G2ニュージーランドT2017☆1週前追い切り!好気配は?

スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

今回は上位3着馬にNHKマイルの優先出走権が与えられる、
G2ニュージーランドTの1週前追い切り情報です。

詳しい評価の目安は下記で記述していますのでご覧ください。

G2ニュージーランドT・1週前追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※今回から★評価を採用!(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!
 目安① ★=1:悪い ★=2:普通 ★=3:上々 ★=4:好気配 ★=5:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

3/23 栗坂 50.7‐12.2 一杯
3/30 栗CW(82.2)67.3‐11.4 一杯

1週前追い切り栗CW(82.2)67.3‐11.4一杯。6Fから一杯での追い切りで終い11.4と抜群の伸びを見せた。2週前にも栗坂全体7番時計と抜群の動きを披露。中4週ではあるが、2週続けて一杯でしっかりと追い切りされていて気配は文句なし。サトノノブレスの弟という良血馬、調教の動きを見てもかなりの素質を秘めているのは間違いなさそう。今回相手は一気に強化されるがこの抜群の気配なら警戒しておきたい。

3/29 栗坂 53.8‐11.9 一杯

1週前追い切り栗坂53.8‐11.9一杯。一杯での追い切りで終い11.9と抜群の伸びを披露。前走共同通信杯では4着、少し距離が長かった印象。今回1Fの距離短縮は間違いなくプラスになるはず。調教では毎回良い動きを見せてくる馬でこちらもかなりの素質馬。こちらも当然有力で。

ナイトバナレット ★★★★

3/31 栗坂 51.8‐12.6 馬なり

1週前追い切り栗坂51.8‐12.6馬なり。馬なりでの追い切りで好タイムを記録。前走ファルコンSでは1番人気ながら11着と大敗。この負けは少し気になるところではあるが、久々だったし距離ももう少し長いほうが良い印象で過度に気にする必要はなさそう。こちらも追い切りではかなり良い動きをしてくる馬、通用する力は十分。今回距離も1F延長されて、好成績の中山コース(1.0.1.0)へと舞台が変わるのは好材料。もっとやれて良いはず。前走の負けで人気も落ちそうで妙味もあり。面白い一頭で。

ディバインコード ★★★★

3/29 南W 67.3‐12.9 一杯

1週前追い切り南W67.3‐12.9一杯。一杯での追い切りで全体&終いで好タイムを記録。前走アーリントンCでは3着、勝ち馬とは0.7秒差も離される結果となってしまったが、今回は得意の中山1600m。巻き返しも十分に考えられるし、気配も良いとなれば当然警戒で。

カリビアンゴールド ★★★

3/29 美坂 53.2‐12.1 馬なり

1週前追い切り美坂53.2‐12.1馬なり。馬なりでの追い切り、今回中3週でそこまで速い全体時計は出してこなかったが、終いは12.1と良い伸びを見せていて引き続き気配は良好と考えて良い。中山マイルで2勝、前走は上がり最速と強い競馬を見せて勝利。今回相手は強化されるが力はあるし決して無視できない。

スズカゼ ★★★

3/29 美坂 53.3‐12.5 馬なり
4/2  美坂 50.5‐12.2 強目

1週前追い切り美坂53.3‐12.5馬なり。桜花賞記事でも紹介したように2日にも美坂でかなりの好タイムを記録。気配は良好。中山成績は(1.0.1.0)と好相性。こちらに出走してきても注意で。

タイムトリップ ★★★

3/30 南W 69.3‐13.0 馬なり

1週前追い切り南W69.3‐13.0馬なり。馬なりでの追い切り、悪い動きではないが、普段かなりの時計を出してくる馬。2ヶ月の休み明けと少し間隔が空いているだけにまだ少し動きは重い印象。中山も好成績で当然注意しておきたいがあと一本良い追い切りが見たいところ。最終追い切りの動きで判断したい。

ダイイチターミナル ★★★

3/29 南W 71.9‐13.1 馬なり

1週前追い切り南W71.9‐13.1馬なり。馬なりでの追い切り、今回中2週での競馬で軽目の調教ではあったが、外目を周回して動き自体は悪くなかった。前走ファルコンSでは12番人気4着、そして上がり最速と善戦。調教ではかなり良い動きを見せていて良いものを秘めているのは間違いなし。ただこの1600mの距離がどう出るか。注意はしておきたいが上位評価までは厳しいか。

ボンセルヴィーソ ★★★

3/29 栗坂 55.3‐12.7 馬なり

1週前追い切り栗坂55.3‐12.7馬なり。馬なりでの追い切り、終いの動きは悪くないし、中2週ならこれくらいで十分。前走ファルコンSでは休み明けながら2着と好走できたのは魅力。今回中山は初だが、一度使われて上積みも見込めるし当然侮れない存在で。

スズカメジャー ★★

3/29 栗CW(82.4)66.3‐12.0 一杯

1週前追い切り栗CW(82.4)66.3‐12.0一杯。時計自体は良い数字だが、内目を周回で一杯での時計となると少し物足りないところ。前走の末脚は素晴らしかったし、競争中止のきさらぎ賞を除いていずれも上がり最速を記録するなどかなりの素質を見せているだけに今回要注意の存在ではあるが、現時点での動きでは少し狙いにくいところ。中3週で疲れもあるかもしれないし、最終追い切りの時計&負荷等の内容も含めて今回評価を決めたいところ。

ジョーストリクトリ ★★

3/30 栗CW(83.9)68.4‐12.2 強目

1週前追い切り栗CW栗CW(83.9)68.4‐12.2強目。強目での追い切り、終いの動きは悪くないが、それでもこの全体時計なら11秒台あたりは欲しかったところ。ここ2戦の重賞の内容を見るとまだ力関係で少し劣ってしまう印象もあるし、年明け4戦目で上積みも疑問。今回どこまでやれるか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^