★★★

3/23 栗CW(97.2‐81.2)65.6‐12.4 一杯
3/29 栗CW   (81.1)66.6‐12.5 一杯
4/5  栗坂 53.3‐12.5 馬なり

最終追い切り栗坂53.3‐12.5馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.5と良い動き。2週前&1週前に一杯で追い切りされていて、中7週でも好仕上がりと考えて良い。過去のレースを見ても、マイルよりももう少し距離が長い方がベストな印象はあるが、それでもマイルで成績を残せているのはかなりの素質馬である証拠。阪神外回りの舞台はプラスに働きそうだし、ソウルスターリングとの初対決は要注目で。

ミスエルテ ★★★★

3/23 栗CW(81.6)65.8‐12.0 馬なり
3/30 栗CW(81.8)66.6‐11.9 強目
4/5  栗CW     ‐11.6 馬なり

最終追い切り栗CW終い11.6馬なり。馬なりでの追い切りで終い11.6と抜群の動き。4ヶ月の休み明けではあるが、しっかりと動けているし仕上がり良好。前走朝日杯FSでは4着だったが、牡馬相手に善戦してくれた。こちらも阪神1600mは新馬戦で勝利していて適性は問題なし。今回間隔は空いたが、前走は馬体も減っていたし、休養効果で馬体を戻してこれば、力は上位だけに当然好走可能で。最終追い切りではそこまで負荷はかけてこなかったが動きは良いし、末脚は驚異。今回注意しておきたい。

レーヌミノル ★★★★

3/29 栗CW(80.7)63.6‐11.6 一杯
4/5  栗CW(83.2)68.5‐12.1 馬なり

最終追い切り栗CW(83.2)68.5‐12.1馬なり。馬なりでの追い切りで終い12.1と良い伸び。1週前には6Fから一杯での追い切りで栗CW5F全体1番時計自己ベストの破格の好タイムを記録。終いも11.6と最後まで良い伸びを見せているし状態に関しては文句なし。ただ過去のレース内容を見る限りやはりマイルは距離が長い印象はどうしてもつきまとってしまう。今回もこの面で不安はあるが、過去阪神JFで3着と好走しているし、追い切りの内容を見る限りマイルでもなんとかやってくれそうな動きを見せているだけに警戒したい。今回間違いなく人気は落ちるだろうし、妙味もあり。力はあるし軸とまではいかなくても抑えてはおきたい。

カラクレナイ ★★★

3/29 栗CW(82.8)67.0‐12.1 G前
4/5  栗CW(83.0)66.5‐11.7 馬なり

最終追い切り栗CW(83.0)66.5‐11.7馬なり。6Fから馬なりでの追い切り、1週前の動きはイマイチだったが、今週は終い11.7とかなり良い動きを披露。中3週でもしっかりと動いてきたし状態は良さそう。ただ今回4戦中3戦騎乗していたデムーロ騎手から乗り替わり。ここも注意で。

アエロリット ★★★

3/24 南W 70.8‐12.6 馬なり
3/30 南W(84.9)68.6‐12.8 馬なり
4/5  美坂 54.0‐12.8 馬なり

最終追い切り美坂54.0‐12.8馬なり。馬なりでの追い切り、今週は速い時計なし。ただ1週前に南Wで大外を周回して終い12.8と良い伸びを見せているし、こちらも気配良好。阪神・輸送は初と不安要素はあるが、過去のレースを見る限り通用する力は十分。安定したレース運びで、安定した成績を残しているし今回も引き続き警戒で。

ライジングリーズン ★★★

3/29 南W 68.6‐13.3 馬なり
4/5  南W 69.1‐13.1 馬なり

最終追い切り南W69.1‐13.1馬なり。馬なりでの追い切り、今回輸送もあるしそこまで速い時計の追い切りはなし。中3週を考えればそこまで負荷をかける必要はないし、過度な心配は無用か。ここ2戦はいずれも上がり最速を記録、前走は休み明けでも勝利していて、力の高さを見せているだけに当然無視はできない。

ジューヌエコール ★★★

3/29 栗CW(81.7)66.5‐11.7 一杯
4/5  栗CW(84.1)68.3‐12.5 馬なり

最終追い切り栗CW(84.1)68.3‐12.5馬なり。馬なりでの追い切り、今回中3週で最終追い切りではそこまで速い時計はなし。ただ1週前の動きは良かったし仕上がりは決して悪くない。ただこちらもマイルは少し長い印象はあるし、前走からの上積みはそこまでと言った印象。この強力メンバー相手にどこまでやれるか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^