G1大阪杯2017☆最終追い切り!評価を上げたのは!?

スポンサーリンク

みなさんこんにちは、こんばんは!akanemaruです。

↓現在ツイッターでフォロワー大募集中です!よろしくお願いします(^^
Twitterボタン

今回は新たなG1開催となった大注目のレース、
G1大阪杯の最終追い切り情報です。

※木曜追い切りも更新しました!!

詳しい評価の目安は下記で記述していますのでご覧ください。

G1大阪杯・最終追い切り情報

※評価は◎>○>▲>△の順番。
※今回から★評価を採用!(評価からさらに見分け可能)星の数が多いほど好調教です!
 目安① ★=1:悪い ★=2:普通 ★=3:上々 ★=4:好気配 ★=5:抜群の好気配
 目安② ◎=★5~4 ○=★4~3 ▲=★3~2 △=★1 

3/16 栗坂 51.4‐11.9 強目
3/23 栗CW(94.3‐79.3)64.8‐12.3 一杯
3/29 栗坂 51.6‐12.3 馬なり

最終追い切り栗坂51.6‐12.3馬なり。馬なりでの追い切りで全体51秒台、そして終いは12.3と好タイムを記録。今回2週前&1週前としっかりと追い切りされてかなり良い動きを見せているし、一度使われて気配もかなり良くなった印象。前走は3着と敗れはしたが、休み明けで馬場も緩かったし参考外。末脚はかなり良いものを秘めているし、ダービーではあのサトノダイヤモンドにも勝利した素質馬。状態面は文句なし、あとは当日良馬場でのレースとなれば当然上位争いで。

3/26 栗坂 57.1‐12.8 馬なり
3/29 栗CW(80.3)65.0‐11.9 一杯

最終追い切り栗CW(80.3)65.0‐11.9一杯。6Fから一杯での追い切りで水曜の栗CW5F全体13番時計の好タイムを記録。今回中2週ではあるが、最終追い切りでしっかりと追い切りされてきたし、動きも引き続きかなり良かった。休み明けの金鯱賞賞では、いくらか余裕残しでも見事な勝利、一度使われて上積みも十分。阪神では良績はないものの、現在のこの勢いなら過去のデータはさほど気にしなくても良さそう。相手は揃ったが引き続き警戒しておきたい一頭。

キタサンブラック ★★★★

3/15 栗CW(84.2)67.6‐12.3 馬なり
3/23 栗CW(78.3)63.3‐12.1 G前
3/29 栗CW(83.7)67.5‐11.9 G前

最終追い切り栗CW(83.7)67.5‐11.9G前。全体時計は速い時計を出してこなかったが、終いは11.9と良い伸び。今回の仕上げは万全とまではいかないものの、1週前には自己ベストの好タイムを記録しているし、十分に自分の力は出せそうな気配と考えて良い。阪神2000mがベストの舞台と言えるかは微妙ではあるが、先行して自分でレースをつくれるし、展開も不問の馬で心配無用。休み明けの成績も良いし今回も当然注目の一頭で。

ミッキーロケット ★★★★

3/23 栗坂 51.3‐12.3 一杯
3/29 栗坂 52.4‐12.1 強目

最終追い切り栗坂52.4‐12.1強目。強目での追い切り、終い12.1と良い伸びを見せた。今週の全体時計は決して速い時計ではないが、1週前にしっかりと一杯での追い切りされて好タイムを記録しているし今週はこれくらいで十分。前走京都記念ではスタートに失敗して普段とは違う展開でのレース。それでも上がり最速としっかりと追い上げを見せていたしこれで評価を下げる必要なし。変わらず気配良好、この相手でも注意で。

サトノクラウン ★★★★

3/16 南W   69.8‐13.7 馬なり
3/23 南W(84.1)69.2‐12.6 強目
3/30 南W     ‐12.6 馬なり

最終追い切り南W終い12.6。外目を周回して良い伸びを見せた。追い切りではあまり動いてこない馬ではあるが、今回終いでしっかりと動いてきて好気配。海外明けの前走で見事勝利、今回も好調維持と考えて良い。内回りの2000mのこの舞台も合いそう。鞍上も引き続きデムーロ騎手。今回も警戒したい。

マルターズアポジー ★★★★

3/23 南W(81.2)66.1‐13.3 G前
3/29 南W   68.4‐12.5 強目

最終追い切り南W68.4‐12.5強目。強目での追い切りで終い12.5と良い伸びを見せた。この時計は大外を周回してのもので気配はかなり良い。この舞台が合うかはわからないが、気配は良いし、前で競馬ができるのは当然魅力。相手は強いが無視はできない。

ステファノス ★★★

3/24 栗坂  53.4‐11.9 強目
3/30 栗CW 65.4‐12.1 馬なり

最終追い切り栗CW65.4‐12.1馬なり。馬なりでの追い切り、時計自体は良いが内を周回してのもので負荷はそこまでかけられなかった。ただ1週前も含めて動き自体は悪くないし、前走金鯱賞で一度使われて状態も段々と良くなっている印象ではあり。阪神は(1.1.1.1)と好成績、今回上積みも期待できるし当然警戒で。ただステファノスは、4月30日の香港G1クイーンエリザベスⅡ世カップに登録中、余裕残しの仕上げともとれるしここをどう判断するか。

アンビシャス ★★★

3/23 栗坂 52.1‐12.8 一杯
3/29 栗坂 51.6‐12.8 強目

最終追い切り栗坂51.6‐12.8強目。強目での追い切りで栗坂全体51秒台と良い動き、終いは少し時計を要してはいるが、普段からこの位の時計で問題なし。今週は併せ馬にもしっかりと追いついていたし中4週でも疲れはなく気配は良さそう。前走は上がり最速で4着、阪神は(2.0.1.1)と得意。今回も展開が向けばチャンスもありで。

ロードヴァンドール ★★★

3/26 栗坂 56.9‐11.9 馬なり
3/29 栗CW(84.9)66.8‐12.0 一杯

最終追い切り栗CW(84.9)66.8‐12.0一杯。一杯での追い切り、動き自体は悪くないが、今レースで年明け4戦目で前走からの上積みがあるかと考えると少し疑問と言ったところ。前走の金鯱賞では7番人気ながら2着と好走していて力をつけているのは間違いないが、この相手でどこまでやれるか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2013年9月21日開催より調教時計の検証を開始。調教をメインに+α過去データ等を組み合わせて予想しています。大万馬券を目指して日々奮闘しています(^O^) ご意見・ご質問等あればコメント欄までお気軽にどうぞ!ツイッターのフォローもお待ちしております(^^